ii

レザボア・ドッグスのiiのレビュー・感想・評価

レザボア・ドッグス(1992年製作の映画)
-
久しぶりに衝撃走った。こんな映画体験したいがために映画観てるような感覚。
喫茶店でのごちゃごちゃからのオープニング、タイトルバック、ギャップありすぎてかっこよすぎるおしゃれ。パルプのオープニング以来の痺れ。
これはセンスしか言いようがない。観てない人はとりあえず観て欲しい。

タランティーノお決まりの意味のないような小気味好い会話もトランクからのショット(監督はこのショットにこだわりがあるんかな)も時系列が入り乱れる編集も独特な小話も永遠と続く下ネタも70sミュージックも絶妙。

ミスターブロンドがパルプのヴィンセントの兄っていう裏設定があるらしいけどそのミスターブロンドが踊るシーン、兄弟の血は争えないんやなと思って笑えた。


2017 10/16