関ヶ原の作品情報・感想・評価

関ヶ原2017年製作の映画)

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:149分

ジャンル:

3.3

あらすじ

西暦1600年10月21日。長く混迷を極めた戦国時代に終止符を打ち、その後の日本の支配者を決定づけた、戦国史上最大の天下分け目の決戦“関ヶ原の戦い”。その決着に要した時間はたったの6時間だった。 豊臣家への忠義から立ちあがり、史上最大の合戦に挑んだ石田三成。権力に燃え、天下取りの私欲のために戦う徳川家康。圧倒的に有利と言われた三成率いる西軍はなぜ負けたのか? そこには “封印”された真実が隠さ…

西暦1600年10月21日。長く混迷を極めた戦国時代に終止符を打ち、その後の日本の支配者を決定づけた、戦国史上最大の天下分け目の決戦“関ヶ原の戦い”。その決着に要した時間はたったの6時間だった。 豊臣家への忠義から立ちあがり、史上最大の合戦に挑んだ石田三成。権力に燃え、天下取りの私欲のために戦う徳川家康。圧倒的に有利と言われた三成率いる西軍はなぜ負けたのか? そこには “封印”された真実が隠されていた! そして、三成を命を懸けて守り、愛し続けた忍び・初芽との許されない、淡い“恋”の行方は・・・。 様々な権謀が渦巻く中、多勢に流されず 己の「愛」と「正義」を信じ、貫き通そうとした“純粋すぎる武将”三成を中心に、「愛」と「野望」の激突が、今幕を開ける!!

「関ヶ原」に投稿された感想・評価

miyon

miyonの感想・評価

1.5
キャスティングは豪華。撮影も時代劇にしては斬新に思うところ(斜めに切り取ってたり)はあるんだけど、いかんせん日本史が得意でないと秀吉と光秀以外は演出が入りすぎて誰がなんだかチンプンカンプン。

ヤンヤンを見たあとだから尚更、ひたすら退屈に感じてしまった。
GoMaeda

GoMaedaの感想・評価

3.8
セリフが難しいので
邦画なのに字幕を出して鑑賞。
字幕のお陰で人の名前がわかる笑
勝負事、勝ち負けとは何か。
をカイジを読んでる時のような
感覚で見ていた。
(実際の戦はわからないが、
映画の中では)
紙一重とはいえ、
家康は勝つべくして勝ったのだなと
感じた。
敗れた三成さんも天晴れ。
奇しくも、マクドナルドの映画と
通ずるものあり(●´ω`●)
Ryohei

Ryoheiの感想・評価

3.0
淡々と流れて行きました…

岡田くんが好きで、官兵衛観てたから
今作もあ、見よっと軽い感じで見たものの

よく分からん
誰がどうなるとかの構図が頭にかすかに入ってただけマシかもしれない

でもやっぱり岡田くん、かっこいいね…
りょー

りょーの感想・評価

3.5
久しぶりの大河映画!面白い‼︎セリフ聞き取りづら過ぎ‼︎石田三成良い奴すぎ‼︎淀君とか女性陣怖い人多い。有村架純活躍し過ぎ‼︎でも、歴史好きにはたまらないやつ‼︎
まー

まーの感想・評価

2.5
合戦シーンは近年の時代劇の中では最高のクオリティじゃないでしょうか。もう少し撮り方を工夫してダイナミックにわかりやすく見せて欲しかった感はありますが…
CGに頼らない正統派な作りでした。お馬さんもたくさん出てくるし。(撮影に使える馬が少なくなってるらしい)

ただ、映画全体の作りは中途半端な薄ぼんやりとしたもんでした。ウィキペディアをそのまま脚本にしたんじゃないかっていう平べったいお話。
リアル寄りでいくなら有村架純さんと伊藤歩さんは必要なんですかね。特に有村架純さんは若年層を映画館に呼ぶためだけにキャスティングしたように見えました。全くいらないでしょ。笑

肝心の合戦シーンにもなんとなーく、フワーッと入っていくので終始盛り上がりに欠ける感じでした。残念。

あと島津の陣をあれだけ揃えて敵中突破をなぜ描かない…
関ヶ原の戦いを描いた映画。

演出なのかセリフが聞きづらい。
何となく、戦の話なのは分かるけど、一体、関ヶ原の戦いの何がスゴかったのか全く分からないまま終了…

どういう戦術なのかも全く理解できなかった。
ひろん

ひろんの感想・評価

3.7
教科書で習った程度の知識では、なかなか理解できないとこもあり、セリフが早口なため、余計に分かりにくいが、退屈になりそうな場面も上手くまとめられている。
滝藤秀吉がよかった
ただでさえ複雑な人間模様が入り乱れるストーリーであるにも関わらず、セリフが聞き取れない。序盤はなんとか聞き取ろうとも思ったが、お国訛りが投入された時点で諦めた。もはやこれまで。

原作は随分昔に読んだのでうろ覚え。こいつ西軍だっけ?裏切るのは確かこいつだよな。ああ聞き取れない。岡田君が熱演してるが何を早口で言ってるのか。これは映画として致命傷じゃないか。

ただセリフの聞き取りを放棄してしまえば、これがそれ程悪くない。義に翻弄される石田三成の葛藤。結末を知っているだけにどう画策しても報われない無常感のようなベールに包まれた画を、ただただ死人の数が増えていくのを傍観するしかない。

そもそも戦さなんかにカタルシスを求めてどうする?

意識的な早口にスピーディーな展開、必要なのか忍びとの恋。成功はしてないのかもしれないが、支持してしまおう。
Yoshiharu

Yoshiharuの感想・評価

2.0
関ヶ原にくわしくない人にとっては
わかりずらい映画
森繁、加藤剛のほうが良かった。
石田三成の義を貫いた生き様を軸に、関ヶ原の戦いを真っ向から描いた歴史映画。

秀吉と家康と三成の関係にもう少し時間を割いてよかったのではないかなぁ。
秀吉と家康にどんな話があって、秀吉が三成にどんな言葉を残したのか、そこがたらたら〜と早口台詞で言われただけでは、家康の不義、三成の正義が心に入ってこなかった。

三成の不器用さがもどかしかったな。人たらしの家康の方をやっぱりいい人に思ってしまう。

関ヶ原の戦いのシーンは見応えあった。人や馬、武器や旗や母衣が鮮やかだった。

リアル過ぎてだんだん泣けてきた。なんでこんな戦いをしないといけないのだろう。人と人が刺し合っている姿が辛すぎる。
だけど、この戦いがあって今がある。

もし、三成が勝っていたら日本はどうなっていただろう。
「大一大万大吉」悪い世の中にはなっていなかったと思う。だけど、争いがなくなったかどうかはわからない。

島左近がよかった。
>|