関ヶ原の作品情報・感想・評価

「関ヶ原」に投稿された感想・評価

なると

なるとの感想・評価

2.8
関ヶ原前後の時代についての知識がない人にはとても不親切な映画。
岡田准一、有村架純が好きというだけで見に行った人は痛い目にあったのではないでしょうか。笑

あの司馬遼太郎の『関ヶ原』を150分にまとめるのは大変かもしれませんね。それも分かりやすくするには、人物・人物相関が複雑さを極めているので、苦労だと思います。
自分は関ヶ原については、多少把握してるつもりでしたが、深いところまで覚えていなかったので、多少読み解きに時間がかかりました。

でも戦いのシーンは楽しめました。派手さはないけど、事実に沿った戦闘な感じがして良かったです。
あとは役所広司の家康と、平岳大の島左近の演技は素晴らしかったし、魅力ある。
みんな早口でシンゴジラかってくらいよく喋る喋る。陰謀、諜報、コロコロサクサク話が進む。歴史には疎い私では、やや置いていかれ気味だったけども。唐突なナレーションが司馬みあった。
いい役者さん揃いで安心して見てられた。
「合戦そのものはそれまで積んできたことの帰結よ」(平野耕太「ドリフターズ」)

このセリフに尽きる歴史大作だ。関ヶ原の戦いに至るまでをそこそこ頭に入れてないと見てるのが苦しい初見殺しともいえる。竹杖事件は台詞上だけで出てくるし、日本語字幕を出しながら見たのは正解だったのだろう。
でも、ドリフターズ好きとしては終始ぷりぷりしてる島津家見られたし、島津の退き口をちらっと味わえたのが良かった。
俳優陣は圧巻。
なに喋っとんかわからん。
有村架純のキャラいらん。
作り手の熱は伝わる!
ひでG

ひでGの感想・評価

3.4
GWに家族でこんな会話をした。
「ジャニーズで演技がうまのは誰だろう?」

僕が挙げたのは
長瀬智也、錦戸亮、重岡大毅
ニノがその次、

「あれ?岡田准一は?」

「岡田准一もジャニーズだったね、
岡田君はもはや別格!」

岡田准一は、このは作品の数年前に同時代の黒田官兵衛を演じていた。

大河ドラマ「軍師官兵衛」も名作で、どの役者もピタリとハマり見応えがあった。
が、唯一?役不足、力不足を感じたのが石田三成役の田中圭。
【石田三成役では「真田丸」の山本耕史も上手かった。】

岡田准一は大河の時には石田三成と対抗する役だったが、数年後に違う役を堂々と演じた。
本作では家康の役所広司と役柄も横綱に対して、タイマン張れる役者は、そんなにいない。三成の融通利かないところもよく出していた。

やっぱり、ジャニーズで演技もしてます的な存在じゃないよね、岡田くん。

さて、先日試写会の後に中野量太監督が
「今撮るべきテーマの作品を撮りたい」と仰っていたのが印象的だったが、

さあ、司馬遼太郎の超有名な原作、私も学生時代読んだもの、歴史好きならよく知ってるエピソードばかり、

岡田准一→三成
役所広司→家康って、王道キャスティング

で、これを今撮る意味って何なんだろうって考えちゃった。

もちろん、今日的な意味が全部無くてもいいし、もっと気楽に例えば興行的にヒットするかっていう要素も大事なんだけど、

僕が言いたいのは、なぜ今更この話、関ヶ原?ってこと。
映画を全部観てもそれは伝わらなかった。

CGも駆使して、合戦シーンも迫力を感じさせるスケールの大きさもある。

役所、岡田以外は、あまり有名な役者を使わず、リアリティも保っていたのも良かった。

ただ、僕は自宅の視聴環境もあり、字幕を付けて観たんだけと、劇場だとよほどの歴史好きじゃないと着いていけない情報量だったかもしれない。

有村架純の伊賀忍者役は、まあ要らないと思うけど、箸休め的なのかな。
有村架純はこのレベルだと格下感は否めない。歳上の役者さんと共演してもっと力付けて欲しい。

小早川秀秋のエピソードはこれだけ時間とお金かけている割には、劇としての盛り上がりはイマイチ。

て、ことで繰り返しになるけど、

「なぜ、今また関ヶ原?」の答えが出ないまま、お金かけました的な映像を、つまんなくはないけど、新鮮味はなく鑑賞しました。
19731110

19731110の感想・評価

3.1
う〜ん、戦国時代を舞台にした他の作品に比べるとイマイチだったかも…

音量上げても台詞が聞き取りにくくて若干ストレスが…
yae

yaeの感想・評価

1.4
今観てる途中だけど早口だし滑舌悪いしなに言ってるのかわかんなすぎて内容入ってこなくて理解に苦しむ めっちゃつまんなすぎて携帯いじってる 自分が頭悪いからなのかもしれないけど ストーリー繋がってるの?ってくらいなんかよくわかんなすぎてわかんない
2017年11月2日

何が人を動かすのか?義とは何か?
義だけを先行させても、人が動かないと大義を成し遂げられれない。逆もまたしかり。
Haruka

Harukaの感想・評価

3.8
歴史にまったく知識も興味のない私でも楽しめた!
ヒューマンドラマ要素や恋愛要素も含めているから飽きずに見られた。戦闘シーンも多すぎないし。
「関ヶ原の戦い:1600年」しか知らなかったので、勉強になりました。
役所広司さん、滝藤賢一さん、大場泰正さんがよかった!
最近邦画見てるけど、役所広司さんが偶然続く。連続で見てるのに演技が全部違うからほんとすごい。惚れた。
pokuta

pokutaの感想・評価

2.5
めちゃくちゃ酷い映画。最低。文庫本三冊を端折るとこういう酷い映画ができます。 関ヶ原ものはもういい。飽きた。
>|