ターシャ・テューダー 静かな水の物語の作品情報・感想・評価

ターシャ・テューダー 静かな水の物語2017年製作の映画)

上映日:2017年04月15日

製作国:

上映時間:105分

3.8

あらすじ

米国バーモント州。雪深い山奥にある、18 世紀風の農家コーギコテージがあった。まるで 絵本の世界に迷い込んだようなコテージには、コーギ犬と一緒に暖炉に温まり、絵を描く 1 人の女性がいた。アメリカを代表する絵本作家、ターシャ・テューダー。70 年もの間、現役 で活躍、離婚を経験し女手ひとつで 4 人の子供を育てあげた後は一人暮らしを謳歌した。 「思うとおりに生きてきた」と語るその人生は、決して平…

米国バーモント州。雪深い山奥にある、18 世紀風の農家コーギコテージがあった。まるで 絵本の世界に迷い込んだようなコテージには、コーギ犬と一緒に暖炉に温まり、絵を描く 1 人の女性がいた。アメリカを代表する絵本作家、ターシャ・テューダー。70 年もの間、現役 で活躍、離婚を経験し女手ひとつで 4 人の子供を育てあげた後は一人暮らしを謳歌した。 「思うとおりに生きてきた」と語るその人生は、決して平坦な道のりではなかった。そんな彼 女の知られざるライフストーリーと、多くの人々を魅了する喜びにあふれた暮らしを映し出す。

「ターシャ・テューダー 静かな水の物語」に投稿された感想・評価

こうじ

こうじの感想・評価

1.5
小さい頃は親が金持ちで裕福年取ると自分のしたいことして絵本も儲かってて一回も苦労した話でてこんかった気がする人のドキュメンタリー
#痛い目みろよ
#犬かわいい
あかね

あかねの感想・評価

3.5
ぎゅうぎゅうに詰め込まれた電車に乗って
ごみごみとした街を通り抜けて映画館に行ってこれを見た。

ターシャテューダーさんの
自給自足、花も食べ物も服も
すべてを大切にゆっくりと愛でる姿に
人間本来の生活の豊かさ喜びを感じた。

東京は色んなものに満たされているけど
どこか空虚。
ターシャテューダーさんの暮らしは、
何もかもがあるわけじゃないけど
満足で幸せ。

私もいつかはそういう風に暮らしたい。
coro

coroの感想・評価

3.7
素敵な言葉を見つけては摘み「引用した文章や詩は、モンテーニュの言葉を借りれば“他人の花”です。」とある本の中で語っていますが、彼女の発する何気ない言葉の中には他人を幸せな気持ちにさせてくれる花でいっぱい…
「人生は短い。 楽しまなくちゃ。 忙し過ぎて、迷子になってない?」
ブルゾンちえみの言葉ではないですよ。
自然に寄り添って暮らしてきた故ターシャ・テューダー。 大人になってから、とても優しい絵に一目惚れして自分の為に絵本を買ったのが、ターシャ・テューダーとの出会いだった。 スローライフの代表者として支持されているターシャは、ボストンの裕福な家庭に生まれながら、社交界よりも地に足のついた暮らしを好んだ。 植物や動物を愛で育て、食べるものも着るものも自らの手で作り、自然の中で日々の暮らしを楽しむ。
「今が1番いい時よ」
印象に残る言葉も多い。 美しい四季を感じながら、好きな物に囲まれて穏やかに豊かに生きる。
スローライフからはほど遠い自分には、「人生フルーツ」と共に沁み渡る映画だった。
satton

sattonの感想・評価

-
バーモントの四季がとても美しかった。
自然の中に身を置くターシャさんの生き方もとても興味深かったのだけど、ドキュメンタリー映画としてはイマイチだったかも。思わせぶりに風景や物をベタで撮るシーンが多すぎた。
のどか

のどかの感想・評価

3.5
料理がとにかく美味しそうなのね!暮らしの小さなレシピ、ディテールを楽しむ映画だから、やっぱりスクリーンで観ること推し!

あと、どうしても広い世界を見たいと焦る自分がいて、外に行こうとしてしまうけれど、自分の身近なことを大切にするだけでこんなに世界が開けるんだという発見。
あちち

あちちの感想・評価

3.0
ターシャの絵本や彼女の生活を題材にした写真を素敵だなーと思っていて、大画面で満喫だきることを楽しみに映画館へー。しかし…ダメだ、寝てしまった…。映像は本当に美しいが、心地よい音響と画像が気持ちよく眠りに誘う…。
BEECO

BEECOの感想・評価

4.1
こんな暮らししてみたいなぁ。
愛犬のコーギーがかわいい。
aky

akyの感想・評価

5.0
ターシャテューダの人生録。
自身で手入れをしたたくさんの植物が生きる庭。
手間暇をかけて、作るもの。
散りばめられたターシャの絵もかわいい。
素敵な生き方。そう、人生は短いんだ。
Saki

Sakiの感想・評価

3.5
こういう自給自足に近い形の生活に憧れる反面、私には無理だと思ってしまうことも多々あった。
例えば彼女の彼女らしい作品を描き続ける「徹底ぶり」や、人見知り故の「他人に左右されない強さ」など。

絵に描いたような暮らしは、本当に素敵だと思ったのですが、「人生フルーツ」に比べたら非現実的すぎるような、世界観が徹底的すぎるようなところに少々違和感を覚えながらの鑑賞となりました。
国が違えば文化も違うから、というのもあると思います。

違和感ポイントの例としては、映画に映ってるターシャの息子やその奥さん、孫たちも、ターシャの世界観に合う服装をしていたけど、それは映画仕様であり、ほんとは都会でスマホ片手にデニムとTシャツでは⁉︎なんて考えたりしたのです。

あと、ロウソク作りしているところとかは電気を極力使わない生活なのかな、と"暮らしっぷり"を感じられたのだけど、日々の食事はどうしてるのだろうか、というのもわりかし疑問でした。
そんな意味で、比較的似ている「人生フルーツ」を思い浮かべながら比較しながらの鑑賞となりましたが、人生フルーツよりもハマることはなかったのでした。
とはいえ、改めて自分の暮らし方や働き方を見つめる良い時間となったのでした。
>|