まさなつ

関ヶ原のまさなつのレビュー・感想・評価

関ヶ原(2017年製作の映画)
3.6
並み居る武将たちを差し置いてのイチオシは、北政所=キムラ緑子!
もちろん、家康=役所広司の貫禄は安定感抜群だし、他の役者もみんな頑張ってるけど、出番わずかながら、キムラ緑子には一番楽しませてもらいました^_^

映画の方は、関ヶ原の「戦い」というより、石田三成と徳川家康の「政略」。家康の方が、一枚も二枚も上手だったのは明らか。参謀タイプの三成が、リーダー役をやらなければならなかった悲哀が、もう少し出てればなぁと思う。贅沢かな?

とにかく関係者が多いので、ある程度人物関係を事前に知ってないとついていけなくなるし、この尺では、ダイジェスト感は払拭出来ないのが残念。

この監督はいつも、ツッコミどころも不満点もあるのに、それなりに楽しめてしまう。不思議です。今の日本には、こじんまりとした秀作を作る監督はたくさんいるのですが、こういう大作を作れる人は本当に少ないので、貴重だと思います。後は脚本かなぁ〜?