RYOTAFUKAI

孤狼の血のRYOTAFUKAIのレビュー・感想・評価

孤狼の血(2018年製作の映画)
4.2
豚の肛門のアップからはじまり、「ああ、見に来てよかった 笑」かつ「食事中(ポテト食べてた)にやめろよバカ!」というスタート。

オーソドックスなバディ映画。知ってる中だと「SCOOP!」にとても似てる。クライマックスまで、面白くしかなっていかない展開がすごい。

ものすごく説明が丁寧。セリフで「あの…男前の…一ノ瀬」、ああ、江口洋介か。笑 と、観客を置いていかないつくり。唯一物足りないのは、ちょっと意外性がない、突発的な暴力とかには欠けてる。そこは北野武に任せよう。