Rosso

不能犯のRossoのレビュー・感想・評価

不能犯(2018年製作の映画)
2.4
9/12に配信されてからすっかりドラクエウォークにハマりましてね、全然映画観てなかったんやが無事キラーマシンに勝てないという一つの壁にぶち当たったので、
ちまちまレベル上げしつつも映画視聴再開しようと思い、リハビリがてら松坂桃李さんを拝みましょうと。(前置き長すぎ)

低評価目立ってましたし、基本的に松坂桃李さんのみ目当てで観ましたがまじでそこくらいしかグッとくる見どころなかったかもな〜
口を殆ど動かさずにでもちゃんと滑舌良くスラスラ〜っと一定のトーンでまくし立てる喋り方凄くね?

話はというと、これまたドラマみたいというか、
なーんかこうちゃんと一本に繋がってなく感じちゃうんだよなあ
短編&短編的な。

終盤の爆弾仕掛け展開もまーたそういう感じね、となんか見飽きた感。

誰とは言わないけど演技力にもかなり差があったように感じた。
イケメンに対して女サイドの登場人物が軒並み芝居臭いというかなんというか個人的にハマれず...
(女サイドとか言っちゃうからまーたフェミ殿にボコボコ叩かれるろそ氏)

松坂桃李さん拝み視聴以外の個人的思い出は、
真野恵里菜:60分22,000円 と
ラストがパルテノン多摩やんロケ地! のローカルトークだけですね。