eiganoTOKO

勝手にふるえてろのeiganoTOKOのネタバレレビュー・内容・結末

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)
3.0

このレビューはネタバレを含みます

世界的に拗らせや、イタイ恋愛が愛されつつあるなかで、だんだんこの映画のようなジャンルが理解できるようになってきた。

自分が共感全くできない女だからこそ、このような人々の気持ちを覗き込ませていただいた、みょうな照れがあります。
くすぐったい…。

ヨシカのニに対する「は?」
ヨシカのイチに対する「はぁぁ」
心の声が漏れていて、実はとても素直なのにそのままさらけ出せないのが拗らせと自ら呼んで、自虐で自分を守る人なんだろうか。自己分析が厳しいからこそとても傷つきやすい。
絶滅しなくていいよ。
生きてる動物に興味持ててよかったね。

俳優が黒猫チェルシーのボーカルだと後で知ってマジか才能2つも持ちやがって、と言う気持ち。