鮭

ハローグッバイの鮭のレビュー・感想・評価

ハローグッバイ(2016年製作の映画)
3.8
瑞々しい女優2人を邪魔せず、それでいて存在感たっぷり、さすがのもたいまさこ。貫禄。安定感。
主人公の2人、とてもとても良かったです。

菊池監督の映画は、ディアーディアーディアー以来2作目の観劇で、前作は詰め込み過ぎ感があって、観ていて少ししんどかったのが正直。
でもこのハローグッバイには、シンプルですっきりした、観やすさがありました。

だって今までもありそな設定。
学生生活にクサクサしている女子高生2人が、学校の中では関わらないけど、あるおばあさんと出逢ったことで距離を縮めていく。
王道。わたしの好きな少女漫画・女性漫画にありそうな雰囲気のはじまり。ベタ〜とは思いつつ、案の定引き込まれる。
さりげなさが強い脚本に、監督のクドさが入ったことで、すごく良い具合に、登場人物の感情の動きが表現されている感じがしました。

シュローダーヘッズ好きとしては、ワタナベシュンスケさんのピアノのシーンはたまりません。
音楽、とても良かった。

あの頃、早く大人になりたかったのに、今は思い出にしがみついている自分を、少し進ませようと思わせてくれる映画でした。