ちよ

映画 ハイ☆スピード! Free! Starting Daysのちよのレビュー・感想・評価

3.4
京都アニメーション最新劇場作品。テレビシリーズのアニメ、Free!の原作、小説ハイ☆スピード!を映像化したものです。水泳をテーマに男の子たちの心の動きを繊細に描いた作品で、アニメでは高校生だった彼らの中学時代を見ることが出来ます。

結論としては、水の描写はやはり美しく、色も背景も綺麗で、作画も京都アニメーションらしいクオリティの高いものでした。が、他の同社の劇場作品とは少し並べないのでは、と感じました。
動きや顔の丁寧な描写は毎度ながら美しいですが、引きの絵がたまに崩れるところがあって、珍しいなぁと思いました。動きと音がズレてる部分もあるような。顔崩れを感じるシーンが多々あったのは本当に珍しく、それ故に余計に気になってしまいました。
また最後のクライマックスシーンでも、アニメの最終回の方が臨場感、迫力があったのではと思います。
ストーリーに関してはアニメが原作をなぞっているせいもありますが、同じエピソードを辿って二番煎じ感があります。
ですが全体的に、どのキャラクターでも葛藤を描いていたわりには、上手くまとまっていたのではないかと。ところどころ一定の層を狙っているのかな?と思うような会話やシーンがあって、少しむずむずしてしまいましたが…

音楽は冒頭でも流れて予告にも使われていた曲がよかったです。新しい季節が始まって、わくわくする気持ちが表れていていいなぁと。窓辺に置かれたキラキラ輝くビー玉、羽ばたいたり舞い上がったり留まっていたりする鳥(これは毎度おなじみですね)、流されるビーサンや空の色、多くの心理描写の演出も「らしさ」を感じました。

とにかくキャラクターは相変わらず魅力的!(私は夏也推し)
声優さんは遥、郁弥が気になってしまいました…声変わりの微妙な時期を演じるのは難しいでしょうが……作画での表情、演技は細かすぎるほど。 正直、私の好きな演出流れではありませんでした…(すみません!
円盤では顔等の修正が入るといいなぁと思いますが、演技の違和感は特にありませんでした。さすが!
水泳シーンも美しい!水のCG要素、今回更に増えた?かな?もっとカメラワークを大胆にして迫力のある絵作りだったらもっと好みでした。

そんな感じ。入場特典もめちゃくちゃ種類があるので、日を置いて何度か確かめたいかな。パンフは1300円で割高ですがボリュームはありました。スタッフさんお疲れ様です!!