レザボア・ドッグスの作品情報・感想・評価・動画配信

レザボア・ドッグス1992年製作の映画)

Reservoir Dogs

上映日:1993年04月24日

製作国:

上映時間:100分

4.0

あらすじ

「レザボア・ドッグス」に投稿された感想・評価

リュダ

リュダの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

会話シーンがほとんどなので場面転換がわりと少ない!退屈せずに見ていられるのは脚本が魅力的だからなのかな。冒頭のカフェから車へ向かうオープニングかっこよすぎて巻き戻して3回は見てしまった!!


ラスト10分の3人で撃ち合って共倒れするシーン思わず声出ちゃった。主要人物のほとんどが撃たれ死ぬとまではいかなくても、撃たれて瀕死状態になるのヤバいな… 誰が札の犬か疑うシーン、最初は疑惑に踊らされてるだけなのでは?と思ってたけど本当にいたんだな。


しまいにゃ手を出さなくて、物を最初に隠してた男だけが無傷で物を持って立ち去るという。1人でも生き残ってくれる人物がいてよかったよ…

生々しさはそんなに感じないにしても、耳削ぎ落としたり殴る蹴るに加え流血シーンも多い。

コードネームがカラーなの面白い!

このレビューはネタバレを含みます

銃向けあっての三角関係が観たくて

疑心暗鬼でみんなワーワー言うてます。
強盗に失敗した犯罪者たちの、裏切り者探し。
ドラマ、バイプレイヤーズ内映画バイプレイヤーズの元ネタなのかな?
とにかく、序盤から漂う緊張感が、ラストにかけてどんどん高まり、最後に爆発する。
タランティーノは面白い映画の作り方を本当によく知ってるなぁ、と。
エドワードバンカーは昔、罪を犯し服役、その時に書いた物語がストレートタイム。だから、クエンティンタランティーノがキャスティング。今考えると凄い面子集めたな。
全てはここからはじまった。(脚本か売れた順は違うけど)
冒頭のオープニングまでのシーンがうまく言えないけど良い…
あのタランティーノ作品特有の無駄話が地味に好き

最後ホワイトの表情が色んな心情を物語ってて、こっちも何とも言えない気持ちになってくる

感覚的にはマルチエンディングゲームでルート間違えてバッドエンド迎えてしまった感じ
anna

annaの感想・評価

3.9

って感じ。

タランティーノだから逆算してるのか?
むしろハードル上がってしまった分肩透かし。
この手の映画で低予算なところは好感持てるけど、なにも考えずさらっと終わった。

暴力に対する嫌悪感が衝撃として残る。
それ以上でも以下でもなかった。
YYamada

YYamadaの感想・評価

3.9
【監督クエンティン・タランティーノ】
第1回監督作品
◆ジャンル:  
 犯罪ドラマ(ケイパー)
◆タランティーノ肩書:
 監督、脚本、出演

〈見処〉
①「ケイパー」ムービーの傑作
・『レザボア・ドッグス』は、1992年に公開されたタランティーノ第一回監督作品。「Reservoir Dogs=貯水池の犬たち」は、雰囲気を重視したネーミングで作中の内容とは関係しないようだ。
・舞台はロサンゼルス。宝石強盗のために集められたプロの犯罪者6名は、互いの素性を隠すためコードネームの色で呼び会い、用意周到な強盗計画が実行されるはずであったが、現場には警察が待ち伏せており、犯行は失敗。重症を受けた「オレンジ」を連れて隠れアジトにたどり着いた「ホワイト(H.カイテル)」は、再集合するメンバーに「警察の犬=裏切り者」がいることを疑い始める…
・本作は、プロの犯罪者集団が難攻不落な大きな獲物を狙う「ケイパームービー」であるが、洗練された手口の『オーシャンズ11』や『ワイルドスピード』シリーズとは異なり、泥臭いギャング集団による不器用で予測不能な行動が魅力の作品となっている。

②「タランティーノ症候群」の幕開け
タランティーノ監督処女作ながら、既に彼特有の演出が冴え渡り、90年代の娯楽映画を牽引する「タランティーノ症候群」幕開けの一本となっている。
・オープニングはギャング6人の無駄話から始まる過去にない作風。マドンナを怒らせた「ライク・ア・ヴァージン」の極端な解釈や、チップ文化不要論など延々10分以上続く会話シーンはストーリーと全く関係がない。タラ節は本作から炸裂。
・強盗行為が失敗した場面を序盤に構成し、時制をバラバラにして章立てで進める演出は、次作『パルプ・フィクション』で昇華する。
・「耳そぎ」などの残酷なシーンが多いながらも、その瞬間をカメラフレームから外すなど、過去のバイオレンス映画の名場面を踏襲している演出が多数…「映画を盗む男」の異名どおりと云えるが、自分にはわかりませんでした。
・俳優陣に混じって、本人も主要キャラとして出演も本作から。

③低予算・大物俳優出演の先駈け
・本作の製作費90万ドルという超低予算ではあるが、無名の映画オタクのタランティーノが映画監督デビューに漕ぎ着けるのは波乱万丈だったようだ。
・彼の最初の脚本『トゥルー・ロマンス』と『ナチュラル・ボーン・キラーズ』のどちらも映画監督にはなれず、新たに低予算で製作可能なクライム・ストーリーを脚本化。後に盟友となるプロデューサーのローレンス・ベンダーに脚本を委ね、回り回ってベテラン俳優ハーヴェイ・カイテルの手に。
・脚本を気に入ったカイテルの出演兼プロデュースにより、俳優組合規定の最低賃金レベルの出演料でもティム・ロス、マイケル・マドセン、クリス・ペン、スティーヴ・ブシェミら、名優・怪優が集められ、彼等自身の出世作にもなる。
・撮影はロサンゼルスで僅か5週間で行われたが、低予算ゆえにロケ費が安い元死体安置所を使用。アジトのシーンに棺桶があるのはその名残り。
・また、衣装費が捻出出来ず、ブラックスーツは俳優の私物。ブシュミがブラックジーンズなのは、スーツを持っていなかったからだそうだ。
・その他、終盤の銃撃戦とリズムがあわない血ノリの破裂など、低予算ゆえの悩みもあったようだが、本作のスタイリッシュでバイオレンスな映像と音楽は「クール」。次作『パルプ・フィクション』に大物俳優が挙って出演した答えが本作にある。
サワ

サワの感想・評価

3.8
他の映画だったら入ってるだろう肝心の強盗シーンがないからこっちも想像するしかなくて見てる側も映画の中のギャングと同じ心境になれるこの感じが楽しいしこれ処女作なのやばすぎ
imurin4

imurin4の感想・評価

3.9
冒頭がすごくよいのだよねー。なんの良さなんだろなこれ。冒頭の良さで引っ張られてエンドロールまで行った感ある。冒頭が良いんだよなあ。その良さのためにエンドロールまで行った感があるなあ。
開始数秒でわかるタランティーノとブシェミ。
俺も血糊ベチャベチャしながらのたうち回る演技やりたい。
オレンジ君がファンタスティック・フォー好きなの可愛い。撃ったとこは流石にテンション上がった。
キューブリックの『The Killing』も観ます。
>|