えし

のみとり侍のえしのレビュー・感想・評価

のみとり侍(2018年製作の映画)
4.0
うどん粉というパワーワード。

江戸時代中期、長岡藩藩士の真面目な男が主人公。
主人公は、江戸の藩邸の歌会の席で藩主に恥をかかせたため、猫の蚤とりとなって暮らせと放逐される。
猫の蚤とりとは何かわからない主人公は、言われるまま蚤とり屋へ入り、オモテの顔とウラの顔を知ることとなり…

面白かったー。
江戸の町を舞台にした人情劇というのかしら。蚤とり屋=出張逆ソープみたいな職業のため、R15+シーンは多めなんだけれど、笑えるんだよなぁ。
主役は阿部寛なんだけど、オイシイ役だったのは伊達男の豊川悦司。

〈浪速プレミア〉大阪完成披露試写会、大阪松竹座にて。阿部寛、豊川悦司、桂文枝、監督が登壇。役者3名は劇中衣装。客席に辛坊治郎。監督からヨットの件に触れられる。生いらっしゃっい。