ゲット・アウトの作品情報・感想・評価

ゲット・アウト2017年製作の映画)

Get Out

上映日:2017年10月27日

製作国:

上映時間:104分

3.9

あらすじ

ニューヨークに暮らすアフリカ系アメリカ人の写真家クリスは、ある週末に白人の彼女ローズの実家に招待される。若干の不安とは裏腹に、過剰なまでの歓迎を受けるものの、黒人の使用人がいることに妙な違和感を覚える。その夜、庭を猛スピードで走り去る管理人と窓ガラスに映る自分の姿をじっと見つめる家政婦を目撃し、動揺するクリス。翌日、亡くなったローズの祖父を讃えるパーティに多くの友人が集まるが、何故か白人ばかりで…

ニューヨークに暮らすアフリカ系アメリカ人の写真家クリスは、ある週末に白人の彼女ローズの実家に招待される。若干の不安とは裏腹に、過剰なまでの歓迎を受けるものの、黒人の使用人がいることに妙な違和感を覚える。その夜、庭を猛スピードで走り去る管理人と窓ガラスに映る自分の姿をじっと見つめる家政婦を目撃し、動揺するクリス。翌日、亡くなったローズの祖父を讃えるパーティに多くの友人が集まるが、何故か白人ばかりで気が滅入ってしまう。そんななか、どこか古風な黒人の若者を発見し、思わず携帯で撮影すると、フラッシュが焚かれた瞬間、彼は鼻から血を流しながら急に豹変し、「出ていけ!」と襲い掛かってくる。“何かがおかしい”と感じたクリスは、ローズと一緒に実家から出ようするが・・・。

「ゲット・アウト」に投稿された感想・評価

したまちコメディ映画祭にて。
ツラツラと見てしまったが、不穏さを増していって最後に展開させる映画だった。当事者だったら嫌な映画。やはり持つべきものは友達。

映画終了後の平山さんの解説が素晴らしかった
his0809

his0809の感想・評価

4.0
人種差別?

その根源は?

見終わって怒りがこみ上げるスリラー。

コメディなんだけど、
ちょっと『シャイニング』のような
不気味な様式美がある映画で、
なんか圧倒される。

かなり恐ろしい物語ですが、
いい感じにコメディ担当が隠し味として、
良いので、すごくオススメです。
AM

AMの感想・評価

3.4
オブラートですが、物語の流れが若干ネタバレチックです!

まず落ち云々でなく、
コトの運びがすごく興味深い。

差別という心に潜む闇が、相手とのコミュニケーションの弊害になってくあのモヤモヤした感じ…

あれが題材のソースとして凄く効いてますよね、ただブラザー達は最終的には中身違うんで、皮肉となって作用してました!!

拘束後の復讐劇が半端じゃない威力です!ビーストでした!全員この世からゲットアウトさせてました!!

敬愛するエドガーライトのホットファズを彷彿とさせる展開でした、あと性奴隷に懸念の声を大にしてあげていた相棒のギャグ線の高さが、監督のコメディアンとしての資質を物語っています。
MINDTHEGAP

MINDTHEGAPの感想・評価

3.5
斬新な設定と、目つきの気持ち悪さ(思い出すだけでゾッとしそうなレベル!)でかなり強烈な作品だった。

観ていて気分のいいものではない、という個人的理由で点数は低め。
絶倫

絶倫の感想・評価

4.6
 映画秘宝まつり2017で鑑賞。

 「不気味さ」の描写が凄く上手くて、暴力的な描写を使わずとも恐怖がしっかりと演出されていた。
 新たな形の黒人差別の描き方も秀逸で、自分が黒人でないにも関わらず主人公に感情移入してウゲッとなると同時に自分にこういう考え方が全くないわけではないのだとも考えさせられた。

 だからと言ってただただ暗く怖いのかというとそうではなく、中盤以降絡んでくる主人公の親友の発するギャグが最高に笑えるのでホラー特有の疲労感がかなり軽減されていてすごく見やすい仕上がりに。
 そして見終わった後に感じるのが伏線の丁寧さ。わかりやすく前フリをするのではなく、自然な流れで明かされた情報が終盤になって「そういうことだったのか!」と繋がる気持ち良さがある。

 差別問題というデリケートなところに踏み込みつつエンタメとしての面白さも最上級で、とにかく丁寧に考えられて作られている映画といった感じでした。
かずみ

かずみの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

サスペンスとしては先読みできるストーリー。
でもこれってコメディなんですね。
言葉の意味合い言い回し、監督の経歴とかいろいろ知って観てたら、コメディとして楽しめたのかも。

バッドエンドじゃなくて良かった😓
FAHM

FAHMの感想・評価

3.8
映画秘宝祭りにて
tomoo1106

tomoo1106の感想・評価

3.5
したまちコメディ映画祭で一足先に鑑賞。

ブラックコメディとは聞いていたけれど、思った以上にコメディ色が強かった印象。
全米で絶賛!と言われてハードルを上げすぎていたかも知れないけれど、黒人の人たちに対する差別意識の差からか、そこまでハマらず。

常にコメディ色が見え隠れしてる分、ここぞって時の真面目にやってるけど面白い感が薄れてしまった印象。
ドント・ブリーズの方がその点の突き抜け方が凄かったなと、観ていてあの強烈シーンを思い出した(笑)

主人公の生い立ちが分かるにつれ、愛する彼女がどれだけ大切か伝わってくる分、愛する人もその家族も信じたい気持ちが伝わってきてちょっと切なかった。
fumikopa

fumikopaの感想・評価

3.7
なるほど。楽しめた。
白人だらけの集まり、みんなフレンドリーっぽく接してくるけど…
こいつら…何か変。
何か変感を存分に堪能してから、ラスト数分への畳み掛けへ。心構えレベルはドントブリーズ位でしょうか。
怖くはないです。大丈夫、見れます。
したコメ 秘宝祭りにて。

近年、かなりの確率でバズりがちな
低予算ホラーの傑作がまた一つ誕生した。

コメディアンが監督ということで、
普通に笑えるところもありつつ、ホラーとしての恐怖、
現代社会に生きる”人間”の恐怖を絶妙すぎるバランスで描いており、
これは、必見であろう。


そして、この低予算ホラーがよくバズる現象を考えると
この系譜の映画は、世の中(特にアメリカ)が、本当に病んでいるというのが身を持って体感出来る。

何もなくても、全然当てって良いクオリティであるが、
トランプ政権の今だからこそ、ここまで跳ね方をしているのを考えると、
映画の製作・公開のタイミングや作ろうと立ち上がるクリエイターたちは
積極的に評価して行かねばならないな、と。
>|