不能犯の作品情報・感想・評価

不能犯2018年製作の映画)

上映日:2018年02月01日

製作国:

上映時間:106分

あらすじ

都会で次々と起きる変死事件。いずれの被害者も、検死をしても、何一つとして証拠が出てこない不可解な状況で、唯一の共通点は事件現場で必ず目撃される黒スーツの男。その名は宇相吹正(松坂桃李)。 彼こそがSNSで噂の〈電話ボックスの男〉だった。とある電話ボックスに、殺人の依頼を残しておくと、どこからともなく彼が現れ、ターゲットを確実に死に至らしめるという。その死因はどれも病死や自殺に事故―― 宇相吹…

都会で次々と起きる変死事件。いずれの被害者も、検死をしても、何一つとして証拠が出てこない不可解な状況で、唯一の共通点は事件現場で必ず目撃される黒スーツの男。その名は宇相吹正(松坂桃李)。 彼こそがSNSで噂の〈電話ボックスの男〉だった。とある電話ボックスに、殺人の依頼を残しておくと、どこからともなく彼が現れ、ターゲットを確実に死に至らしめるという。その死因はどれも病死や自殺に事故―― 宇相吹の犯行は、すべて立件不可能な犯罪、〈不能犯〉だった。今日も、愛憎や嫉妬、欲望に塗れた人々が彼のもとにやってくる。そんな中、警察はようやく宇相吹の身柄を確保し、任意で取り調べを始める。 多田(沢尻エリカ)と部下の百々瀬(新田真剣佑)が見守る中、宇相吹を前に上司の夜目(矢田亜希子)が取り調べを始めるが、次第に夜目の様子がおかしくなり、最終的に宇相吹は解放される。彼の正体とは一体―。そして、真の目的とは―。

「不能犯」に投稿された感想・評価

June

Juneの感想・評価

3.0
広東の深センで「日本新片展」に見た。
ちょっとホラー映画に近いですね、怖い部分があります。
後半は中二すぎてbgmが出た時はみんなめっちゃ笑った。
けどspecでもないでしょう。心理学根拠があるから。だから神すぎるでもない、人間の本性は何かって考えさせました。
極悪と極善の戦いの感じ?ほかの人は善悪混雑するから愚かに見えるでしょう。
でも、それが人間ですから。バランスを取らないと。
不能犯
来年2/1公開ですが 一足早くレビュー。
グランドジャンプで連載中の宮月新原作マンガを実写化。

自分では果たせぬ復讐心や殺意を請け負い、思い込みやマインドコントロールを駆使して対象を死へ誘う黒スーツの男 宇相吹正(松坂桃李)。
物的証拠が何も残らぬため自殺や事故で処理せざるを得ない宇相吹の手口から、警察は彼を「不能犯」と呼んでいた。
ただ一人宇相吹のマインドコントロールが通じない女刑事 多田友子(沢尻エリカ)は、次々と殺しの依頼をこなしていく宇相吹の犯行を止めようと試みるのだが…。
相反する性質を持つ宇相吹と多田の姿を通し、人が心に宿す二面性を描いた作品だ。

生きていればイヤなこともある
むしろ、イヤなことの方が多い
時に誰かを恨んだりすることもあるだろう
嫌悪し 憎悪し 殺意を抱いてしまうことだってあるかもしれない
負の感情に心が囚われている内は前になど進めない
騙し騙しやっていても、必ずどこかで支障を来す
忘れるのか 和解するのか 自分の心を殺すのか
何かしらのケリをつけねば前を向いて生きてはいけない

そんな想いを宇相吹正(うそぶきただし)という胡散臭い名を持つ男が解決してくれる
その姿はさながらダークヒーローであるが、抱いた殺意が純粋でなければ依頼者諸共地獄送りにされてしまう
まるで「笑ゥせぇるすまん」の喪黒福造のようであった。

人間の善意に魅せられた多田
人間の悪意に魅せられた宇相吹
相反する二人
相反するが、互いに人の可能性に賭けている二人
好敵手とも取れる二人のブツかり合い
それこそが今作の見せ場になるのだと思っていた
が、いざ蓋を開けてみればどうだろう
ファンタジーの度合いが強過ぎて、リアリティが大いに欠けていた

多田の性別変更以外は概ね原作に沿ったストーリーだが、現実を生きる人間が演じるにあたっての肉付けが不足気味
原作には作者の絵に宿るパワーがある
絵のパワーが得られぬ実写においては、絶対的なリアリティが必要となってくる
バリバリ仕事に生きてきて 一人で寿司屋通いをしちゃうような粋な性分で、何よりも正義を重んじる
という設定の女がそこにいるだけ
スクリーンに映るのは多田という人間ではなく、多田のセリフを吐くだけの沢尻エリカでしかなかった
誤解の無いよう言っておくが、ぼくは彼女が大好きだ
何が言いたいかというと、彼女の良さが全くもって引き出されていなかったということ
彼女のみならず、ただセリフを吐いているだけにしか聞こえない人物やシーンのオンパレード
警察署の空気が漂わない警察署
警察に見えない警察連中
それっぽい音楽やそれっぽい言葉ばかりが溢れた世界

仲間が傷つけられた後にヤケ酒したならともかく、日頃から寿司屋に通い慣れた姉ちゃんが帰りにタクシーを降りてゲロを吐くなんて失態を犯すだろうか
宇相吹と対峙させるシーンへ導くための都合の良い展開にしか思えない
ネタバレになるから書かないが、ストーリーを進めるために自らリアリティを手放している場面ばかりであった。

多田が何故そこまで正義にこだわるか等のバックボーンも描かれない
原作同様ミステリアスな宇相吹だが、少なくとも原作においては猫と戯れる姿 家賃を請求される姿 SEXする姿が描かれていた
人間味を感じられた
が、今作の宇相吹は人間なのか何なのかも分からない
そのファンタジー性を成立させるためのリアリティも描かれない
つまりは全てがファンタジー
何でもありのファンタジーに魅力は生まれない
そんな都合の良い世界で生きる人間を同じ人間だとは思えない
彼らが抱える問題になど寄り添えない

宇相吹のマインドコントロールが唯一効かない多田
その絶対的優位性を活かすような駆け引きも0
二人が真正面からブツかり合う場面も無し
お粗末な脚本や演出のせいで、ストーリー展開は容易く読める
ハッとさせられたのは冒頭の一瞬だけ。

はじめの内は丁寧に手順を踏んでマインドコントロールへ誘導していくが、途中からは相手の目を見れば自由自在に操れる便利な能力と化す
「コードギアス 反逆のルルーシュ」のルルーシュが持つ絶対遵守のギアスのよう
というか、演出がまんま同じであった
思い込みやマインドコントロール設定はどこへ行ってしまったのだろう

豪華キャストの無駄遣い
というか、豪華キャストだったからこそ首の皮一枚で繋がっていた。

何でもありのダークヒーローと、セリフにしか聞こえない言葉を吠える女刑事
悪意に蝕まれがちな観客へ希望を示すわけでもなし
正義を貫くことの意義や価値を示すわけでもなし
そんなんじゃぼくらの心は操れない
登場人物の揺揺らぎや激しい葛藤なくして観客の心は動かない

ファンタジー部分と釣り合うだけのリアリティが描かれていたのなら、もっともっと面白い作品になっていたと思います。

青春★★
恋 ★
エロ★
サスペンス★★
ファンタジー★★
総合評価:C