takato

ゲット・アウトのtakatoのレビュー・感想・評価

ゲット・アウト(2017年製作の映画)
4.1
流石の演出力!。だてに低予算で大ヒット飛ばしてねぇぜ!脚本は巧妙ってわけじゃないし、シチュエーションとしても無理があるんだけど見事に成立させてしまう。

 ホラー映画のポイントは、ワッ!って大声で脅かすのではなく、絶妙な嫌な感じ、というか違和感でゾクゾクさせるところにある。「トライワイトゾーン」の一篇というか、奇妙な感じがドンドン大きくなっていく恐怖が見事!。ただ、真相が明らかになる後半は少々軽かった。こういう話って、謎を説明しちゃうと台無し、とは言わないが拍子抜けなところがある。黒澤清監督の「キュア」とか「コクソン」みたいに謎が完全に解明されない方が底知れない嫌な感じが残って好き。真相は匂わす程度で良かったかな、かなりありえない話だし。

 それにしても低予算でも監督の演出力というかセンスがあれば面白い映画は出来ることを証明してくれると嬉しくなっちゃう。本作における恐怖は、オバケでも、怪物でも、殺人鬼でもない、それは人間である。ホームメイドさんが初めて映ったシーンには背筋がゾッとするものがあった。顔に張り付いた笑顔は、人間のそれではなく人形のそれようで正に「不気味の谷」。人間というコミュニケーションできるはずの相手が、理解できない何かに感じられる瞬間ほど薄気味悪い物はない。それにしても彼女役の女優さん、凄い美人だし演技上手いし、これから監督と同じようにくる人かもしれぬ。

 最後に、町山さんはコメディー映画として紹介してたんで、どこでコメディーになるのかな~って見てて最後までホラー映画だったのが一番の驚き。