ワン

黄金バットのワンのレビュー・感想・評価

黄金バット(1966年製作の映画)
3.0
フハハハハハハハ

惑星イカロスを地球に衝突させ爆破させようとする怪人ナゾーとその一味。彼らの企みを阻止するためヤマトネ博士(千葉真一)らは黄金バットを呼び起こす。

古代アトランタス大陸で棺に入ったまま眠っている黄金バット。エミリーちゃん(高見エミリー)が水をかけると一万年の眠りからゆっくりと起き上がります。

今や月旅行が当たり前とセリフがあったので恐らく近未来の話。大陸とは名ばかりの小さい島で目覚めた黄金バットが高笑いと共に活躍します。

怪人ナゾーも高笑いします。あまり強そうじゃないナゾー。部下の3人の幹部の方が優秀です。特にケロイドは変態チックにゲヘゲヘと笑いながら結構な活躍をします。顔にケロイドがあるからケロイド。酷い名前です。

黄金バットもちょっと行いが酷い。あまり後先考えて行動していないような気がしました。でも最後は高笑いで飛び去っていきます。

ちなみに本作のヒロイン役の高見エミリーはリカちゃん人形のモデルとなった人物である。