なると

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法のなるとのレビュー・感想・評価

4.2
ディズニーの側の物語であるこの作品を、ディズニーの側、イクスピアリで鑑賞。
近いところがここしかなかっただけだが‥

前作「タンジェリン」をiPhone で撮ったことで有名なショーンベイカー監督。
ということでこの作品にもある部分だけ携帯で撮ったらしい。

そして色使いが非常に綺麗。ディズニーの側だけあって特徴的な名前のモーテルやあの色使いも全く不自然ではない。
その色使いがこの作品のメッセージでもある貧困問題を重くさせないだろうし、それプラス子供視点の映画がそうさせない。
子供は貧困であっても、楽しそう。
一方、カメラが大人の高さに戻ると、貧困の問題が目に見えてくる。
ディズニーの側にこのような問題を描くとは、なんとも皮肉。

この作品の褒めるべき他の点はやっぱり主役の子の演技とウィレムデフォーの演技。
何にも不自然に感じず、ウィレムデフォーの管理人役が非常に似合ってた。あの管理人が欲しい。