OKADICKリム

君の名前で僕を呼んでのOKADICKリムのレビュー・感想・評価

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)
4.0
1983年、イタリアの田舎町で父母と暮らす17歳の少年エリオ。
大学教授の父は毎夏学生を招いており、今年は24歳のアメリカ人学生オリヴァーが来る。
町を案内したり、川で泳いだり、友人達も交えて遊んでいるうちに、エリオはオリヴァーに恋心を抱くのだった。


ゲイの話であれど、これは多くの人が経験する初恋と別れの物語。
そこに性別など関係ない。

必ず終わるとわかっていることに深入りしてしまう人間の臭さを、イタリアの美しい町並みと人柄と自然と共に描く。

最後の父の言葉がとにかく優しく身に染みる。
そして暖炉の火という暖かいものと、窓の外の雪という冷たいものに挟まれるラストカットの秀逸さよ。
ツライけど仕方ない映画でしたね。