ゲット・アウトの作品情報・感想・評価

ゲット・アウト2017年製作の映画)

Get Out

上映日:2017年10月27日

製作国:

上映時間:104分

あらすじ

ニューヨークに暮らすアフリカ系アメリカ人の写真家クリスは、ある週末に白人の彼女ローズの実家に招待される。若干の不安とは裏腹に、過剰なまでの歓迎を受けるものの、黒人の使用人がいることに妙な違和感を覚える。その夜、庭を猛スピードで走り去る管理人と窓ガラスに映る自分の姿をじっと見つめる家政婦を目撃し、動揺するクリス。翌日、亡くなったローズの祖父を讃えるパーティに多くの友人が集まるが、何故か白人ばかりで…

ニューヨークに暮らすアフリカ系アメリカ人の写真家クリスは、ある週末に白人の彼女ローズの実家に招待される。若干の不安とは裏腹に、過剰なまでの歓迎を受けるものの、黒人の使用人がいることに妙な違和感を覚える。その夜、庭を猛スピードで走り去る管理人と窓ガラスに映る自分の姿をじっと見つめる家政婦を目撃し、動揺するクリス。翌日、亡くなったローズの祖父を讃えるパーティに多くの友人が集まるが、何故か白人ばかりで気が滅入ってしまう。そんななか、どこか古風な黒人の若者を発見し、思わず携帯で撮影すると、フラッシュが焚かれた瞬間、彼は鼻から血を流しながら急に豹変し、「出ていけ!」と襲い掛かってくる。“何かがおかしい”と感じたクリスは、ローズと一緒に実家から出ようするが・・・。

「ゲット・アウト」に投稿された感想・評価

ShoHata

ShoHataの感想・評価

4.2
あまり話題になってないけど、
地味にヒットしている本作。

個人的にディープないじり方なのかなと思いました。

脚本は良く出来ていて、鑑賞後により楽しめる映画だと思います。
daisuke

daisukeの感想・評価

3.8
[外へ]

アフリカ系アメリカ人である主人公クリスは、白人である彼女の実家へ「ご挨拶」をしに行くのをためらっていた。それは黒人である自分を受け入れてくれるかどうかという不安であったが、彼女の「私たちの家族はそういった差別はしない、安心して」という優しい言葉を受け入れる事に。
しかし、実家で待っていたものは想像を絶する出来事であった...

と、ザックリ書くとこんな感じの作品だが、見る前からとても気になっていた作品だった。それは昨今の映画では男女の性差別や、肌の色からくる問題、それらを取り上げる素晴らしい作品を多く見受けられた事で、私もこの作品は「なるほど、この作品もまた差別の問題をテーマにしているのだろう」と勝手に一括りにして劇場へ向かってしまっていた。

しかし、これはその系譜ではあるが、
ちょっと毛色が、いや「逆のベクトル」と言った方がいいくらいに「とんでも作品」だった!(これは褒め言葉です^_^)

冒頭から序盤にかけ、恋人の家族は歓迎ムードではあるが「何か」がおかしい。
その空気感。さらにその白人家族を支えているのもまた黒い肌の者であり、口では笑っているが、目が何かを伝えようとしている。それを見た同じ肌である主人公クリスの感情に、私は感情がシンクロしていった。

まずこの『ゲットアウト』をどんな映画かと一口に言うならば「ヤバイ田舎のヤバイ住民もの」の系譜とも言える。主人公の知らない所で何かが進行していて、それはどうやら自分以外は皆が知っていて動いてるような、薄気味悪い、そんな映画の事だ。

撮影に関してもとても面白い撮り方をしていて、不安をさらに煽るような作りと状況の設定を一度のシーンで見事に表現していた。さらに主人公が「写真家である」という人物設定を、人物の背景を見せるだけでなく「写真家だから常に持っているカメラ」という、連続性のある小道具の使い方まで最大限に活用してるのも見事だと感じた。

ちょっとこれ以上は書くわけにはいかない。こういった映画はファーストインパクトがとても大切で、一体この映画には何が隠されているかは自分の目で確かめてほしい。

個人的には、ラストで明らかになる「とんでもない事」の「動機」これに驚いてしまった。
もう少し膨らませたり、深く掘り下げられるような気がする題材のような気がするが、昨今の差別をテーマにしたシナリオ、それを「捻った」ような、さらに問題を「浮き彫り」にするような何とも言えない居心地の悪さを感じた作品だった。

そして、タイトルの本当の意味を考えると、実は泣けてくる物語でもあった。


追記
つい先日、とある国でこの映画の「とんでもない事」の○○に成功したというニュースを見ました。本当かどうかは置いておいて、何か身震いしてしまいました。
この映画、実は「とんでも」じゃなく、今まさに起ころうとしている事なのかもしれません。
映画好きは好きな気がする。
なんだかスピード感がいきなり早くなって最初の方も不気味不気味とずっと思い最終的には不快感で終わる気持ち悪いが爽快感のある作品。今までに見たことがないほどの終盤が早くなっていた。いきなりのスリラーでした。
内容としてもあんまり今日
一部の白人による黒人差別意識を直接的に描くのでなく台詞や態度にじわじわと滲ませているのが気味が悪かった。見終わった後も面白かったなーと思える映画。気味の悪い雰囲気が続く中Rod(主人公の親友)のお笑い要素がいい休息になった。
moe

moeの感想・評価

4.0
ぞわわ〜😭
みればみるほど引き込まれる
どうなるのどうなるのって思った
よくないことを予感させられてドキドキ
なんだあの集団わ😳
友達が最高なのよね!いいキャラしてる👏👏👏👏😭😭
アフリカ系アメリカ人のクリスは、付き合い始めて間もない白人の彼女ローズの実家に招待される。典型的な郊外白人一家であるローズの実家に、クリスは緊張感を感じつつも、黒人に分け隔てがないローズの両親の態度に少し落ち着く。しかし、ローズ家のお手伝いやお抱え庭師がいずれも黒人なことに若干違和感は覚えつつも。。クリスは眠れない夜に、ローズ家の黒人たちの奇妙な行動を目撃するが、ローズの母親が禁煙するためとかけた催眠術によって、またも不安感をかき消される。明くる日、亡くなったローズの祖父を讃えるパーティで、どこか古風な黒人の若者を見つけ、またも感じた違和感から彼を携帯で撮影すると、その若者は豹変し、クリスに襲い掛かるのだった。。監督・脚本は、本作が監督デビュー作となるコメディアンのジョーダン・ピール。

コメディアン出身の監督ということで、文字通りのブラック・コメディ作品かと思いましたが、結構本格的なシリアル・スリラー劇といったところでしょうか。この作品、そんじょそこらの安物スリラーとは決定的に違うのは、フィクションといいながらも、1つの骨太なテーマを持っていること。それは、ずばり”人種差別”。それも、先日感想文を書いた「ドリーム」に描かれていた1960年代の黒人排斥運動のような社会ムーブメントの差別問題ではなく、私たちが日常感じている違和感から来る差別といってもいいでしょう。僕自身、外国人観光客が多い京都という街に住んでいて、アジア系はもとい、白人、黒人、中東系やラテン系の人もたまに見かけたりしますが、身体的な特徴は分かりやすいし、それに些細なことでの文化の違いとか見ても、やはり少し目を疑うような光景もなくはないです。もちろん建前的にも、基本的な精神という部分でも、それを差別的に見るということはないですが、やはりおかしいな、変だなという思いは人なので、心の底ではどこか思ってしまう。例えれば、その心の魔みたいなものを拡大鏡で大きく見たのが、本作といえるかもしれません。

なので、本作は表面上はおおらかで、偏見がなさそうな人が見せる心の暗部が、ラストに近づくほど大きくなって見えるところがミソ。僕も障害者として奇異に見られる分だけに、距離を取る人よりも、偏見がないと声高に叫ぶ人のほうが厄介な存在だと思っているので、本作のローズ家の怪しげな感じはのっけから怪しさに満ち満ちて見えます(笑)。実際に、ローズ家を始めとして、この集落に住む白人たち全員が怪しげな陰謀があるという顛末になっていくのですが、(その謎の部分は肝なので、ネタバレしないとして)その陰謀をクリスに対しても、とことんやりまくっていくところが非常に潔い。映画自体は小品なのだけど、ワンアイディアをとことん詰めていくという、この手のハリウッド作品はやはり見応えがあるなと改めて感心します。

ただ、白人たちが結局黒人たちになぜ必要にこだわるかという部分が、あの理由ではいかんせん納得し難いと思うのは僕だけでしょうか? 彼らがこれをしつづければ、結局この集落は黒人街になってしまうけど、、(→これはネタバレかも(笑))。
しゅん

しゅんの感想・評価

4.0
綿花は黒人奴隷の負の記憶であり、椅子は主人公クリスの極私的なトラウマであるが、この綿と椅子という二つの闇深いアイテムの組み合わせが本作の転回点を生む。とにかくアイテムの使い方がうまい。スマートフォンがスムーズな画面転換を導入し、襟なしのデニムシャツはラフな中にもノーブルな知性を見せるクリスの性格を見事に示している。ハネケ『ファニーゲーム』の悪意とアメリカンナイトメアを掛け合わせた傑作。端正なストーリーテリングとメスが入れられていくハゲ頭は最高に美しかった。
圭之祐

圭之祐の感想・評価

4.5
思ったより良くできてて笑った。
見て損はしないはず、以上!
azffy

azffyの感想・評価

4.5
すごい!!!

何か違和感を感じながら見進めていって、最後に謎が解けるかんじ!
たくさん散らばっていた伏線がひとつにまとめられる感じ!

これは何もわからず楽しんだ後に、
全てをわかったうえでもう一度観たくなる☆
ぽ

ぽの感想・評価

4.5
映画館でホラーを観るのは初めて。ホラーというよりはスリルサスペンスぽい。人種差別モノと聞き、痛い拷問などを想像してましたが全く違った。いやー面白かった。

良かったところを話すとネタバレになってしまうから難しい。(笑)
とりあえず伏線の回収が気持ちいい。ずっと「何かおかしい…」ってザワザワするんだけど、全然掴めなくて、不安にさせてくれる。徐々に分かっていく怖さときたら!小出しに明かされていくからウワーッてなるのよ!
登場人物もさあ…もう…やめてよ~ゾワゾワしたよ~~

伏線が細かいから、二回三回と観ると面白いだろうな。友達といくと解釈で盛り上がること間違いなしであろう

この映画、アメリカで流行ったってすごい。白人黒人、当事者達の評価を色々見てみたい。私達は一応有色人種だけどあまり関わりがない話だったので(なぜか日本人が白人側に1人いたけど違うだろ感)、かなり客観的な見方になるよね。
>|