来るの作品情報・感想・評価

「来る」に投稿された感想・評価

hrsw

hrswの感想・評価

4.5
ホラー映画は観ないので行きそびれてたけど、もうthe 中島哲也監督のエンターテイメントな映画だった、とても良かったな〜。ちょっと500年前までくらいまで人間は非科学的であったわけでね、なんかそういうこと考えながら観てた。evil and flowers最高だった。
Go

Goの感想・評価

4.0
思い立って、レイトショーへ!
ホラー…得意じゃないのでどうしようかと思いましたが、そこはほら、勢いというやつで!😅
そしたら、貸切状態でした…。
映画館に、一人きり…😓。

そんなことはさておき、結論から言うと、これはホラーではない。
人の業をまざまざと見せつけられる、なんとも言えない気味の悪さを感じる作品。中島監督作品らしさ満載です😁。
ちなみに、「パコ」○「告白」○「渇き」×という個人的成績😁。
本作は○です。
妻夫木聡の痛痛しさが、他人事ではない気がして…。一歩間違えれば自分も…と思えば、かなり見入ってしまいました。
後半はガラッと変わって、なんともスペクタクルな展開! 私は好きですよ。
かなり個性的な作品。好き嫌いは当然でしょう。役者の演技は、みんな素晴らしかったです。
あっ、関西だけかなぁ? 今くるよさんが、PR動画してます。これも結構なインパクト😁。
kana

kanaの感想・評価

3.6
もうちょっと怖いの期待してました!
人間の怖さって感じでした。

でも面白かった!
来る?来る?来たー!来た?!って感じで。最後のシーンが好きです。
幸せになってね^^

松たか子最強!
小松菜奈最強!

そして、青木さん、、怖いわ!

ドキドキハラハラ
観て良かった。
やっと観れました!

自分にとって「告白」が凄い印象的だったので、その監督の作品という事で観たんですが…

むむ…ッ!
これは中々に真っ黒なものを魅せつけられたと思います!
(*´◒`*)

確かに原作を知らずに映画だけみるなら賛否になる作品なんですが
、けっこう僕はこの世界観にハマってしまい劇場内に10人もいない中ワクワクしてみてました!(笑)

やはりですが出演されてる方々の演技が本当に素晴らしかったです‼︎😊
観たよ


劇場で観るか観ないか相当迷って結局観たよ←

"中島哲也らしさのあるエンタメホラー"

誰かさんのレビューに"何か来るよ!って話"って書いててそのまんまさに笑ったんやけど笑

実は中島監督は正直苦手で…「告白」も「渇き。」も好きじゃないです
リアルで繊細な題材をメタフィクションやインパクトある画で観せるしつこさが苦手…
「渇き。」は特に苦手でパク・チャヌクの「渇き」のが愛があって100倍好き←
でもな中島監督の作品って予告編上手いんよな🤔
流石CM監督だっただけある

しかし本作は劇場へ観に行った価値はありました!
今までの監督作の中で1番ハマってた気がする
あのオーバーな画がホラーとの相性抜群!
元々フィクションが強い題材だからか中島節が炸裂していても、いつもの妙にあざといしつこさをあまり感じず寧ろそのオーバーすぎる表現も楽しんで鑑賞できました!

しかし妻くんは上手いな
冒頭からペラいなこいつ、と嫌悪感炸裂!
お葬式から結婚式のシーン、新居お披露目会と居心地の悪さは観ていてかなりしんどい…
そんなへらへらした口だけの薄っぺらい男だけれど彼なりに家族を大切に思っているってのが薄さの中にもきちんと表現されていて、嫌いだけどやっぱり好きだわ←

前半の不快指数MAXなドラマパートから後半の爽快感のある全国除霊大会総結集まで非常に楽しく観れました!

只、ラスト!結局またあのいらん中島節吹かして来て興醒め😨
いらんやろあれ…🐣
ちぇる

ちぇるの感想・評価

4.0
好き嫌いくっきりわかれるタイプのスタイリッシュオカルトムービー


原作未読で鑑賞。
私、これ、好きです…!!!
久々に邦画観て満足したー!!!

初っ端は昼ドラとか見てる気分になるんですけど終盤の日本オカルト総集結感がかなり良き。ヒーロー大集結的なワクワクドキドキたまらんでした。(ただしあれが嫌って人も多い気がする、、、)
グロNGの方は見ない方がいいです。なかなかのスプラッタです。


大まかにはストーリー完結してるけど、ちょっとした謎は解けずじまい。
一緒に鑑賞した方曰く、原作読めば解決するそうなので買いに行きます!笑
Megumi

Megumiの感想・評価

4.5
ずっとジェットコースターに乗ってるような感じ。恐いだけじゃなく面白い。みんなに見て欲しい。邦画ならではの面白さな気がする!
70分で退出

原作との差異に興味を惹かれて本来なら15分で出るところを1時間も残ってしまい反省。

映画ではないにしても、自分のスタイルを確立していることは評価できる。
beeench

beeenchの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

お松が最高にカッコよかった!
冒頭の妻夫木実家シーンは、本家のやりとり見てるみたいで日常の人間の嫌な所がリアルに再現されてて、本当に気持ち悪かった。
血飛沫も凄かったし、体バラバラになるけど、昼夜問わずやってくる化物スゴい。ケチャップのオムライスは当分食べたくない笑
あと化物来る時に皆が「来る」って教えてくれて、身構えることが出来た笑
色んな除霊の人たち大集合展開は熱かったし、新幹線組がバラけるのも熱い。
柴田理恵も、ババァかっけぇーってなった。
最後の展開は、これだけ犠牲だしてるのに何しとんねん!!と言わざるおえない結末。え?続くの?と思いながら、検索して原作はシリーズ物だと知る。え?続くの?
いち

いちの感想・評価

4.0
最高でした。最高に好みの映画でした。
初見で惚れてしまって、そのまま続けて二回目を観賞。

迫り来る「アレ」を通して人間たちの脆さ、弱さが無様に露呈していく様を描いていく本作。
神様、御守り、神隠し…日本人なら無意識に感じたことのある気味の悪さ、怖さが各所に散りばめられており、現代において若干のチープさもありながら、なんとも気持ち悪い空気が終始流れています。かなり上質なB級映画です。

特に、終盤の大掛かりなお払いのシーンは本当にエモい。除霊フェス最高。
色々言われていますが、あの結末だけで評価を下げるのは本当に勿体ない完成度だと思います。

柴田理恵がめちゃくちゃかっこいいので、それだけでも一見の価値あり。
>|