ゲット・アウトの作品情報・感想・評価

ゲット・アウト2017年製作の映画)

Get Out

上映日:2017年10月27日

製作国:

上映時間:104分

3.9

あらすじ

ニューヨークに暮らすアフリカ系アメリカ人の写真家クリスは、ある週末に白人の彼女ローズの実家に招待される。若干の不安とは裏腹に、過剰なまでの歓迎を受けるものの、黒人の使用人がいることに妙な違和感を覚える。その夜、庭を猛スピードで走り去る管理人と窓ガラスに映る自分の姿をじっと見つめる家政婦を目撃し、動揺するクリス。翌日、亡くなったローズの祖父を讃えるパーティに多くの友人が集まるが、何故か白人ばかりで…

ニューヨークに暮らすアフリカ系アメリカ人の写真家クリスは、ある週末に白人の彼女ローズの実家に招待される。若干の不安とは裏腹に、過剰なまでの歓迎を受けるものの、黒人の使用人がいることに妙な違和感を覚える。その夜、庭を猛スピードで走り去る管理人と窓ガラスに映る自分の姿をじっと見つめる家政婦を目撃し、動揺するクリス。翌日、亡くなったローズの祖父を讃えるパーティに多くの友人が集まるが、何故か白人ばかりで気が滅入ってしまう。そんななか、どこか古風な黒人の若者を発見し、思わず携帯で撮影すると、フラッシュが焚かれた瞬間、彼は鼻から血を流しながら急に豹変し、「出ていけ!」と襲い掛かってくる。“何かがおかしい”と感じたクリスは、ローズと一緒に実家から出ようするが・・・。

「ゲット・アウト」に投稿された感想・評価

ふじ汰

ふじ汰の感想・評価

3.5
久しぶりにこういう系を映画館で見た!

前半パートのところどころにある不穏な感じがすごい……。
主人公の友人に、観客も救われた気がする笑
恋人の両親に会うためにNYの高級住宅街を訪れた主人公が体験する恐怖を描くホラー作品



地元の映画館でやっと公開されたので期待を胸に鑑賞。
最高に面白いホラー作品でした。

素晴らしい演出とショットの嵐。
只今のスリラーの常套手段である鹿の使い方が後半で上手く機能していて感心させられるし、恋人の両親と初めて御対面するシーンのショットもまた巧みだった。
音によるビックリ演出に頼らず、初めて会う他人が元来持つ不気味さによって生み出される至極の緊張感が素晴らしい。
街で会う人との会話の端々で滲み出るこの気持ち悪さこそが正に差別を受ける側の感覚なのだと思う。

惜しむらくは後半で明かされる今作最大の"秘密"が容易に想像できてしまった事。
伏線の張り方は見事だとは思うし、そこに異論の余地はないんだけど、2年前くらいにある作品(ネタバレコメントにて)を見てしまっていた為にこの"秘密"自体は私には大きなサプライズにはならなかった……

スリラーとして、ホラーとして限りなく完璧な作品である事は間違いないですし、何よりも"秘密"をある程度予想できても充分に楽しめる作品だと思う。



記録
劇場鑑賞作品5本目
yamashita

yamashitaの感想・評価

3.7
恐怖…
気づいたら左手で手すり握りしめて
右手で口を抑えて観てました
生涯ベスト級

冒頭のアバンタイトルとオープ二ングの不気味な歌の時点で引き込まれて感じた。これは傑作の醸し出す雰囲気だと。

最初から最後まで張り詰める不気味さと緊張感。なんだこれは、、なんだこれは、、と思っているうちにラストへ。無駄なミスリードはなく、全ての要素が伏線となっている。最後のどんでん返しも納得いくのにかなり驚かされる。これは何度も見たくなる。

ラストも後味の悪さとハッピーエンドを両立したような終わり方で見終えてからかなりの幸福感を得られた。

後世に残るサスペンスホラー映画ではないだろうか。
Shige

Shigeの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

黒人はパワーがあるとか、持って生まれた体質が凄いとか、逆差別的というか切り口が新しいかなと!

不気味な笑顔とか、何を考えてるんだという会話の端々に不気味さが終始漂ってました!

限られた空間の中でこの世界観を作り上げたのは、秀逸で面白かった☆

殺されるポジ的な友人がいい奴で良かった
Yuta

Yutaの感想・評価

4.2
ハラハラ、ドキドキの展開で面白かった。サスペンス映画の秀作。
UKI

UKIの感想・評価

-
記録
最初は凄く引き込まれます。どういう事なのか気になって見入ってましたが…途中無理があるかな、という感じでした。
ラストもあっさりしすぎてて、ニュースになるとか後日の話が欲しかったです。

ただ、伏線はたくさんあって、回収されていくのが面白かった。
Akane

Akaneの感想・評価

3.5
脚本が凄い作り込まれてる
演技が素晴らしかった
伏線が初めから最後まであって
二回、三回目と新しい発見がある

見てて飽きないし、話に引き込まれていった!
黒人差別を描いたホラー。
「黒人だから脚が速い」、「黒人はアソコが立派」などなど世間にはびこるステレオタイプをブラックユーモアたっぷりに描いた作品。

このレビューはネタバレを含みます

ネタバレまでが面白くて、バレてしまうと何てことはないというか、もう驚きようがないのであとははあそうですかとなってしまいますわね。
家族や白人の客人たちにいやいやしい態度で接せられるところは、隠しきれない黒人差別や興味を感じて観てるこちらも居心地の悪さを覚えるほど不気味で、本当に素晴らしかった。
本当に素晴らしかっただけに、タネがなんだ一集団の狂ったオカルトかとがっかりしてしまった。
>|