判決、ふたつの希望の作品情報・感想・評価

判決、ふたつの希望2017年製作の映画)

L'insulte/The Insult

上映日:2018年08月31日

製作国:

上映時間:113分

あらすじ

レバノンの首都ベイルート。その一角で住宅の補修作業を行っていたパレスチナ人のヤーセルと、キリスト教徒のレバノン人男性トニーが、アパートのバルコニーからの水漏れをめぐって諍いを起こす。このとき両者の間に起きたある侮辱的な言動をきっかけに対立は法廷へ持ち込まれる。やがて両者の弁護士が激烈な論戦を繰り広げるなか、この裁判に飛びついたメディアが両陣営の衝突を大々的に報じたことから裁判は巨大な政治問題とな…

レバノンの首都ベイルート。その一角で住宅の補修作業を行っていたパレスチナ人のヤーセルと、キリスト教徒のレバノン人男性トニーが、アパートのバルコニーからの水漏れをめぐって諍いを起こす。このとき両者の間に起きたある侮辱的な言動をきっかけに対立は法廷へ持ち込まれる。やがて両者の弁護士が激烈な論戦を繰り広げるなか、この裁判に飛びついたメディアが両陣営の衝突を大々的に報じたことから裁判は巨大な政治問題となり、“ささいな口論”から始まった小さな事件はレバノン全土を震撼させる騒乱へと発展していくのだった……。

「判決、ふたつの希望」に投稿された感想・評価

小夜子

小夜子の感想・評価

3.8
ハードな社会派のテーマながら、痛快な法廷劇として、エンタメ度高い!少しづつ明らかになる2人の背景にも驚かされます
アメブロを更新しました。 『「判決、ふたつの希望」宗教や民族が関わると人はどうしてこうもいがみ合ってしまうのか。』 https://twitter.com/yukigame/status/1020007556968734722
ばお

ばおの感想・評価

4.5
試写会にて鑑賞。
非常に面白い作品でした。
相手を本当に理解してこその和解がある。
しかし、相手を理解するということは非常に難しい。特に根深く歴史的な背景があればこそ。色眼鏡を通して見てしまう。
日本でもこの作品と同じようなことが起こりうるやもしれない。今の若い人にこそ観てほしい映画だ。
レバノン、パレスチナ問題について理解していると理解しやすいと思います。
中東が舞台、法廷劇というだけで尻込みしてしまいそうな題材なんだけど試写会当たって鑑賞。いや、見ることができてよかった。
せっかくなのでイスラエル、パレスチナ、レバノンのことを少し勉強してから見たけど正解だった、背景知識がないとちょっときつかったかなというきがする。
赦しあえないふたりだけど、何もなければこのふたりはきっと気が合ったのかもしれないというのを想像させてくれる小さな演出とかがあって非常によかった。
癒えない傷とその過去を赦すことができないトニーが生まれ故郷を訪れるシーンは本当に最高でしたね、おぞましいことがあったあの場所で、今新しい生活を営んでいる人たちの姿、泣ける。
歴史上の人物や権力者、社会的地位のある人から見る中東じゃなくて、ほんとうにその地で生きている人たちの目から見る中東。


2018-59
「ただ、謝罪だけが欲しかった」とチラシにあるが、そうだろうか?
レバノン人のトニーは、全然謝罪を受ける用意をしていない。
一方的な自分の正義こそ正しいと、知らしめたいだけだ。
強面で横柄な彼の態度では、彼の父親が言う通りトラブルを起こすだけだ。

実は、パレスチナ難民とレバノン人の民族間の根深い争いが背景にある。
二人の男が頑ななのも、互いの悲劇的な歴史に起因する。
そうしたことが裁判の中で次々明らかになる。スリリングでありながら、民族紛争の困難さを映し出した見事な内容だ。

しかし攻撃的で被害者意識を喚き散らす男も、
寡黙すぎる癖に頑固で協調性のない男も、
どちらも困った存在だ。彼らの家族や妻が一番災難ではないか。 
親父たちは男性ホルモンが過剰すぎる。世界平和には女性ホルモンを注射した方がいいのではないか? 
他者、特に立場が違い対立する他者を理解するのは難しい。

謝罪を声高に求める方は、実は謝罪を本当に受け入れる用意がない。
終盤、彼らに本当の理解と謝罪を受け入れる用意ができる。
そこが感動的。
クソ親父二人の喧嘩を通じて世界を見る。面白い映画だ。
見せて頂き、ロングライドさんありがとう。
自分の中東理解度の低さを反省しながら見たけど、興味深い作品で引き込まれたよ。
小本

小本の感想・評価

4.0
いい映画観たな、という満足感と同時に体の奥か暑く滾る感じ。タイトル通り、希望を与えられたと思ったから?ここへ行き着かねばと奮起からか。最初は本当に、しょーもないなぁと思ってだらしなく見始めるのだが、各キャラクターの深掘りがされてゆき、暴走するようになる周囲の顔達を見せていくことで、じょじょに引き込まれて、解決不可能問題を前に頭を抱えてしまう。自分だったらどうする?と突きつけられる意味で、弁護士達の睨みが効いている。帰りにレバノンの位置をググった。
Rui

Ruiの感想・評価

4.2
期待通りのとても良い作品。異なる民族、宗教、信条が混在する現代社会。人間の尊厳を守り、傷ついた心に寄り添うのに必要なのは同情や怒りではなく、寛容さという心の強さなのだと改めて思う。もう一つ心に残ったのは、過去を乗り越えてこそ人は希望を持つことが出来るという点。辛くとも過去の痛みに向き合う強さを持ちたい。中東を舞台にしてはいるが今や普遍的な課題を描き、若者にこそ見て欲しい作品
映画試写会「判決、ふたつの希望」。
些細な口論が発端となり、国家を揺るがす法廷闘争へとエスカレートする様を描くレバノン映画。
民族と歴史、誇りと寛容、暴言と暴行、宗教と難民問題、様々な問題の耐えられない重みを感じ、考えさせられる。
一方で、スリリングな法廷ドラマにもなっており、社会性と娯楽性を兼ね備えた名作。
2018年トップ10入り間違いなし!
821

821の感想・評価

4.0
ロングライド試写会にて。
レバノン、キリスト教徒の男性とパレスチナ難民の男性の間の些細な口論が、あれよあれよと、国家を巻き込む様な裁判になってしまう話。レバノン人監督、全編アラビア語。

教科書やニュースでしか知らない様な出来事が、現在も世界で跡形を残して存在していることをまざまざと思い知らされる。
宗教やバックグラウンドの対立、多様性を受け入れない「異質」なものの淘汰、個人をその人の人格ではなく「宗教」「国籍」など貼り付けたレッテルで決めつけること。今回の映画ではレバノンからその事象を垣間見たけど、世界中で、日本でも、今も色んな形で起こっています。

作品としては、予告編からは淡々とした社会派/法廷劇ドラマかと思ってたけど、思いのほかにヒューマンドラマもあって、ものすごく見応えがありました。
始めは全くもって理由の明かされない、一方的で不当な憎悪。裁判を通してその人を形成した様々な過去が次々に解き明かされるのは、法廷劇ならではの目が離せない展開。証人の証言が、原告側被告側の質問によって全く違う印象を付ける。法廷モノとしてもすごくスリリングで面白かった。
扱ってるテーマがテーマなだけに、実在の人物、政党、首脳、映像が盛り込まれていて、フィクションと思えない。ドラマチックなドキュメンタリーの様にも感じる。
ラストに向かうにつれて、ヒューマンドラマ味が増します。エンディングには心を打たれた。落とし所が難しそうなのにとても綺麗にまとまっていました。

ストーリーの性質上、パレスチナ問題とレバノン内戦についての知識があった方がより理解度が深まる映画。観に行かれる方でその辺りについての知識に不安があれば、Wikiとかでさらっと記事を眺めておくといいかもです。

ジャンルは異なりますが直前に「ベイルート」をNetflix配信で鑑賞していてよかった。

2018 23
>|