ゲット・アウトの作品情報・感想・評価

ゲット・アウト2017年製作の映画)

Get Out

上映日:2017年10月27日

製作国:

上映時間:104分

3.9

あらすじ

ニューヨークに暮らすアフリカ系アメリカ人の写真家クリスは、ある週末に白人の彼女ローズの実家に招待される。若干の不安とは裏腹に、過剰なまでの歓迎を受けるものの、黒人の使用人がいることに妙な違和感を覚える。その夜、庭を猛スピードで走り去る管理人と窓ガラスに映る自分の姿をじっと見つめる家政婦を目撃し、動揺するクリス。翌日、亡くなったローズの祖父を讃えるパーティに多くの友人が集まるが、何故か白人ばかりで…

ニューヨークに暮らすアフリカ系アメリカ人の写真家クリスは、ある週末に白人の彼女ローズの実家に招待される。若干の不安とは裏腹に、過剰なまでの歓迎を受けるものの、黒人の使用人がいることに妙な違和感を覚える。その夜、庭を猛スピードで走り去る管理人と窓ガラスに映る自分の姿をじっと見つめる家政婦を目撃し、動揺するクリス。翌日、亡くなったローズの祖父を讃えるパーティに多くの友人が集まるが、何故か白人ばかりで気が滅入ってしまう。そんななか、どこか古風な黒人の若者を発見し、思わず携帯で撮影すると、フラッシュが焚かれた瞬間、彼は鼻から血を流しながら急に豹変し、「出ていけ!」と襲い掛かってくる。“何かがおかしい”と感じたクリスは、ローズと一緒に実家から出ようするが・・・。

「ゲット・アウト」に投稿された感想・評価

わたP

わたPの感想・評価

4.0
よぉ出来てはる。よぉ出来てはるわー。無駄が無いっていうか、序盤で何気ない会話として出てきた情報がちゃんと終盤に活かされてて、それでいて説明しすぎてモタモタするようなこともないし、よぉ出来てるなあって思った。
なにより気付かされるのが「私黒人好きなんですよ〜」差別。一見友好的に見えるけれど、それって白人同士ならやるか?というような微妙なコミュニケーションが散りばめられていてハッとする。これって黒人に限らない話で、日本人だって海外でいきなり「私寿司大好きなの」とか話しかけられるって話も聞いたことがあるし、あとゲイの人が「俺のこと狙わないでよ〜」とか言われるって話も聞いたことがある。ただこれってそういう事言う人に悪気は全く無いし、差別する気持ちも無い。実際それで被害を被るかとか不当な扱いを受けるかと言えばそうでもない。思うに意識だけ高くなって、本当の意味でのフラットな関係に気づけていないだけなんだろう。もっと意地悪な言い方をすれば、「マイノリティにも気さくに接する私」というものがメインになって本末転倒になっているのかもしれない。まあそれはいいや。とにかくそういうものをホラー映画にしちゃうっていうのがなかなかすごいし、最後にはそういうやつらをバチバチにしちゃうところとかもはっちゃけてんなあと思います。あと主人公の武器が写真っていうのもいいよね、写真は人種関係ないし。
り

りの感想・評価

4.7
予想外の展開
二回見たくなる
観た後すぐ2回目観ちゃうほど伏線が凝ってる
内容だけじゃなく、音声、撮り方、役者の表情、セリフまでもが伏線に繋がる。
2回目もしっかり見て、満足。
TSUTAYAで15本レンタルできるのに残り1本だった理由がわかった。
hirosick

hirosickの感想・評価

2.5
スリラー作品として普通に面白い!

でも、アメリカならではの人種差別問題を知ってればもっと興味深く観れたのかも。
yui

yuiの感想・評価

3.5
ホラーの怖さというかかなり不気味。
みんなおかしくて違和感しかなく
特にあの使用人の女性怖かったっ。
話の流れといいよく作り込まれてて
飽きずに終始ドキドキ。
最後はほんとスッキリした!
こうゆう怖さは初めてかも。

クリスの友達、好きだわ。
ぎゅう

ぎゅうの感想・評価

4.5
後半のぶっとんだ展開に前半のリアルさはかき消され
結果 スリラーとして
楽しめた

前半と後半は違う不安感がある

前半に感じる違和感を私はアメリカにいたとき感じたことがある
気のせいだったかもしれないような
そうではなかったような
かべ

そんな昔の記憶を思い起こさせる
婉曲的でリアルな描写は
本当に体験していないとできないのではと思う

そして私は気のせいと蓋をしていた記憶を掘り起こされて
いやな気分になったものの
後半のぶっとんだ展開が
その思い出した感情をどこかへ吹き飛ばしてしまった


すごい
恭介

恭介の感想・評価

3.8
旬を過ぎた頃に観るシリーズ⑤

レンタル始まってもまだ旬は
過ぎてないぐらいの息の長さ。

もう最初から最後まで不穏な空気が
画面から漂ってて心地よい疲労感が
半端ない。

現実離れしたキャラクターや
怪物など一切出ないのにこのホラーの
ような緊張感は凄い。

鑑賞前の印象では、割とありがちな黒人への人種差別問題を絡めたサスペンス
だったが、白人が黒人に抱く羨望や
嫉妬を軸にした逆説的な展開が新鮮。

スポーツ界やミュージックシーンを
見渡し、根本的な身体能力の凄さや
ハングリー精神の強靭さに対して
賞賛する反面、ある種の人々はその裏で
嫉妬に似た何かを燻らせているのでは・・・それが水面下から表に出た時の
残虐性をまざまざと見せつけられてる
気がした。

しかし後半、事の真相が分かった時点
からの駆け足感と、スパッと切られた
感じの終わり方がちょっと惜しかった
かなぁという感じ。
ネットリとまとわりつくような中盤
までの展開から一気に加速し過ぎて
詰め込んでしまってるような気がした。

その中盤までの効果音でビックリさせる
ようなありふれたものじゃなく、
何か背筋がゾッとするような演出が秀逸。
それまで雑談をしていたみんなが
主人公が二階に上がった瞬間に
二階を見上げるシーンや、ビンゴゲーム
の静けさなど、アカデミーでは脚本賞受賞の賞賛を受けたが、個人的に本作の
成功は演出力によるところが大きいと
思う。

当分、カフェに行った時は
スプーンが気になってしまうだろう
(笑)
不気味な感じでホラーと言うかサスペンスのよう。アメリカならではのストーリー、アメリカにしかできない作品です。人種差別をいままでにないかたちで折り込んだ感じです。
2018 4/20
ものすごくゴシック且つ現代的でタイトルも ウ……ウワァァァァ! って感じでした。序盤のマイクロアグレッション描写とか特権人種ゆえのぴんときてなさとかのリアリティが秀逸。作中で起きる「怖いこと」自体の風刺も切れ切れで最近のハリウッド映画って本当にほんとに凄いなと改めて思いました。
Honoka

Honokaの感想・評価

4.0
表面上は差別に否定的
しかし、潜在的に差別意識あり。
現代のアメリカ社会を描いてる。
オスカー脚本賞も当確だと思っていた「スリービルボード」が今作に負けたので相当ハードルが上がってたけど、そのハードルを超えてくる出来だった!
シャマラン映画にウェルメイドさをマシマシにした感じ。

この映画は何も前情報を入れないで観てほしいけど、とにかく脚本、演出、キャスト、音楽、更にタイトルのセンスまで全てほぼ完璧。
スリラーなのに政治的な要素も含まれているし、怖いし笑えるしオチも最高で映画の醍醐味を味わえた。
2度目の鑑賞では登場人物達の台詞や行動に新たな驚きがあり、本当によく練られた脚本だと更に感激できた。

初監督作(しかも39歳という若さ!)で、低予算で無名キャスト陣(ケイレブ君はブレイクしつつあるが)という製作背景の部分でも、夢とロマンが詰まった作品だと思う。
>|