tower1209

判決、ふたつの希望のtower1209のネタバレレビュー・内容・結末

判決、ふたつの希望(2017年製作の映画)
4.5

このレビューはネタバレを含みます

なにこれ…すごいの観てしまった。
脚本が秀逸。「え!」って展開を幾重にも重ねて、最後に驚きの伏線回収。登場人物みんなキャラが立ってるし、メッセージ性も強いし、ちょこちょこ笑いも入れてくるし、ひっちゃかめっちゃかにかき回した後の締めも、客に委ねずストレートに、且つスッキリ終わるし、映画としての完成度が高すぎた。

争いの始まりはこんな些細なことなのかもしれない。でも当人にとっては些細なことな訳がない。ずーっと溜まってたものが顕在化しただけなんだよな。

それを解決するのは、過去と向き合う力と赦す愛なんだろうか。でもそのプロセスは何かのきっかけがあって、問題を問題だと認識するところから始まるのだとすると、問題が起きるということも実は必要で、いいことなのかもしれない。なんて思いました。