赤足

恋は雨上がりのようにの赤足のレビュー・感想・評価

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)
4.0
女子高生(17)が冴えないファミレス店長(45)への片想いを描く恋愛作品!

漫画原作で読んでた自分としては、実写化で!主人公演じる橘あきらを小松菜奈。店長を大泉洋が演じるという事で、楽しみにしていたが、フタを開けて見れば!原作に負けず劣らずで小松菜奈演じる主人公の橘あきらから、バツイチ子持ちで冴えないファミレス店長演じる大泉洋を含む周りを固めるキャストも見事にマッチしていた。

ファミレスでのダメ店長に対する仕打ちや掛け合いなどは、大泉洋の味もプラスされついつい笑ってしまい、主人公がダメ店長への恋愛模様なども微笑ましく、ユーモラスな部分も目を惹き作品に見事な味付けをしていた。

そして、ただの恋愛作品というだけではなく、男女2人の青春映画でもある本作!陸上部で走ることが大好きだったが怪我で走ることを諦めてしまった主人公。本当は作家になりたかったが、夢途中で挫折してしまった店長...2人の環境や想いが上手いこと重なっていたり

心情や、仲間や親友との人間関係も絶妙で飽きさせることないテンポと演出はとても良く丁寧に描かれており、夢や希望、自分のやりたい事など分からない人はなどにポンと背中を優しく押してくれるような、勇気を貰え。

特にラストは2人の前向きな姿と笑顔と未来を暗示しているかのような終わりかたで、正にタイトルの通り、雨上がりの晴れた空の様な爽やかな気分にさせてくれ、邦画の恋愛作品で久し振りに素晴らしいと思える良作であった。