K

ターシャ・テューダー 静かな水の物語のKのレビュー・感想・評価

3.0
スローライフ。“ていねいなくらし”そのもの。スティルウォーター教。不思議だったのは、ターシャテューダーの問いかけに撮影者もしくは監督の声が一切入っていないこと。会話を無視しているはずはないのでどうやって音が入らないようにしたのか気になる。そしてこの作品、序盤は素敵だなと感じていた。でも彼女の背景がわかるにつれて金持ちの道楽に見えてしまい黒い気持ちが広がる。やりたいことをやる大切さは分かるし伝わる。夢に対する努力も大事。ただその言葉の発信者と自分ではスタートラインも環境もあまりに違いすぎて、絶対に埋められない差を見せつけられた気がした。そして誰の口から出る言葉も情報も綺麗すぎてさらに息苦しくなる。あとから思えば彼女の言う「幸せ」はときどき言い聞かせているようにも感じられた。トコトコ歩くコーギーと体の中で温められる鳥が可愛い。ロウソク作りも楽しそう。自分は今たぶん少し疲れていて、本作に癒しを求めて見たのが違ったのだと思う。