pepo

バッド・ジーニアス 危険な天才たちのpepoのレビュー・感想・評価

-
バッド・ジーニアス
試験という誰にも覚えのあるシチュエーションでの緊張感に、設定がどんどんヤバさを倍増しで上乗せしていく。テンポとスリルに引き込まれて130分があっという間だった。
ハラハラ度がスパイ映画を凌ぐのは、プロ諜報員の皆さんより「生まれついての負け犬」を自称する貧しい片親家庭のタイの高校生の身の上の方が、親やその後の将来までひっくるめて身に迫って危ぶまれるから。その一切が杞憂で済んだとは言えないラスト、社会の不平等さが苦く残る後味。
これが洋画ホラーならな... プールでイチャつくカップルなんか、序盤で謎生物に喰われてるに決まってんのにな!