いで

ワンダー 君は太陽のいでのレビュー・感想・評価

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)
3.9
一見、人と少し見た目が違う少年がスゴくいいヤツで、周りがどんどん味方になっていって、はい感動!みたいな話かと思ってた。もちろんそれがメインだけど、周りの人たちの話をちゃんと入れてるのが予想外で良かった。

主人公は確かにスゴくいい子だし賢いけど、特にカリスマ性が高いとか天才的な才能があるわけじゃない。じゃあなぜ彼が周りに認められるようになれたかというのが、周りの人たちの物語を見せてくれる事で、理解できた気がする。

特にお姉ちゃんの物語はよかった。「鈴木先生」でのテーマでもあったけど、手がかからないと思われている子供の気持ちにスポットを当てているのがスゴく良かった。おばあさんがお姉ちゃんとに言った言葉が一番泣けた。

もちろん間違ってしまう事もたくさんある。でも、みんなそれでも反省して前に進もうしていて、あの子も含め、結局本当に悪い子はいなかった(バカな子供とどうしようもない大人はいるけど)。

欲を言えば、最後のアレ必要だったのかな。子供だけで言えば湖のシーンで十分最高だし、勢揃いさせるためなのかもしれないけど、ほんの少し逆差別な気もした。

邦題は、観終わった後なら納得。お父さんの物語も見たかったな。