勝手にふるえてろのネタバレレビュー・内容・結末

勝手にふるえてろ2017年製作の映画)

上映日:2017年12月23日

製作国:

上映時間:117分

4.0

あらすじ

私には彼氏が2人いる──突然告白してきた暑苦しい同期のニと中学時代からの片思いの相手イチ。 「人生初告られた!」とテンションがあがるも、イマイチ、ニとの関係に乗り切れないヨシカ。一方で、「一目でいいから、今のイチに会って前のめりに死んでいこうと思ったんです」という奇妙な動機から、中学時代からひきずっていた片思いの相手・イチに会ってみようと、ありえない嘘をついて同窓会を計画。ついに再会の日が訪れ…

私には彼氏が2人いる──突然告白してきた暑苦しい同期のニと中学時代からの片思いの相手イチ。 「人生初告られた!」とテンションがあがるも、イマイチ、ニとの関係に乗り切れないヨシカ。一方で、「一目でいいから、今のイチに会って前のめりに死んでいこうと思ったんです」という奇妙な動機から、中学時代からひきずっていた片思いの相手・イチに会ってみようと、ありえない嘘をついて同窓会を計画。ついに再会の日が訪れるのだが・・・。 “脳内の片思い”と“リアルな恋愛”。同時進行で進むふたつの恋の行方は?

「勝手にふるえてろ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

ずっとずっとずっと鑑賞したかった一本。
映画館で観れていたらもっと評価高かったかな。

やっぱり松岡茉優さんは素晴らしい。秀逸。喜怒哀楽の表現が度を超えている。泣きの演技が好き。マンネリ化させず、シーンや感情に乗せて流す涙が本当に見事。そして、怒り狂うカットも彼女にしか醸し出せない独特の雰囲気があった。しかし、演技が演技に見えない。台本が見えない不思議な演技をする女優さん。彼女の魅力が詰まった作品だと思う。

「こじらせ女子」と巷で耳にすることが増えたここ2、3年。その中でも主人公のレベルに達した女子はいるのだろうか?笑 正直、異常。笑
しかしながら、現在19歳女子大生の自分とも重なる点があったのできっと女子受けは間違いない。「視野見(見ていることを相手に悟られないよう、視野の中で見ること)」や学生時代に好きだった人を脳内に召喚すること、結構やっていた時期あったなぁーと観ながらケラケラ笑ってしまった。思い出は美化しやすい、いや、寧ろ故意的に美化しているのかもしれない。

本作を観ていたらこんな言葉を思い出した。
「理想と現実の間には差があって、誰もが過ちを犯してしまう。自分を知り、自分を変えることから始めよう。」
頭の中で構築した理想郷を現実は無慈悲に破壊していく。お気に入りのミュージカルシーンは切なかった。あぁーそうだったのか!と何故か泣いてしまった笑 そして、心機一転して行動を変えてみても理想郷には届かない主人公。その現実的なストーリーに私は恋をした。よかった。

何度も何度も観返したい。
疲れた時、頑張っている時、好きな人が出来た時、好きな人に彼女が出来た時、何か足りない時。
中学の頃からの長年の妄想の中で思いを募らせてきた相手か、会社の同期の自分を好きという男か…
現実はそうだよなーって感じの映画!
でもストーリにもう少しインパクト欲しかった感じ…
ひどい。こんな感情がブルブルになる作品を作っておいて勝手にふるえてろってか!!!ああああ(涙
二の初っ端のウザイのとキモいのがスーパー愛おしいに変わっていく課程をヨシカと一緒に感じてるのが凄いなぁってすごく不思議に思った。イチに名前を覚えてもらえてないことに傷ついたヨシカの歌いながらの回想シーンは心がぐしゃぐしゃになった。届いた荷物(アンモナイト)を受け取った時のあの笑顔が可愛すぎて可愛すぎて、告白されて改札をルンルンで抜けるヨシカが可愛すぎて可愛すぎて可愛すぎて!
ファーーーーーーック!!!!ファック!ファック!!ファック!!ファック!!
終盤の、「かなりちゃんとヨシカを好き」っていう二のストレートな告白が良かった!
ラスト10分震えたー!
プライドが高くて本能側の人間に成り下がることが嫌だと言っている女の子の話。

本当は、人と交流することで人に嫌悪感を抱かせたり、自分の弱みが相手にバレるのを恐れてふるえているだけ。

自分の弱さと向き合い、本心をさらけだしてくれる人のおかげで、最終的には本能をさらけ出すことができるようになる。

人が人と関わる上で少なからず感じるような心情を少し大げさに詰め込んだコメディ映画。
最終的に「勝手にふるえてろ」で締めくくっちゃう爽快感がある。

大げさすぎて若干共感し辛い部分もあるが、よくよく照らし合わせて考えると自分にもそういう部分あるなと思わせてくれる映画です。

「どんだけ捻じくれたら生きやすくなるの?日常は異常。異常巻の日常。」

街中で出会う魅力的な人に声をかけない意味なんて何もないし、気になる人に遠巻きに見ていることに意味なんてないんだよなぁ。
自分のプライドが高いだけ。捻じくれてるだけ。ほんとに勝手にふるえてろって感じ。
とにかく松岡茉優の演技が凄かった。夢落ちだったのは結構驚きました。主人公の陰キャという設定を凄いリアルに演じていて羨ましいかったです。
最後のキスシーンのセリフは鳥肌たちました
久々に映画館で邦画を見た。

わかりたくないしわからない方がいいんだろうけど、ところどころヨシカの気持ちわかってしまうあ~~わかりたくない!

☆3って思いながら観ていたが、ラスト5分雨振りだしてから☆5。最後のニの台詞と演技全部よかった。記憶を掘り起こしながら見てたけど、原作は確か名前呼んで終わってた気がしたな。「イチなんか、勝手にふるえてろ」の方が台詞として好きだったかも。

お弁当箱返す二に同じポーズで抱きつくヨシカと、ストールのもこもこ具合が本当にかわいい。
前にレビューで「ダメダメな男が主人公の話は好物だが、ダメダメな女が主人公の話はだるくて観てらんない」的なことを書いてしまったのだが、ヨシカ、好きだ!とても他人とは思えないぞ(>_<)!!

妄想の世界から抜け出せない自意識過剰人間の堂々巡り感、痛いなぁ。
なんてダメなやつなんだ、けどわかる、わかるぞその拗らせ具合。
ヨシカが声上げて泣き崩れる場面で思わずもらい泣きしちゃったよ。
女の主人公にこれだけ感情移入した映画って、他にないかも.....

けれど自分は男だから、二の気持ちも痛いほどわかるんだよ。
オレが二だったら、ぶっ飛ばしてるぞこいつ!
絶対許せないだろうな。
二がいい意味で優柔不断なヤツで良かったな。
お似合いだよおふたりさん。

ハッピーエンドで救われたよ。
そして松岡茉優、すごいね。
二の事を最初みたとき絶対に無理、この人に心変わりすることは絶対ない、って思ってたのに最後に向けてどんどん愛おしくなってきた…必死によしかに愛を叫んでて可愛さまで覚えた。
でもやっぱ一もカッコいいんだよな〜!!!よしかが恋しちゃう気持ちも分かる。俺だけを見てってあの顔に言われたらそりゃ一瞬で恋に落ちる。10年間囚われちゃうくらいの恋には落ちるよ〜わかる!
映画全体的にはいろんな要素が良い意味でごちゃごちゃしてて、なんかすごく面白かった。よしかがする考え方とか行動とか細かいところがすごく、あ〜分かる…っていうポイントが多かった。
憧れだけの恋もいいけど、自分のことを好きでいてくれる人との恋もいいなぁと思った。一と一緒にいる姿を側から見ても、あの2人にこれから付き合う雰囲気はなかった。人にはやっぱり相性ってもんがあるのね。
ヨシカに共感ばっかしてた
好きって言われたいずるい!ってよしかが言うやつマジで分かる!言われてるやつずるい!私も言われたい!って
同窓会開いちゃう元気はすげーけど同窓会で結局そんな喋れなくてタワーマンションでも喋れなくて喋れたと思ったら名前覚えてもらえてなくて、なんかもうそのしんどい、いっぺんにぶち壊される落とされるその気持ちも分かる…分かる…処女なのバレてヨシカが泣くシーンも死ぬほど分かる分かる分かる分かる分かる!ってずっと分かるしかなかった分かりすぎて私の映画かと思った
あんなに笑って泣いて忙しい映画は初めてだったなぁ
ニは最初うぜえなぁって思ってたけどどっか憎めなくてあぁほんとにヨシカのこと好きなんだなって、思ったよりちゃんとしてたし、イチはよく分かんなかったけど
エンディングで号泣した
>|