佐藤でした

X-ミッションの佐藤でしたのレビュー・感想・評価

X-ミッション(2015年製作の映画)
-
ちょうど時間が合ったので見てみた。ポスターの印象ではサーファーの青春モノかと思ったら、なんと潜入捜査モノでした。しかもその潜入捜査と、過激さを重視したスポーツ“エクストリームスポーツ”との組み合わせとは、また新しい。
英語だし2%くらいしかセリフは理解できなかったので詳細に書けないのが残念です。
睡魔にも見舞われ、コンディション超悪だったにも関わらず冒頭からエッジの効いた映像にグイグイ。3Dで久々に気持ちいぃ~(&ヒヤッ)が体験できました。