トムトム

来るのトムトムのレビュー・感想・評価

来る(2018年製作の映画)
2.5
元々怖がりでホラーが苦手なのですが「ヘレディタリー 継承」を観終える事が出来たので免疫がついたかと思い鑑賞。

あの中島哲也監督が豪華キャストでホラーを撮るという事でかなり期待したのですが完全に期待はずれでした。
全く怖くありませんでした。
「ヘレディタリー 継承」がコンクリートブロックで殴られたくらいの衝撃としたら今作は猫の肉球パンチくらいの怖さです。

もちろん、そういうのは目指していませんよというかも知れませんがアクション映画でアクションがダメだったりポルノ映画がエロくなかったら駄目な様にホラー映画が怖くないのは致命的だと思います。

しかし終盤の面白祈祷ライブは良かったです。
というか中島監督はコレがやりたかっただけなのでは。
「哭声 コクソン」のファン・ジョンミンをやりたかったんだと思います。

中盤以降のある意味でのバカ展開は「貞子VS伽倻子」を観た時の感覚に近いです。

邦画アルアルの配役で生き残る役や犯人役がわかってしまう問題を豪華俳優陣で解決していてよかったです。

小松菜奈は「ディストラクション・ベイビーズ」に続きキャバ嬢役で輝きますね。