らさぐらむ

クルエラのらさぐらむのレビュー・感想・評価

クルエラ(2021年製作の映画)
4.5
ディズニー長編アニメーション『101匹わんちゃん』の悪役・クルエラが「クルエラになるまで」を描いた作品。

話題作ということもあり早速鑑賞。
近年のディズニー作品の中では、個人的に実写版『美女と野獣』以来の秀作だと思った。
なによりも画面が煌びやか。誰も彼もファッショナブルで惚れ惚れする。
そして音楽。オリジナル楽曲に加え、60年代から70年代あたりの既存のロックミュージックが作品を彩る。どの場面も最高にスタイリッシュ。
そしてストーリー。ありきたりと言えばありきたり、しかし起伏がハッキリしているのと二転三転するのとでぐいぐい引き込まれる。アニメーション版同様、魔法の類が出てこなかったのも個人的にはGOOD。

アニメーション版ほどクルエラが猟奇的ではないのは時代のせいかな?
そのあたりはいかにも近年のディズニーらしいというか、せっかくのトゲトゲなオリジナルキャラクターがマイルドになっちゃった感じはある。とはいえ、早速続編の計画が始動しているらしいから、彼女が真の意味で「クルエラ」になるまでにはまだ語られるべきストーリーが残っているのかも、と今後に期待。
上映時間も長く、「あっという間だった」というよりは「ちょっと疲れたかな」という感じだが、映画館の大画面と音響で見るべき作品だと思った。


2021-044(018)