来るの作品情報・感想・評価・動画配信

来る2018年製作の映画)

上映日:2018年12月07日

製作国:

上映時間:134分

ジャンル:

3.5

あらすじ

「来る」に投稿された感想・評価

モニコ

モニコの感想・評価

4.5
すごく泣きました。
お祓いシーンがめっちゃかっこいい…(⑉• •⑉)♡
お姉さんもなんだかんだ言って、妹守るし。
結局あそこはどうなったの?となるところもありましたが、私は大満足です。
まことちゃんが1番好きです、髪型もめっちゃ似合ってる。
面白かったです。
枚方

枚方の感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

お祓いシーンの絵のために見る価値ある。
妻夫木聡のクズっぷりがホラー。伊集院光サイテー。
しかし2時間超えは長い。
母上様

母上様の感想・評価

3.3
面白いよ!
お化けホラーが苦手でも観られるよ!
とオススメされやっとこ鑑賞。
(寝かせすぎて1人では無理だった)



怨念って怖いな。と終始感じた。

序盤から妻夫木聡演じる田原秀樹が鬱陶しすぎて妻夫木さんの笑顔に何度も苛立ちを覚えた。
妻夫木さんは何も悪くないのに。

映画自体はざっくり3部構成くらいかと。
1部は夫、父親目線、2部は妻、母親、女目線、3部はライター、能力者、(他人)目線。


⚠︎以下ネタバレ祭⚠︎


1部は
田原の薄〜〜い、適当、更にはイクメン気取りな部分。
·妊婦を何時間もこき使い、しんどいと伝えても「ウンウン、シンドイヨネー、アトスコシダカラ!」
·娘が怪我した際もパソコンをいじり、
·怪我した娘を利用して妻(黒木華)を下げる
(自分の評価を上げる)
·パパ友の会と称して夜に飲み会。
·パパ友じゃなくても夜に飲み会。
(大袈裟なキャバ嬢みたいな子もいたから深夜帯?)
·「俺は家族を大切にしている」発言。
もう、馬鹿なんじゃねえの。と。
だからイクメンって言葉嫌いなんだと。
亭主関白を履き違えた良いとこ取りしたい男。
本当に娘を愛していたんだろうけれど、自分の感情が優先だったのだろう。
妻に甘える夫(子供)だな。

2部は黒木華演じる香奈。
秀樹が原因で精神的にやられた所に付け入る秀樹の親友、津田(青木崇高)と不倫。
津田(妖怪:ドシタノ)は香奈が欲しかったのでは無く、秀樹をバカにしたかったんだろうな。

子供を忘れて派手な格好で逢いに行く姿がもう。
なりたくなかった自身の母のようになっていてゾッとした。

3部は野崎(岡田准一)、比嘉真琴(小松菜奈)、真琴の姉(松たか子)のストーリー。

真琴ちゃんが可愛くて健気でこの映画の中で唯一、心のオアシスだった。
ずっと真琴ちゃんに心持っていかれていてここのストーリーは言葉に出来ない。

柴田理恵がギャグ要素かと油断したらハチャメチャにカッコイイ。渋い。


友人がヒトコワ系だから、と勧めてくれた意味がわかった。
幽霊(目に見えないもの)系ホラーなんだけれど人の弱いところ、悪いところがジワジワドロドロ描かれている作品でした。

結婚てするもんじゃないなと感じてしまう。

強すぎる「アレ」だからなんだろうけれど
最強の陰陽師集団がパタパタと死んでいってしまうところ、笑ってしまった。
またまた観たくなり再見。やっぱり原作の力があるから多重構造の物語と、俳優陣の演技で一気に観せる。そして何度観ても、【原作版ぼぎわん】が出てこないのが残念。これで、原作版モンスターが出ればもっと凄い作品だったかな。

初回レビューは下記にて
http://moviekabooom.blogspot.com/2018/12/blog-post.html?m=1
へぇ。ってなった

除霊シーン、評判聞いてハードルを上げすぎていたのかもしれない

前半の夫婦は最悪すぎてめちゃめちゃ良かった!
主人公が死ぬ所も焦って慌てて必死でガチャガチャやるのが本当に情けなくて滑稽で良かった
カルビ

カルビの感想・評価

4.2
結構怖いシーンもあったけどテンポがよくワクワクして見れた
妻夫木聡キッショイ男の演技上手すぎ
久しぶりの日本ホラー

よくあるドロドロっと大きな音だけで怖がらせるものじゃなく、新しいホラーという感じがした

日常に潜んでいる僻み、悪意、苦しみ
人の弱い部分に"あれ"がつきまとう

劇中で虫(幼虫)をうまく使って魅せる点がよかった
子供たちの怨念をうまく表現していたと思う
eriko

erikoの感想・評価

3.8
ホラー要素はそこそこあるはずなのに、不思議なくらい全く怖くなかった映画。今まで怖いだけしか取り柄がないと感じていた某ホラー映画たちも、自分が気付いていなかっただけで、ホラーなりの演出や撮り方があって作られていたんだなと思い、個人的にはそれがすごく面白いなと思った。役者が活きていて、この人ってこんな演技できるんだと驚いたことも何度かあった。結末は賛否両論あるかも。
Hiraly

Hiralyの感想・評価

3.5
私オカルト好きだから
結構面白かった

ただの霊 じゃなくて
人間の闇 望まれない子供 社会の闇
そこにオカルトが混ざって
この世生きてくのまじでつれぇよ
ってなる


あと中島哲也と小松菜奈の相性は抜群だね。

これたぶん、友達の友達が企画ってか
プロデューサーしてるんだよな
当時こぞってみんながインスタのストーリーに
見たよ!ってタグ付けしてたから

何か、絶対その中で一番私が楽しいと思ったはずだし、まじでそれも人間の闇

あと、これ企画出して通して予算も大きいだろうし、実際ここまでのキャスト呼べてるのも
やっぱすごいよ
監督の人徳もあるのか


来たね。
70111

70111の感想・評価

3.8
どの点を主軸に評価すべきかが非常に難しい…!
高スコアつける人の気持ちも、低スコアつける人の気持ちも分かる。
確かにこれは、ホラーエンタテイメント。
とりあえず私はその点を評価する。
ラスト30分がいちばん面白くていちばんわけがわからない。

国を挙げての大除霊。国家レベルの規模となるとああいう風になるのだろう。
例えばかつてのリングなら呪いのビデオを観たら、とか、霊に呪い殺されるルールのようなものがあると思うんだけど、この作品のアレ(ぼぎわん)はとにかく理不尽に障ったものはドンドコ殺してく。中島哲也らしい演出と世界観だったな。

妻夫木聡の横面を引っ叩きたくなるくらいに腹立たしいイクメン(この名称も嫌いだけども)気取り男だった。すごい演技力。
黒木華は前から素晴らしい女優さんだと思ってはいたけどやっぱ良いなー!どんな役も似合う。最推し松たか子はやはり不動であった。
>|

あなたにおすすめの記事