関ヶ原の作品情報・感想・評価

関ヶ原2017年製作の映画)

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:149分

3.4

あらすじ

西暦1600年10月21日。長く混迷を極めた戦国時代に終止符を打ち、その後の日本の支配者を決定づけた、戦国史上最大の天下分け目の決戦“関ヶ原の戦い”。その決着に要した時間はたったの6時間だった。 豊臣家への忠義から立ちあがり、史上最大の合戦に挑んだ石田三成。権力に燃え、天下取りの私欲のために戦う徳川家康。圧倒的に有利と言われた三成率いる西軍はなぜ負けたのか? そこには “封印”された真実が隠さ…

西暦1600年10月21日。長く混迷を極めた戦国時代に終止符を打ち、その後の日本の支配者を決定づけた、戦国史上最大の天下分け目の決戦“関ヶ原の戦い”。その決着に要した時間はたったの6時間だった。 豊臣家への忠義から立ちあがり、史上最大の合戦に挑んだ石田三成。権力に燃え、天下取りの私欲のために戦う徳川家康。圧倒的に有利と言われた三成率いる西軍はなぜ負けたのか? そこには “封印”された真実が隠されていた! そして、三成を命を懸けて守り、愛し続けた忍び・初芽との許されない、淡い“恋”の行方は・・・。 様々な権謀が渦巻く中、多勢に流されず 己の「愛」と「正義」を信じ、貫き通そうとした“純粋すぎる武将”三成を中心に、「愛」と「野望」の激突が、今幕を開ける!!

「関ヶ原」に投稿された感想・評価

Rachel

Rachelの感想・評価

2.2
自分の知らない時代の出来事を知ることはその方法がどんなものだろうと面白さを感じます。
今回もそんな感じの意識で鑑賞しました。

映画が始まってすぐ、言葉が聞き取れないことと、聞き取れてもその意味が理解できない現実に直面です。
あぁ、もっと勉強しなければ本当の面白さはわからないなぁと思いつつも、理解できる部分を繋ぎ合わせて全体の流れを掴みながら最後まで鑑賞できました。
個人的には、この難解さだからこそ面白いのだとも思いますし、現代的にわかりやすく砕いてもまた面白いのかなとも思います。

この作品を観た上で、改めて歴史の知識を得たいと思いました。
みそら

みそらの感想・評価

2.7
難しい昔の言葉ばかりだし、
皆さんせっかく良い声なのにかなり早口で、
バカな私には台詞がほとんど聞き取れず
聞き取れても理解出来ず
苦しかった………

外国人が日本の時代劇を観る感覚ってこういう感じなのかなと思った。

ただ、クライマックスまでは画的に派手な展開はなく
延々と長い台詞回しが続くのに
場面の切り替えが割と歯切れよく、
集中力が途絶える一歩手前という絶妙なところで
テンポよく進んでいったので
辛うじて話に着いていけて、退屈せずに済んだ。

逆に言えば、中だるみを演出の切れ味を効果的に見せることだけでなんとかカバーしてたのだろうか。

やっぱりもっと予習してから観るべきだったし、
登場人物、誰(役者)がどの人かも
あらかじめ把握しといた方が良かったなあと反省した。

戦のシーン、あんなに生々しくしたのはわざとかな。
何がとは言いませんが気持ち良いくらいに吹っ飛びまくり、
思いっきりブッシャアアアだったので
苦手な人にはきついかも。
私もほぼ見れませんでした。

ラストカットは大体想像してた通りでした。
ザ・岡田准一映画 って感じ。
しかし左近といい小早川といい、長身の俳優さんだらけで
観ていて流石にちょっと可哀想になるシーンもありました。

架純ちゃんは中途半端な量すぎて
これじゃ別に要らないんじゃってレベルでした。
どうせ出すならもっと出したれよ……

個人的には滝藤さんハマり役で素晴らしかった。もっと見たかった。
あと左近がかっこよすぎる。観た人全員惚れるだろこれ。
司馬遼太郎の大ファンで、特に「関ヶ原」は100回は読んだ人間なので、この「構想25年」という映画化にワクワクして鑑賞したが、なんていうか、25年じゃダメだ。足りない。
あと50年くらい構想してろばか。

石田三成に焦点を絞るのはいいが、それ以外の人物の描きかたはひどいもので誰も魅力が無い。そうなると当然石田三成も魅力なんか出るはずない。
有村架純ちゃんの忍者設定はまじなんなの。まぁ有村架純ちゃんはいつだって正義なので、悪いのは監督なんだけど、まじいらない。

そういうどうでもいいとこに時間とってるくせに、小山評定も直江状も島津の敵中突破も、小早川陣へのいわゆる問鉄砲も無い。というか「関ヶ原といえば!」というエピソードは基本的に何もない。
こうなると逆に構想し過ぎてワケわかんなくなってしまったのでは、とすら思える。馬鹿に時間を与えたところでそれは無駄なのである。
当然「お弁当食べてるとこだから…」といって出陣しない毛利秀元のエピソードも無い。

ということで、結論としては81年のTBS版を見るのがいいと思います。
原作既読。

まさか原作のあんな頭のところからやるとは思ってなかったよ、小説の最初の最初、石田三成の子供時代のエピソードから。そのシーンから最後に至るまで台詞が高速すぎて残念。原作読んでても、ついて行くのがやっと。

役所家康の演技が素晴らしい。予告編でも流れていた「腸が煮えくり返る」のくだり、迫力がすごい。でっぷり突き出た、お腹もすごい。

今後、私的家康スタンダード。

原作では島左近の心の声、三成への進言、あと司馬さんの解釈等々が面白かったのだけど、さすがに司馬さんの解釈コメントは当然盛り込めず。島左近の進言なんかもあまり記憶に残らなかった。あと、家康の謀臣本多正信は影が薄かったな。

総じて、一本の映画にまとめあげるのは難しい題材だったか。映画よりも数回にわけたドラマの方がより関ヶ原の面白みを表現できるのでは。Filmarksでも「関ヶ原」で検索してもこの一本のみ。原作好きとしては物足りない部分もあるものの、役所広司演じる家康の煮えたぎるような野心は一見の価値あり。

神社仏閣好きとしては豪華すぎるロケ地はプラスポイント。
最後、エンドロールの音楽がぶちっと切れた感があるのはマイナスポイント。
きゃな

きゃなの感想・評価

4.0
・戦国時代が大好きで前知識も勿論ある状態で見ても難解
・展開の速さや早口などは時間内に納めるために頑張ったんだなという印象
・秀吉や島津勢など聞き取れない部分も多かったが言葉遣いにも気を使っていてとても良かった
・吉継役の大場さんの細やかな演技が最高
・乱髪兜の三成が見たかった
・ストーリーはしばりょなので≠史実故にありえない部分などは気にしていません 一昔前の通説+捏造という感じ
・小早川がただの裏切り者ではなく複雑な葛藤や弱さや人間らしさの描写がありとても良かった 実際西軍としてきちんと働いていたのでこれを機に小早川が見直されてくれればと思う
・神格化され美化されている家康もこれを機にマイナス面でもっと見直されてほしいと思う
・武将たちの死の瞬間を映像にされなくて大いに心が救われた

もう一度見たい
torizo

torizoの感想・評価

3.7
岡田君はカッコいいし、石田三成にスポットを当てたのは、良い学びになった。
でも、有村架純の役て必要?
島左近の良さも中途半端な気が。、
sk2

sk2の感想・評価

3.9
前知識がないと厳しい。意外に長期間なので全体的に駆け足でせわしない
難しかった。戦いのところが、気持ち悪くなってしまった。
早台詞と急な場面転換など鼻につきました。
石田三成があんねボウガン撃つわけない、、、
まぁストーリーは鼻から期待してませんでしたので、ハードルをかなり下げ、合戦のシーンだけ期待してましたが裏切られました。まず上映時間に対して短いです。さらにアクションの撮り方が下手。あれだけの馬が観れたのは少し嬉しかったですが、何も新しい事をしていないです。
芸能人が多過ぎてストーリーに入れないです。
ちぃ

ちぃの感想・評価

3.0
評価割れるでしょうね、これ。

司馬遼太郎原作の時点で「誰も見たことがない」というあおりに無理があるよなと思いつつ鑑賞。
……冒頭ナレで司馬作品らしさを表したつもりなんだろうか。

純愛シーンは、あの展開だと薄っぺらくなるだけなので、私はあまり。

誰も見たことないってのは脳筋ヒャッハーぴゅあぴゅあ花畑三成のことかな?それならまあ、悪人でも実はいい人でもないし、見たことない部分も……う、うーん。

友人と話したときに、これは「皆が自分の正義を貫いた」を強調するよりも「全員悪人!」なアウトレイジ展開にしたほうが作品としての見応えはあったよね、という結論に至りました。
>|