勝手にふるえてろのネタバレレビュー・内容・結末

勝手にふるえてろ2017年製作の映画)

上映日:2017年12月23日

製作国:

上映時間:117分

あらすじ

私には彼氏が2人いる──突然告白してきた暑苦しい同期のニと中学時代からの片思いの相手イチ。 「人生初告られた!」とテンションがあがるも、イマイチ、ニとの関係に乗り切れないヨシカ。一方で、「一目でいいから、今のイチに会って前のめりに死んでいこうと思ったんです」という奇妙な動機から、中学時代からひきずっていた片思いの相手・イチに会ってみようと、ありえない嘘をついて同窓会を計画。ついに再会の日が訪れ…

私には彼氏が2人いる──突然告白してきた暑苦しい同期のニと中学時代からの片思いの相手イチ。 「人生初告られた!」とテンションがあがるも、イマイチ、ニとの関係に乗り切れないヨシカ。一方で、「一目でいいから、今のイチに会って前のめりに死んでいこうと思ったんです」という奇妙な動機から、中学時代からひきずっていた片思いの相手・イチに会ってみようと、ありえない嘘をついて同窓会を計画。ついに再会の日が訪れるのだが・・・。 “脳内の片思い”と“リアルな恋愛”。同時進行で進むふたつの恋の行方は?

「勝手にふるえてろ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

「本能顔の人間になってしまった」

序盤、
親しげに話してるのではない、滑らかな語り口の補助としての相槌である、双方向のコミュニケーションとして成立していない

「君と話してると自分と話してるみたい」
一はよしかの名前を知らず、よしかも自分が饒舌さを預けていた人物の名前を知らないことに気付く

ディスコミュニケーションがリンクする物語、「勝手にふるえてろ」

雨に濡れて卓球したくなる
激しく共感できて、考えさせられ、反省できた映画

自分に興味なさげな良香のことが気になっちゃう人気者のイチ
良香を振り向かせるために自分を大きく見せようとして裏目に出ちゃうニ
どっちもすごいわかる。笑

男だからか良香には感情移入できなかったなー。世の中の女性はこの映画を見てどう感じるのでしょう…

最後の"勝手にふるえてろ"が誰に向けてどんな意味で言ったのかが謎だったので、原作、読んでみたいと思います。
わかるわかるこういう人達いるというリアル感と、本音モードの松岡茉優のキレ味の良さがたまらない。笑えるシーンが沢山ある上に、自己嫌悪、孤独、自暴自棄が一気に襲ってきた結果の哀しみが、一ミリも違わずに描かれていて「🏹😭😭😭」という感じ。ラストは底からくるような温かさがあって、なんだかよかったな〜という余韻に浸れる。そして、片桐はいりのことがもっと好きになりました。
中学生の頃からずっと片想いのイチ。
同僚で自分のことを好きになってくれたニ。
二人の間で揺れ動くヨシカの恋愛模様が面白いんですが、絶滅種であるアンモナイトはヨシカの比喩なんですよね。

一見、外見は普通の独身26歳の女性なんです。
しかし、実際は誰とも付き合ったことがなく、妄想を膨らますこじらせ系女子。
アンモナイトが垂直ではなく螺旋の外側へ平面的特徴に伸張するように、彼女の恋愛も中学生の頃から片想いのイチへの想いばかりが膨らみ、平面的であること。
そして、ニと出逢い、告白されることでヨシカの想いが揺らぎ始める。
アンモナイトの紐がもつれたような複雑な形状のものへと適応したようにヨシカ自身の恋愛模様も複雑なものへと変わっていく。
また、社会に適応するためにひねくれていったヨシカの性格の自己投影でもあるのでしょう。


では何故回想シーン導入時に水のBGMが流れるのか?
自分が思うに、海の底へと沈むように過去の記憶の中へと潜っていくひとつの演出ではないかと。
目を閉じ足を閉じるスタイルからもその事を示唆させます。
浮遊型遊泳動物であるイカや海底を匍匐するタコのように、ヨシカの比喩である絶滅種アンモナイトは過去の記憶という大海原を生きているんです。


ミュージカル調になったシーンで露になりましたが、冒頭から見せられていた日常会話は全てヨシカの妄想でこうなりたかった自分の理想の可視化。
イチとの想い出話に花を咲かせ、イチへの想いを馳せる。
何度も流れた一見不要とも取れる歯磨きシーンとうがいの音と同じように、ヨシカの日常的であったその妄想も毎日、脳内で吐き出していたことを表します。

突然、ミュージカル調になった理由も考えてみます。
冒頭からこのミュージカル調までは、恰もこれが現実であるかのように描写されていたご近所や街中の人々との付き合い。
ミュージカル調に仕立てたのはそんな日常と区別するためのひとつの演出でしょう。
そしてミュージカル調にすることで心の中の想いをぶちまけ、単なるセリフではなく音で鑑賞者側へと伝える。
「アンモナイトに生きる術を問う」
これはまるで自問自答のようでもある。
一見、変化球のようですがここでこの演出を持ってきた点は個人的にかなり評価できます。


また、ヨシカはイチに名前を覚えられていませんでした。
そしてヨシカ自身も周りの興味ない人の名前を覚えられない。
恋愛において辛いことはフラれることじゃなく、相手の中に自分が存在しないことなのではないでしょうか?
自分は他人に興味がないが、他人は自分に興味を持ってると思い込んでいることへの警鐘。

そんな中、ニはヨシカのことを江藤さん(後にヨシカ)と呼んでいます。
「名前」はイチとニを対照的に描き、またヨシカ自身の他人への無関心さも浮き彫りにした重要な要素なんです。
ヨシカがニの名前を初めて呼んだことにより、ヨシカはニを受け入れたということ。
そして、ニはヨシカに受け入れてもらった。
その後の台詞「勝手にふるえてろ」
これは自分自身、ニへと向けられた言葉でもあり、脳内妄想イチへ向けられた言葉でもあると思うんですよ。


また、このシーンで自分が手放しで褒められる"ふるえる"ような演出がありました。
ヨシカとニを繋いだ赤い付箋です。
ヨシカの左胸に貼られていた赤い付箋が雨で濡れたニのシャツに落ち、毛細管現象で徐々に濡れていく様は、ヨシカかニの恋愛観に染まっていく様子、そして裸体を見せない二人の濡れ場シーンなんですよ!
この演出には脱帽です。


作中にも出てきましたが"自然体"で居れること。
ここは激しく共感しました。

色々な恋愛観に響く何かを含んだ凄い作品ではないかと思うんですよ。
生々しい心理描写、リアルな心変わりはある意味で恋愛のバイブルにもなり得る。
…いや、恋愛未満の話なので妄想のバイブルですね(笑)
理想と現実、濃度は違えど人が内包するものであることは間違いない。
たった今観たのですぐ書きます。
前情報はすこしあったので、これは現実じゃないのか、この感覚すこしわかるなあ〜と思いながら観ていて
それがだんだん、えっわかる、めっちゃわかる、「被害者ヅラうっざい!」わかる、私も絶対そう言う、そのタイミングで連絡しちゃう、わかる!!ファーーーーック!!と思って、どう終わるの!?って期待したおしていたら個人的にありえないオチに…

それ言うの?どこでスイッチ入ったの?
また次の日には終わってしまいそうな二人のままなのに?

全部受け入れてくれる人が欲しい気持ちにも感情移入しながらみてたけど、主人公が劇中でタイトル吐き捨てて自分から迫るような女の子になったと思えない…
ラストシーンが嫌なのではなく、そこに行き着くのが不自然…

舞台が割と近所で、好きなハンバーガー屋さんが出てきて、松岡茉優かわいくて、うわあ楽しい、ってわくわくしてたけど、んん〜〜〜〜納得がいかない

出た軽率なミュージカル風!と思ったけどそこは好きだから楽しく観れました。妄想とくればそうなるよねという
妄想女子なら絶対一度はやると思うし。
内容暗いのに振り切って伸びやかに歌っていて楽しい。

最後の、人間なんてそんなもんじゃんあたりのセリフは良かった。だからこそ、そんなことになるか〜〜??っていう終わりにがっかりしてしまったけど
原作で補填したいと思う。わたしの理解が足りてないかもしれない、大好きな映画になり得るかもしれない
こんなに感想を書きたくなる映画は初めて
松岡茉優ちゃんの演技がすごい!!
見る人をきひこまれます!!
一回観ただけでは全てがわからない!!
これは2度3度いやそれ以上見ても飽きない新しい発見のあるとてもいい作品だと思います
勝手にふるえてた。

序盤ありがちなイタい女だな〜童貞は可愛いな〜という気持ちでほのぼのと見ていたところ
中盤の身に覚えのありあまる号泣に嫌な予感を覚え
ミュージカルパートで悲鳴をあげた後は最後まで頼む、頼む、消えないでくれ、頼む…!とずっと思わされたと言うか
それすら私の中に押し込めて否定していたありのままの自分を受け入れて愛してくれる王子様を求める心が可能性が潰える事を拒んで暴れ回ってただけっていうか
マジで知ってて目を逸らして受け入れて共存してた悪魔が封印とかれてもがきまくる映画でした。8年前に見てたら死んでたかも知れない。

キャストの顔がいいのとコメディの趣味が個人的には好みで日本映画特有の薄暗い撮り方をしないので普通に見てもとってもいい映画だけど、
いつかの昔に自分の在り方を悩んで、解決はしないながら折り合いをつけて毎日生きてるアラサー辺りに是が非でも見てもらいたいし
これをアラ還辺りが見てどんな感想を抱くのかもめちゃくちゃ聞きたいなと思いました。案外今の私らが中学生見てるような照れ臭さに襲われるんですかね。

強いて言えば勝手にふるえてろの使い方はヒロインじゃなくてカレピの口から聞きたかったかなとは思うけど私綿矢りさはインストールと蹴りたい背中読んで合わねえなと判断してたのでむしろブレが少なくて安心しました。
今年の邦画は豊作そうで嬉しいですね。
中学時代の初恋を引きづり続けたまま大人になり、精神年齢もひきづったまま?と思えるほど幼い。

基本的に自己中心的で自分の中にあまり他人がいない。
ひとの名前をちゃんと覚えず、きちんと名前で呼ぶ相手は同期の親友くらい。

しかし、初恋相手のイチに再会し
イチが自分の名前を覚えてくれないことにショックを受ける…
そこから人ときちんと向き合うようになっていくヨシカ。

監督の描き方がとても面白い

そして松岡茉優さんの演技がとにかく素晴らしいです。
初主演とは驚き!
良いコメディエンヌになりそう…
松岡茉優主演、大丸明子監督作品。意外にも松岡茉優映画初主演。
リアルSNS、リアルツイートなどと言われる本作品。
皆様々鬱憤があり、誰か人と人との繋がりが欲しいと思っている現代社会が表現されている。
行きつけのコンビニやハンバーガーショップの店員、最寄りの駅の駅長、バスで隣に座る人、公園でよく見かける人などなど縁があるようで縁がない、近いようで遠い。
そういった人と繋がりたいけど繋がれない。
思ってること、考えていることを押し殺し、そういったことはSNSなど呟く現代社会。
それをいっそのこと全部言ってしまった時の無敵感と罪悪感。
笑いがたくさんあり面白く、かつテンポも良い!
オカリナはヤバい笑
独り言多いからよく分かる。
ファックと叫びたくなる笑
帽子の存在感がありすぎかわいい

松岡茉優メイク薄かった?

原作よりポップ

原作でクルミどんなだったけ
クルミは妄想じゃなくてよかった

イチなんか勝手にふるえてろ
>|