tobitsukijack

恋は雨上がりのようにのtobitsukijackのレビュー・感想・評価

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)
3.8
洋さんの年代に近いか、菜奈ちゃんの年代に近いか、今、恋なのか夢なのか、どちらでもないのか。この手の話は学校と家周辺で話しが進むけれども、年齢の差があるので高校生活の背景、バイト先、店長近辺にまで及ぶので、主体となるものの背景でだいぶリアル感も違ってくるなぁと思った。菜奈ちゃんの走る姿とポニーテールに感動した。戸次さんのなんか昭和感が面白い色付けになってて、松本穂香ちゃんの役による見え方の振れ幅に驚いたり。例えばお父さんの言うことは聞けなくとも外で会う人の影響とか説教じみた言葉でも素直に聞いてしまうとか、そーゆーとこ、いくつになっても自分の為に何か伝えよう話そうとしてくれる存在っていいものだなと思えたし、互いに刺激なのだと思えた。ただひとつ気になったとすれば、抱きしめる相手の手が何かを意味するような描写って日本独特なのかな感情の表し方としてよく見かけるけど、ちょっと恥ずかしいなぁと気づいてしまった。挨拶でハグしてる国にはその微妙なところは伝わりにくいだろうかね。