HaraRimakoさんの映画レビュー・感想・評価

HaraRimako

HaraRimako

写真=ファルコン *日々集約される映画記録が世界中、次世代にも活用されますように *感覚の惹き逢うところ https://www.instagram.com/tobitsukijack/

DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年製作の映画)

3.7

あー、ワタシの黄泉の国は水中生活かも。一晩経ってそんな夢を見たからだ。
人間も霊体も魔物も共同体の鎌倉に、こちらのご夫婦のなんとも言えないおおらかさがマッチして、いろんな境界をなくして見せてくれる。お
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.2

普通の、クリス・エヴァンスもやっぱりとっても頼もしいのでしたー。才能を見分けることとか、才能を生かすこととか、自分が思うことと他人が思うことと、思うとは別に願うことと、進み方の分かれ道。その才能がどの>>続きを読む

人生はシネマティック!(2016年製作の映画)

4.0

空爆を受ける最中でも映画製作を進めることも、やっぱりなにかを求めて映画館に来る人たちがいることも、そういうイギリスの前向きな姿勢といいましょうか。中の中の人の構想、練る練るやりとり、起承転結の喜怒哀楽>>続きを読む

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

3.6

舞台で見るような、人間の柔らかい形の踊りとか声の表現がおもしろく。女王がいて、時代が続いて、服装やメイクや建物風景とか音楽とか映画とか、とかとか、英国のいままで生まれてきたいろいろをリスペクトしつつ、>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

3.8

あんな風に早口でカツカツ話せる気はしないけれども、ワタシにも台詞分けて欲しい~(笑)。喋り捲し立ててみたい。キリッとな。中間で喋りの速さに慣れてきたので始めに戻って改めたくもなりました。理解に追い付か>>続きを読む

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生(2016年製作の映画)

3.8

おーこうゆーことかー、あーほらーやっぱり、観なきゃつながらんわけだ。でも後追いでもこれはこれで!って感じの繋がりでして(これからでも、まだ大丈夫ですよ。)なかなか、深く感嘆。そして、、これは、このまま>>続きを読む

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.6

あらやだ、どーしよ。あ、いや、でも、それなりに楽しめたんですけれども。アクアマンって何??男性の人魚、なななんて力強いのかしら。えっジェシー・アイゼンバーグはどこで出てきたのかしら?しかし、あいかわら>>続きを読む

劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き コトラ家族と世界のいいコたち(2017年製作の映画)

3.8

劇場で見れて好かった。ほのぼの。世界の猫たち、個性溢れる皆さん。世界の景色と猫の構図。津軽のりんごの成長と共に子猫たちの成長も追う。猫なりの掟とゆーか、猫らしい生き方を覗き見ました。自由なゆらゆら揺ら>>続きを読む

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

4.5

きっと、もしか、実際に有るのかもしれないけど、人道上本当にはあっちゃいけない あっち側でもこっち側でもないギリギリのところで、これだけの妙な人間像を表現作品として丁寧に描写したという点で、こうでなくち>>続きを読む

ミックス。(2017年製作の映画)

3.8

それぞれのキャラクターもぶちぶち際立って、ユニフォーム短パン皆さん似合っておられました。もう誰かわからない人も居たけど、、。そして、瑛太マンとガッキーの身長具合も際立ってこの組み合わせの新鮮さ、これだ>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

4.3

まだ今の時代、戦争やヒトラーやユダヤ系をテーマに映像化する作品が多いように感じるけど、ベルリンの壁 時代はなんだか新鮮だった。(いろいろと失礼のないように伝わると好いけど…)

騙す者を騙して仕留める
>>続きを読む

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(2017年製作の映画)

4.3

なんか、創造物として域を超えてた感。いろいろ見応え有り。質感とか発想とか。でも、人間の考えることではあるのでね、なんか残酷だなとも思うし。もっと寝かせて数十年後とかに見たらどうなってるのかなーって、未>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

4.3

ヒールにワンピースでカツカツと、一生懸命な姿が可愛らしいし格好良いです。仲間意識が強くて気位も高いのです。でも、弱き立場で、素晴らしい才能も後回しになってしまう。周りが鈍感過ぎて、最初のポリスマン理解>>続きを読む

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

3.7

全体的に、なんてゆーか、若い人が少なくなっちゃって、なんてゆーか、、、衣装のスーツにも年代があらわれるような。渋かったです。でも、会長をたてて、若い人を巻き込むことに悔やむとことか、なんか独特な礼節。>>続きを読む

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

3.8

動物と一緒に生活したことないけど、覚えててくれたら嬉しいだろうね。動物の気持ちが確実に理解できるわけじゃないから、こっちの都合が多いだろうけど、寄り添ってじゃれてくれるんだもの愛らしい。人間の一生の中>>続きを読む

ユリゴコロ(2017年製作の映画)

3.7

こわかったな。過去でも古いようで古さも感じない今っぽいような綺麗な画で映画だからこそ安心して見れてしまった感じ。あとで、こうして記憶を辿ると自分の記憶みたいに思い出すとゆうか、なんかきもちわるい。他人>>続きを読む

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

3.6

そっちが宇宙人なら、こっちも宇宙人だ!ぇい!新たな大問題はいらぬ。エイコラ!!(笑)。奪われた愛と奪った愛と、愛はどれだけ役立ち、どれだけ宇宙で通用するのか。未熟な愛じゃなくて、満々な愛なら。。?有効>>続きを読む

オン・ザ・ミルキー・ロード(2016年製作の映画)

4.3

自然も虫も動物も人間もできるだけ可能な限り、を越えた無茶ぶりも実演して見せ記録する エミール・クストリッツァ!でした。目が衰えない鋭い。やっぱり、ロバ!music!ダンス!

生き延びる逃げ延びる。こ
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.8

[ 接見 ] という2人芝居をライブビューイングで観たような、そこだけくっきりハッキリしている。事件はキッカケでしかなく全体的に歪みとゆーか不憫で心穏やかでいられない。大人な話しなんだな、いや、なんの>>続きを読む

関ヶ原(2017年製作の映画)

3.7

事実とは言え 現世で目撃したことのない歴史、されど事実として引き継がれたコノ世の話し。のちのちの者として、改めて書にし、演じ、創ること、目撃することの、豊かなロマン。そう、見終わったときに、ロマンだな>>続きを読む

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦(2016年製作の映画)

4.2

あのね、これは、凄いよ。なんてゆーか、製作チームの覚悟を感じるよ。よく作ったね。なよなよしてない戦争映画と言いましょうか。戦争のなにごとも美化してはならないという感じの覚悟かな。タイトルにあるその決行>>続きを読む

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ(2016年製作の映画)

3.7

ボブはボブのままボブなのでした。大活躍です。動物の尻尾の自由さには敵いませんね。ワタシも尻尾欲しいです。出逢いはヒトだけに限らず。成功の好機はいつなんどきどのように展開するかわからないけども、ジェーム>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

3.7

世間知らずと言えども、過去から未来へとか、未来から過去へとか、そーゆー次元じゃないのねー。あら、海の向こうにアイランド!みたいな。理解疎通のために必要な言語、とか、使命ありきで備わって当然のことを嗜ん>>続きを読む

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

4.2

ワクワクして、どきどきして、頑張れーって応援してしまう。シリーズどこまで観てたっけ?とか気にしなくても好い、これはコレ!で観られるし、ココからスタートしても好い感じ。設定として勿論のこと、ピーターがど>>続きを読む

バーニー・トムソンの殺人日記(2015年製作の映画)

3.5

DIGITAL SCREEN/デジタルスクリーン にて鑑賞。

あら、あらら、あららら、って、事が絡み合って巻き込み合って膨らんでって、あららららら~って展開がいいんだかわるいんだか、でも、収まるよう
>>続きを読む

ダイ・ビューティフル(2016年製作の映画)

4.2

美しかったなぁ。メイクの施しも表情もしぐさも女性らしさのお勉強になるね。体型はシュッとしてなくても美しさを表せることの励みになるね(笑)。笑顔が素敵。出てくる皆さん、お顔のメリハリがパキッとされていて>>続きを読む

海辺の生と死(2017年製作の映画)

3.7

自分は北の方の生まれなので、島の言葉 島の唄 島の音程 の聴き心地が異国のようで興味深く、でも、全体的にどっぷり、島の表現という感じでもなく、そんなに戦時中の昔の感じでもなく、文系の間(ま)というか、>>続きを読む

ビニー/信じる男(2015年製作の映画)

3.7

やぁ。本当にー。これ、結果があってこその感動物語だけども。本人もむちゃくちゃだけど、試合実現させちゃう流れもかなりむちゃくちゃで、人の命をなんだとー!って。でも盛り上がってしまうのもすごくわかるし、テ>>続きを読む

君はひとりじゃない(2015年製作の映画)

3.0

途中、眠ってしまったので反省点です。でっかい犬。背景と人の配置、角度。ふわっとして掴めない。感情が難しい。イタズラのように小さな出来事が散りばめられて、クスッとしてしまうけど、笑っちゃいけないような。>>続きを読む

銀魂(2017年製作の映画)

3.8

観たよ~

大人が楽しいそうでした。
思いっきり夏休みみたいな。
いろんな振り切り方があるなぁって。
いいんじゃないでしょうか。

メアリと魔女の花(2017年製作の映画)

3.7

んー、なんていうか、真面目だったのかな。瞬間、瞬間、素敵な場面もあるのだけど、ユーモラスさとか、魔女的奇々怪々な驚きの要素はもう少し欲しい気もしました。緑が一瞬実写みたいな色合いで、オッ!って思いまし>>続きを読む

レイルロード・タイガー(2016年製作の映画)

4.2

久しぶりにジャッキー・チェンだよー。ぉおおもしろかったー。ド派手過ぎて、もうなんか凄いね。ほんとにいろんな技を得た柔軟な表現と表情で。愛に満ちてる(笑)。憎まれ日本軍の隊長役の池内博之さんも、愛着のわ>>続きを読む

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

3.7

引き込まれすぎて、すごーく疲れた。オシリも痛い。映画だから作品だから、これでいぃんだよね。きっと、そうだ。でも頭痛い。なんか、演技と思えない演技というか、痛いよ辛い重い。全面協力的な日テレが大騒ぎでし>>続きを読む

夜に生きる(2015年製作の映画)

3.6

法で縛れば縛ったなりの、闇の網、新たな犯罪、巻き込まれるヒト、悲しみや傷みを生み、法を解けば解いたなりの事が起こるのだろうけど、ひどかった過去を思えば、再び縛る必要は無いままに時が進んでいるのだろうし>>続きを読む

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

4.0

これ好きだなぁ。誰でもパーティーやディナーに招待してしまう母。母の赤い口紅。世代間、男女間、価値観、精神、そーゆーとこの差の躓いてしまいがちなところを、理解しようとすること、学ぼうとすること、なんとか>>続きを読む

LOGAN ローガン(2017年製作の映画)

3.5

老いを感じたけど、次世代コドモ達には、ちゃんとヒーローとして刻まれたなぁって、最後でした。でも、あんなにそんなにしたら人間不信になるからっ!!てぐらい人間のやることが酷くてね、もう、やめてあげて。途中>>続きを読む

>|