判決、ふたつの希望の作品情報・感想・評価

判決、ふたつの希望2017年製作の映画)

L'insulte/The Insult

上映日:2018年08月31日

製作国:

上映時間:113分

あらすじ

レバノンの首都ベイルート。その一角で住宅の補修作業を行っていたパレスチナ人のヤーセルと、キリスト教徒のレバノン人男性トニーが、アパートのバルコニーからの水漏れをめぐって諍いを起こす。このとき両者の間に起きたある侮辱的な言動をきっかけに対立は法廷へ持ち込まれる。やがて両者の弁護士が激烈な論戦を繰り広げるなか、この裁判に飛びついたメディアが両陣営の衝突を大々的に報じたことから裁判は巨大な政治問題とな…

レバノンの首都ベイルート。その一角で住宅の補修作業を行っていたパレスチナ人のヤーセルと、キリスト教徒のレバノン人男性トニーが、アパートのバルコニーからの水漏れをめぐって諍いを起こす。このとき両者の間に起きたある侮辱的な言動をきっかけに対立は法廷へ持ち込まれる。やがて両者の弁護士が激烈な論戦を繰り広げるなか、この裁判に飛びついたメディアが両陣営の衝突を大々的に報じたことから裁判は巨大な政治問題となり、“ささいな口論”から始まった小さな事件はレバノン全土を震撼させる騒乱へと発展していくのだった……。

「判決、ふたつの希望」に投稿された感想・評価

Jin

Jinの感想・評価

3.8
“今の時代、皆んな怒りっぽくなっています。だからこそ理性をもって考えないと”


レバノンの街、パレスチナ人の工事屋とトラウマを抱えた男。2人の小さな言い争いが裁判に。やがて、民族問題を巻き込んだ国を揺るがす大訴訟へと盛り上がっていく話。


原題は”The insult”。侮辱。

民族問題や内戦によるトラウマの深さを垣間見た。
一見、形式上謝ればいいだけの意地の張り合いに見えたけど、それが許せない根深さがあるのかもしれない。

イスラエルに追われるパレスチナ人と、キリスト教国のレバノン。
少しは前知識がないと分からないかも。
迫害されるパレスチナ人を擁護する風潮が強い中、一方向的な問題ではないことに触れた珍しい語り口だった。

どこの民兵組織だか分からない人々に報復攻撃として破壊された村があり、それはまるでなかったものかのように処理された事件がある。
そんなこと知らなかった。


段々と事情が解き明かされていくのも、民族間の問題も、丁寧に説明されていて分かりやすかった。
法廷の中で明かされていく物語も面白かった。

そこまで悪い人が出てこないのも良かった。
白

白の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

レバノン内戦以後PLOの印象が投影されたパレスチナ難民と、高揚する国粋的な汎アラブ主義者の不協和が織り成す連鎖反応。アンチイスラエルで連結するはずが、国内の多様性を大きく巻き込み、共生における葛藤を描いている点は教科書的だが、奥さんの美しさと弁護裁判のギャグでOKとする。内戦の結果は曖昧模糊としながらもダムールの虐殺が起こり、多くのパレスチナ難民を産んだが、その副次的な紛争を仮定し描いた今作においては、内戦による負の遺産の象徴としての主演二人が内心和解を果たしたようで、まるで希望に満ちていて正直に好きだった。
アップの追跡カメラワークに酔う。
初めて行った大阪駅の屋上テラスと夜景が美しかった。
幸村

幸村の感想・評価

4.5
いい映画!

中東のレバノンに住む二人のおっさん、トニーとヤーセルの些細な喧嘩が、やがて国を巻き込む一大事となっていく…。
と書くと、おっさんの喧嘩なんか興味ないわ、とか、中東の事なんか何も分からないしパス!とかなりそうだけど、描かれている出来事はとても普遍的な事なので、割と誰でも思い当たる節があると思う。
特に、個人の喧嘩に利害関係者(弁護士)が絡み、それがマスコミによって拡散されるといつの間にか人権問題になってしまっているというところが秀逸で、今はどこの国でもこんな感じなのかなあなんて思ったりした。
話のスケールは大分落ちるけど、シリーズ映画の最新作をつまらないと言うと、お前は性差別、人種差別をするのか!と言われたり、海外の賞をとった映画を褒めると、あんな映画を褒めるなんてお前は反日なのか!と言われたり、最近は何でもかんでも話を大きくしすぎだと個人的にも感じている。

裁判をする以上、どちらかが勝者に、どちらかが敗者になるのは必然なんだけど、映画としては、判決そのものではなく、その前に二人の間に起きた個人的な出来事を真の解決として描いているところが偉い。
あそこまで話が大きくなった以上、判決後も外野同士のバチバチは続きそうだが、『移民賛成派と反対派は分かりあえなくても、反対派のトニーと移民のヤーセルという個人は分かり会えた』というのが重要で、確かにそれは希望なのだろう。

見たあとに物事の見方が180度変わる、何て事はないが(もしそんな事があったらそれはそれで問題だ)、他人とか世の中とかに対して、ちょっとだけ優しくなれるいい作品だ。

…まあそれはそれとして、中国(正確には中国製品)がテコンダー朴におけるタイみたいなポジションになっているのが面白かった。
それはいいのか?!
決して人種差別ではないですが、美人がいない…(笑)

僕の好きなジャンルのホラー、SF、アクション と並び法廷サスペンスも好きなのですが、今作もそんな作品だと風の噂で聞きました!(笑)
となれば観なくちゃ!(笑)

振り上げた拳は簡単におさめられない、って話し。
確かに面白いんですが、裁判の形態自体が日本やアメリカと違いすぎて緊迫感が薄く感じました。
しかも物語の根底にあるのがレバノンとパレスチナ人の難民問題なので、予備知識がないと本当の意味が理解出来ない台詞がいたる所にあって、1度観たくらいでは原告、被告ともに感情移入し難い。
きっかけとなった口論の時はお互い頭に血が上ってるのはわかるけど、その後何故冷静になって謝罪出来なかったのか。
社会背景がわからない僕にはどちらもが意固地で短気なおっさんにしか見えない…。
裁判を進めるうちにわかる新事実も互いの民族的対立を深めるだけでどうもスカッとしない。
最後判決が出て2人は納得してたみたいだけど、僕にはその意味がわからない。
お互いの相手に対する気持ちが変わっていたのはなんとなくわかるけど、それなら明確に謝罪のシーンとか入れたほうがスッキリしたんじゃないだろうか。

今作観た後シネコン移動で阪急電車に乗ったんですが、途中から隣に座ってきたおっさんが、ポケットに制汗スプレー入れてて、多分使いまくってるみたいで臭い臭い!
僕は使った事ないからわかんないけど、制汗スプレーって持ち歩いて何度も吹きかけるようなもんなんですか?
裁判の類いの作品は私には難しい事が多くありますが、この作品はとても興味深く観れました。

始まりは、ほんの些細な事。
一言謝罪すれば和解出来た事。
しかし意地の張り合いでどんどん膨れ上がり、宗教だの人種だのと日本では考えられない。

最後は力が抜けたような脱力感だけど、スッキリして劇場を後にしました。
もう1度お復習して観てみたい作品です。
Michelle

Michelleの感想・評価

4.5
1年半前に裁判員裁判の召集がかかって裁判に参加した時の、あの時に感じた苦しみを思い出した。

法律と根拠を使って相手を殴り合う感じ。

でも小さい頃弁護士になって人権活動家になりたかったんだよなァ…なんて思い出しつつ。

弁護士がちゃんと切迫早産のことを調べ上げてたのがすごかった。(架空だけども)
草枕

草枕の感想・評価

4.0
原題(英題)は「The Insult」、アラビア語でも仏語でも侮辱。
レバノンの「強い侮辱(言葉の暴力)を受けたときは、物理的な暴力をふるっても無罪」という刑法の規定は興味深い。

キリスト教徒のレバノン人(右翼)であるトニーと、イスラム教徒のパレスチナ難民であるヤーセル。トニーがヤーセルに対し差別的な振る舞いをし、それをきっかけにヤーセルが暴言を吐き、暴力をふるう。

これが国を揺るがす裁判になってしまう。この辺りはハリウッド映画にも通じるダイナミックさ。

裁判の過程で、ヤーセルはトニーのある過去を知り、彼を許すことになる。トニーは少し分かりにくいけど、ヤーセルのその行動で気は済んだよね。
やはり、お互いを知れば和解できる。
torisan

torisanの感想・評価

4.4
ほんの些細ないざこざでも、それが宗教や民族のバックボーン絡みになってくると中々折り合いをつけられない。それでも、個人のレベルでは、お互いの事を少しずつ知り、良いところに気づいて、歩み寄ることは出来る。それが今作の、希望の意味なんだと思う。でもそれが集団になった時に機能しなくなるのが、怖いんですよね。
oto

otoの感想・評価

4.8
非常に良質な作品だと思う。
ヤーセルの車を直すトニー。
トニーをわざと挑発し殴らせて、謝罪するヤーセル。
個人同士ではどうにもならない民族や宗教の対立に胸が痛くなったが、最後目を合わせた二人の表情に救われた。
ひろ

ひろの感想・評価

3.3
難しかった…

排水溝からどんどん問題が大きくなっていって国を巻き込む大問題に!

笑ったのは序盤のクラッチ交換したばっかりなのに〜って文句言う老人に
BOSCHのSがないだろ?中国製の偽物買うな!ってとこwやっぱり中国製ってそうよね〜
>|