不能犯の作品情報・感想・評価

不能犯2018年製作の映画)

上映日:2018年02月01日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

3.1

あらすじ

都会で次々と起きる変死事件。いずれの被害者も、検死をしても、何一つとして証拠が出てこない不可解な状況で、唯一の共通点は事件現場で必ず目撃される黒スーツの男。その名は宇相吹正(松坂桃李)。 彼こそがSNSで噂の〈電話ボックスの男〉だった。とある電話ボックスに、殺人の依頼を残しておくと、どこからともなく彼が現れ、ターゲットを確実に死に至らしめるという。その死因はどれも病死や自殺に事故―― 宇相吹…

都会で次々と起きる変死事件。いずれの被害者も、検死をしても、何一つとして証拠が出てこない不可解な状況で、唯一の共通点は事件現場で必ず目撃される黒スーツの男。その名は宇相吹正(松坂桃李)。 彼こそがSNSで噂の〈電話ボックスの男〉だった。とある電話ボックスに、殺人の依頼を残しておくと、どこからともなく彼が現れ、ターゲットを確実に死に至らしめるという。その死因はどれも病死や自殺に事故―― 宇相吹の犯行は、すべて立件不可能な犯罪、〈不能犯〉だった。今日も、愛憎や嫉妬、欲望に塗れた人々が彼のもとにやってくる。そんな中、警察はようやく宇相吹の身柄を確保し、任意で取り調べを始める。 多田(沢尻エリカ)と部下の百々瀬(新田真剣佑)が見守る中、宇相吹を前に上司の夜目(矢田亜希子)が取り調べを始めるが、次第に夜目の様子がおかしくなり、最終的に宇相吹は解放される。彼の正体とは一体―。そして、真の目的とは―。

「不能犯」に投稿された感想・評価

REY

REYの感想・評価

2.8
特殊な能力で相手を
マインドコントロールで洗脳し
手を下す事無く殺す事が出来る。

殺依頼を受けると確実に実行するが
殺したい同期が純粋じゃないと
依頼した本人も死んでしまうオチ…

犯人が分かっていても立証する事が
不可能
人間の心の闇との愚かさを描く
松坂桃李はいい俳優さんなのに
周りの演技がダメだ
ストーリーも薄っぺらくて
DVDでいいレベルだった。

「人間は愚かだねー」
イケメン過ぎる殺し屋😍w
刑事の多田友子は証拠のない不可解な死に方をする事件を追っていくうちに1人の黒スーツの男に辿り着くが……

『コワすぎ』シリーズ
『貞子VS伽椰子』の
!!白石晃士監督!!
による漫画原作のホラーサスペンス。


「愚かだねぇ、人間は」


うーん、なんか惜しい作品。
見つめるだけで人を殺せるチート能力を持った男とそれを追う刑事の攻防戦を見れるのかと思いきや、その男はどちらかと言うと狂言回しの役割でメインのテーマは
“人間の殺意”についてだった。
そのため、その男に殺しを依頼する客達のエピソードの寄せ集めであって、1本の作品としてのクオリティは正直微妙……。
なんか『笑うせえるすまん』的なノリの作品なのです。(伝われ)
映画でやるより深夜ドラマとかでほそぼそやった方が白石さんものびのびと出来たんじゃないかな?
彼らしいチープなホラー・殺人描写は楽しめます。

主演の松坂桃李も微妙。。
感情を抑えた演技が棒読みに聞こえてしまい逆効果。不敵な笑みも似合わない…そのカラコン目痛くなりそうですね……(笑)
刑事沢尻エリカも微妙。。。
「行くよ!新人!」
て振り回してくれる上司っぷりは個人的好きなのだが、彼女に熱血刑事役は前提として似合わない。
あとは真剣佑と間宮祥太朗など若手陣は頑張ってた!
あ、真野恵里菜のデリヘル嬢シーンが1番の癒しでした!

まぁ映画じゃなくてドラマ向けだったということで、漫画実写化映画の黒歴史として数年後には忘れられるでしょう。

漫画実写化映画好き、白石監督のファン、そして松坂桃李に見つめられて殺されたい方にはオススメの作品。
matsuko

matsukoの感想・評価

3.3
実証不可能な事件、不可能犯罪、不能犯。

愚かだねえ、人間は。の台詞が頭から離れない。ラストはダークヒーローみたいな感じにも見えた。
沢尻エリカの台詞がクサすぎて、ちょっと引いてしまった(笑)
Daiki

Daikiの感想・評価

2.3
2018年公開映画16本目。

愚かだね、製作陣は。

生きていれば嫌なこともある。
寧ろ、嫌なことの方が多い。
時に誰かを恨んだり、殺意を抱いてしまうことだってある。
負の感情に心が囚われているうちは前に進めず、忘れるか、和解するのか、自分の心を殺すのか、何かしらのケリをつけなければならない。
そんな想いを主人公の宇相吹正(うそぶきただし)という胡散臭い名を持つ男が解決してくれる。
面白い題材だが、蓋を開けてみればファンタジーの度合いが強過ぎて、リアリティが大いに欠けていた。

第一に、女刑事を演じた沢尻エリカが沢尻エリカにしか見えない。
原作から態々性別を変更してまでもする必要あったのだろうか。
彼女の良さが全くもって引き出されていない。
彼女のみならず、ただセリフを吐いているだけにしか聞こえない人物やシーンのオンパレード。
警察署の空気が漂わない警察署。
警察に見えない警察連中。
ストーリーを進めるために自らリアリティを手放している場面ばかりだった。

最初こそ丁寧に手順を踏んでマインドコントロールへ誘導していくが、途中からは相手の目を見れば自由自在に操れる便利な能力と化す。
思い込みやマインドコントロール設定はどこへ行った。
続編ありきで殆ど話が進展、解決せず苛々。
希望と闇の対比は良かったが、台詞で希望を言い表す脚本は容易で浅い。
サイコパスなりの信念とその背景描写が浅いため、人間の愚かさ以外胸に響かない。
こんなお粗末な脚本、演出じゃ観客をマインドコントロールできないよ。
にこる

にこるの感想・評価

2.8
『 罪 』にならない立証不可能な犯罪がこの世に複数存在する
松坂桃李主演スリルサスペンス
松坂桃李推しすごい🤣
『 アイツ殺したい、ムカつく』といった恨み妬み人の闇に入り込みマインドコントロール

コントロールされた人は興奮、幻覚、メンタルが鈍くなり理性が失われる
愚かな人間たちを弄ぶ心理戦

そこに付け入るダークヒーロー!イケメンが口元緩ませおぞましくも喜んでいる微笑みがストーリーをゾッとさせるかも
人を殺すのに『 純粋な殺意 』ってなんだろ?(๑・᷄ὢ・᷅ ๑) what?
稀にこのマインドコントロールが動じない人がいる、判断力や決断力が強い人だ
沢尻エリカVS松坂桃李 似ているようで似ていない反発心
この2人の戦いと事件を終わらせることができるのだろうか??
沢尻エリカさんが可愛い。純粋な殺意なんてないんだろか。これをみてから「プラシーボ効果」の勉強する人結構いそう。きみには真似できないからやめとけって🤣
視聴後、数日で内容をほとんど忘れてしまうくらい、あまり面白いとは言えない映画でした。

超能力物は個人的にあまり好きではないので楽しめませんでした。
松坂桃李さんはこういう感じの役をよく見かける気がしますね。
あと沢尻エリカさんの警官役はちょっと無理がありますね。
レンタル鑑賞👌

ドラマの不能犯が割りとおもろかったので
多少期待してた笑

イメージとしては
アクションしない脳男みたいな感じかな?笑

あ、予告犯かな?

ダークヒーロー?
本編全体の雰囲気も似てる気がする😂

でも本編の印象がドラマ版のやつ(全5話とかの)を映画にするために くっつけたみたいな感じで
デカイ ストーリーラインにそってひとつひとつの事件が起きてたら統合性取れるけど
なんかひとつひとつがバラバラしてる印象になってもーてる😅



でも、不能犯のセリフは個人的に好き👌

″愚かだね~…人間は…″
たらこ

たらこの感想・評価

2.5
ん・・・おしい。
松坂桃李はいい!
だからこそ、もう少し・・・。
pinoco

pinocoの感想・評価

3.7
松坂桃李。ウソブキ役。
松坂桃李って、普通の人の役より、こういう役の方が合ってると思う。
ってか、ハマり過ぎるから、普通の人役が普通に見えないのかも笑。
個人的には安田顕さんの役どころが良かったなぁ。無論、顕さんも!
新田真剣佑!物足りない!もっと出して❗️

ごめんやけど、多田友子役・沢尻エリカ、これキャストミス出ないかい?
>|