関ヶ原の作品情報・感想・評価

関ヶ原2017年製作の映画)

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:149分

3.4

あらすじ

西暦1600年10月21日。長く混迷を極めた戦国時代に終止符を打ち、その後の日本の支配者を決定づけた、戦国史上最大の天下分け目の決戦“関ヶ原の戦い”。その決着に要した時間はたったの6時間だった。 豊臣家への忠義から立ちあがり、史上最大の合戦に挑んだ石田三成。権力に燃え、天下取りの私欲のために戦う徳川家康。圧倒的に有利と言われた三成率いる西軍はなぜ負けたのか? そこには “封印”された真実が隠さ…

西暦1600年10月21日。長く混迷を極めた戦国時代に終止符を打ち、その後の日本の支配者を決定づけた、戦国史上最大の天下分け目の決戦“関ヶ原の戦い”。その決着に要した時間はたったの6時間だった。 豊臣家への忠義から立ちあがり、史上最大の合戦に挑んだ石田三成。権力に燃え、天下取りの私欲のために戦う徳川家康。圧倒的に有利と言われた三成率いる西軍はなぜ負けたのか? そこには “封印”された真実が隠されていた! そして、三成を命を懸けて守り、愛し続けた忍び・初芽との許されない、淡い“恋”の行方は・・・。 様々な権謀が渦巻く中、多勢に流されず 己の「愛」と「正義」を信じ、貫き通そうとした“純粋すぎる武将”三成を中心に、「愛」と「野望」の激突が、今幕を開ける!!

「関ヶ原」に投稿された感想・評価

試写会にて。
本物の歴史を刻んできた建物の風格と、そこに佇む役者さんたちのエネルギーが凄いなと感じました。
建物しかりお芝居しかり、長年積み重ねてきたものは本当に魅力的だし、圧倒される力を持っているなと。
すごく引き込まれる、すごく魅了される、そんな義に生きる三成だったと思います。
岡田さんの乗馬シーンは本当に観ていて心踊るものがあるなと感じました。

個人的には小早川秀秋を演じられた東出さんがとても良かったです。あととても印象に残っているのが、赤耳を演じられた中嶋しゅうさん。存在感がすごかったです。
voce0614

voce0614の感想・評価

3.4
試写会にて。

歴史が好きであれば
楽しめますが、あまり知らないと
きっと訳が分からないかも。

お金をかけている作品。
歴史が比較的に好きな私は
楽しんで見れました。
司馬遼太郎の原作を読んでから見にいくことをおすすめ。

歴史に詳しくないと訳わからなくなる。俳優陣が豪華で大スペクタクル。金かけているな壮大です。
emedia

emediaの感想・評価

3.0
【酷評】で申し訳ない

厳しいかも知れないが・・
綺麗に纏まりすぎて
胸を熱するものがない
大河ドラマを超えない域である

重みに欠けるというか?
軽いというか響いてくるものがない

舞台人の方々の声というのは芯がある
他の方々は流されて字幕が必要かも?
精一杯にがんばっている感はあるが

観終えて・・のこらない


記憶にあるのは
「仕えた家は全て滅びました」
「ありがたき幸せ」

滝藤 賢一の豊臣 秀吉は実に生々しい

舞台人に救われている
橋本 じゅん
北村 有起哉
西岡 徳馬
滝藤 賢一
伊藤 歩・・等


試写の参加者
年齢層が非常に高いので驚いた
きっとSNS投稿はかぎられるだろう
misaki

misakiの感想・評価

-
試写会に当たったので一足早く鑑賞。
んーーー知識がない私にはやっぱり難しかった、台詞もわからないことが多かった。
歴史好きの人はいいと思う。
ただ演技の迫力がすごくて圧倒された、役所広司の家康が面白かった、左近と三成の関係性も良かった。

評価することすらできないので鑑賞メモまで。勉強します。
そこまで歴史を知らない人は予習することをお勧めします。
そうでないと置いてけぼりにされます。笑
役所広司さんに5万点。
歴史を割と好きか、大河見ていないと登場人物把握に苦戦。
舞台挨拶のある試写会が当たって鑑賞。岡田さんファンの母とともに、そこが私のピークになりそうやったけど、試写も舞台挨拶での見所など聞けた上で作品を観たから普通の試写会とはモチベーションは全然違った!

殺陣とか出陣とかは見応え十分!
岡田さんの演じる石田三成は、正義感に溢れる武将という役柄に合ってたと思う。
また、島左近役の平さんの存在感は岡田さんに負けてない。平左近と言ってもいいぐらいと舞台挨拶で館長さんが仰ってたぐらい。たまにテレビで見かけるぐらいでしたが見直しました!

私自身歴史に詳しくないので、公式HPなどでストーリーとか下調べしておいて良かった。
それでも、細かいところの言い回しなどはやはりちょっと難しいなと感じた。(原田監督の作品は人物が多くてセリフの理解が難しいイメージ。)

司馬遼太郎の関ヶ原を小説でも読んでみて、またこの作品を観直したら、より楽しめる気がする。
日本中の人に知り尽くされている結末。
そのうえ、みんなが読んでる司馬遼太郎原作と謳ってどうすんだ?

でも心配は、スタート10分で吹っ飛んだ(^^)
秀次絡みで、初芽(有村架純)というヒロインが設定されるとこまでは想定内だったけど、彼女の出自、属性が(TT)

秀吉とのやりとり含め、三成の人間としての純粋さを引き立てる見事な設定!

この作品で家康以外の悪役を挙げるとしたら、寧々だわな。
そして想定外の究極が小早川秀秋。
現実はまさに、このとおりだったかもしれない。
現代のサラリーマン社会、企業経営に鑑みてもリアル。

戦場シーンにドローンの撮影、これも想定してたけど、島左近たちが、東軍にズタズタにされるシーンは壮絶!
福島正則は大嫌い(これは司馬遼太郎原作に忠実)!
映像の迫力、泣けたぞ!

史実の範囲内で、製作者の創造力を最大限に発揮させた名作。
NHK大河ドラマ「真田丸」の最終回でテレビの限界を感じたけど、やはりこういうのは映画。
ありがとうございました。
見応え十分!司馬遼太郎の描いた「関ヶ原」にとどまることなく司馬史観、司馬文学としての「関ヶ原」を具現化した原田眞人監督らしいスタイルに感服。しかも今をときめく有村架純のおまけつき。史実としての分水嶺の目撃者となった感覚での長尺2時間半があっという間の快作です。

#映画関ヶ原
>|