不能犯の作品情報・感想・評価

不能犯2018年製作の映画)

上映日:2018年02月01日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

3.1

あらすじ

都会で次々と起きる変死事件。いずれの被害者も、検死をしても、何一つとして証拠が出てこない不可解な状況で、唯一の共通点は事件現場で必ず目撃される黒スーツの男。その名は宇相吹正(松坂桃李)。 彼こそがSNSで噂の〈電話ボックスの男〉だった。とある電話ボックスに、殺人の依頼を残しておくと、どこからともなく彼が現れ、ターゲットを確実に死に至らしめるという。その死因はどれも病死や自殺に事故―― 宇相吹…

都会で次々と起きる変死事件。いずれの被害者も、検死をしても、何一つとして証拠が出てこない不可解な状況で、唯一の共通点は事件現場で必ず目撃される黒スーツの男。その名は宇相吹正(松坂桃李)。 彼こそがSNSで噂の〈電話ボックスの男〉だった。とある電話ボックスに、殺人の依頼を残しておくと、どこからともなく彼が現れ、ターゲットを確実に死に至らしめるという。その死因はどれも病死や自殺に事故―― 宇相吹の犯行は、すべて立件不可能な犯罪、〈不能犯〉だった。今日も、愛憎や嫉妬、欲望に塗れた人々が彼のもとにやってくる。そんな中、警察はようやく宇相吹の身柄を確保し、任意で取り調べを始める。 多田(沢尻エリカ)と部下の百々瀬(新田真剣佑)が見守る中、宇相吹を前に上司の夜目(矢田亜希子)が取り調べを始めるが、次第に夜目の様子がおかしくなり、最終的に宇相吹は解放される。彼の正体とは一体―。そして、真の目的とは―。

「不能犯」に投稿された感想・評価

すわん

すわんの感想・評価

2.9
つまらない(´・ω・`)
サブタイトルをつけるなら「会話不足」。すれ違いで人殺しすぎだよぅ、みんなお話ししようよぅ。

終始沢尻エリカがむむむって感じ。
真剣佑くんイケメンなのに影薄い。
唯一の救いは松坂桃李が原作に似てることか...
はなみ

はなみの感想・評価

2.7
絶対原作のほうが面白いやつだよ。
原作読む。

松坂桃李に手首舐められたい。
ALISA

ALISAの感想・評価

3.5
オチがわかんない。幾何学の模様と音と主題歌がトラウマになりそうだった。ネタを詰め込みすぎた感はあるけどおもろかった。沢尻エリカはこういう正義感強い一匹狼みたいな役が似合うよなあと。個人的にはあのおじさんがぞくぞくした。酷いシーン結構多め。
ymeg

ymegの感想・評価

2.5
エリカ様、演技が。。。
松坂桃李はさすがの演技力、もったいない。
松坂桃李は本当に最高だな〜〜〜〜!
こういう役というよりこの役とっても似合ってるそして間宮くんにはだまされたなーー気づかなかった!
だが、どう考えても一つ一つの話の内容が薄すぎてドラマにすれば良かったんじゃないかとおもった。映画にした理由を教えて欲しい。一回一回をドラマとしておけばもっと内容も深めることができて良かったんじゃないかと感じた。
終わり方も好きじゃなかった。もう観たの結構前だから覚えていないけど、そう感じいたのは確かだと思う
にゃん

にゃんの感想・評価

2.0
漫画見てたから
性別違くて理解するのに最初時間かかった

漫画見てなかったら楽しめた?かも
歌は史上最強に合ってる
ち

ちの感想・評価

1.5
何も解決になってなくない??いやいや、そこで終わるのかよ!
松坂桃李は悪役より正義のヒーローが似合うし、沢尻エリカは正義のヒーローより悪役が似合う。
saya

sayaの感想・評価

2.8
怖いっていうか気持ち悪い。あ、なるほど、ホラー寄りの監督なのか。あと、てっちゃん可哀想。うねうねのエンドロールは多分初めて見ておぉ~てなった。GLIM SPANKYいいかんじ。
chris

chrisの感想・評価

3.2
漫画原作。沢尻エリカと松坂桃李主演。漫画原作だからか、ノリがコミカル?な感じ。わざとっぽい。松坂桃李がカッコいい、割とハマり役だったのでは?
SotaUrabe

SotaUrabeの感想・評価

3.0
主題歌好み。
松坂桃李イケメン
怖いって言う人もおるけど、もっと生々しいとより好みじゃったかな
>|