トムトムさんの映画レビュー・感想・評価

トムトム

トムトム

映画館が暗くなる瞬間と明るくなる瞬間が好き。
洋邦ジャンル問わず映画は雑食系。
最低1.5最高4.5まで0.5きざみで採点。
それ以上以下は感情が振り切れた時用です。
2015年以降に鑑賞した映画のみです。
ベストムービーは2018年度鑑賞分です。

映画(743)
ドラマ(0)

マンマ・ミーア!(2008年製作の映画)

3.5

ほとばしるABBA力。
弾けるメリル・ストリープ。

何といってもABBAの楽曲の素晴らしさ。
青い空と海にABBAだけで成功でしょう。

しかしメリル・ストリープが弾ければ弾ける程、はしゃげばはしゃ
>>続きを読む

未来のミライ(2018年製作の映画)

2.0

ケモノと少年。

宮崎駿を継ぐ者と言われた細田守監督ですが、メカと少女へのフェティシズムを超絶演出力とテーマ性で隠しながらも隠せない宮崎駿に対して何というか丸出しというか全裸でこちらに向かって走って来
>>続きを読む

BLEACH(2018年製作の映画)

2.0

原作漫画、アニメ共に未見。
なのでキャストがハマっているかはわかりません。
特撮ファンとしてはヤンキーの福士蒼汰とクールな吉沢亮という組み合わせは「仮面ライダー フォーゼ」を思い出してホッコリします。
>>続きを読む

総長の首(1979年製作の映画)

3.0

中島貞夫監督の時代の変わり目に咲いた徒花的なごった煮カオス映画。
実際にあった山口組組長襲撃事件をそのまま映画に出来ず時代を大正から昭和への時代にシフトして映画化。

会社からの要請と自分の作りたい映
>>続きを読む

劇場版ポケットモンスター みんなの物語(2018年製作の映画)

4.0

子供とのNetflixでのポケモン映画マラソンも終わりとうとうリアルタイムでの鑑賞になりました。

毎回テレビシリーズ毎に軽くリブートしている本シリーズですが前作の「キミに決めた」から本格的にリブート
>>続きを読む

クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶ 踊れ!アミーゴ!(2006年製作の映画)

3.0

カスカベの住人がどんどんと人間以外の何かに入れ替わっていくというホラーな前半は本当に怖い。

テレビ版のしんちゃんでも時々放送されるネネちゃんのウサギ絡みのホラー回を全て演出しているムトウユージが監督
>>続きを読む

クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶ ブリブリ 3分ポッキリ大進撃(2005年製作の映画)

2.5

猛暑の中に外でサッカーをしようと言う子供を止めるのにNetflixは重宝しています。

別次元のエネルギー体から三分間だけヒーローになれる力を授かった野原一家というお話。

オープニングのみさえの朝の
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.8

現在、非常に話題になっている本作ですが観た人全員が何も知らずに観た方が良いと言っているので全てのレビューや某ムービーウォッチメンの評をスルーして待ち続け、やっと地元で公開が開始したのですぐさま鑑賞しま>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.0

前作の「ジュラシックワールド」が愛すべきバカ映画ですごく好きなのですが今作は少しトーンダウン。

とにかく矢継ぎ早に問題が降りかかってくるジェットコースタームービーなのですが息つく暇の無い映画は100
>>続きを読む

アーリーマン〜ダグと仲間のキックオフ!〜(2018年製作の映画)

3.5

連日の熱戦が続き盛り上がっているワールドカップに睡眠時間が削られまくっていますがそんな時期にぴったりのサッカークレイアニメです。
しかしこちらはまさかの劇場で一人鑑賞でした。

マンチェスターあたりに
>>続きを読む

椿三十郎(1962年製作の映画)

4.5

午前10時の映画祭にて4Kリマスター版鑑賞。
やはりメチャクチャ面白いですね。

「用心棒」の続編的な物語でお決まりの「そろそろ四十郎だがな」でテンション上がりまくりました。

非常に良くできたエンタ
>>続きを読む

グーニーズ(1985年製作の映画)

5.0

「ゴーストバスターズ」と「グーニーズ」この2作を劇場で観た事によって映画沼にどっぷりとハマる事になった僕にとって始まりの作品。
なので問答無用で満点です。

久しぶりに観てもやはり面白かった。

当時
>>続きを読む

クレヨンしんちゃん 暗黒タマタマ大追跡(1997年製作の映画)

4.0

豪雨の為に子供の学校が休校になったので仕事をキャンセルして父子2人の1日がスタートしたのですがやはり午後には体力が尽きて映画鑑賞に逃げました。

これメチャクチャ面白いですね。
当初はキャラクターが多
>>続きを読む

アメリカン・アサシン(2017年製作の映画)

3.5

レビュアースコアやロッテントマトのスコアを観てスルーしそうになりましたが参考にさせていただいているレビュアーさんのスコット・アドキンス愛にうたれて鑑賞。

メンター、師匠役のマイケル・キートンに期待し
>>続きを読む

宇宙戦隊キュウレンジャーVSスペース・スクワッド(2018年製作の映画)

2.0

前作が「ジャスティスリーグ ジャスティスの誕生」だとしたら今作は「シビル・ウォー」をやりたかったのだろうと推測される東映の戦隊モノとメタルヒーローのクロスオーバー作品。

見るからに低予算と無駄に多い
>>続きを読む

パンク侍、斬られて候(2018年製作の映画)

3.5

原作 町田康×監督 石井岳龍×脚本 宮藤官九郎なんてカオスの三乗なので原作は未読ですがある程度こうなるのではないかと予想していました。

個人的に石井聰亙監督とは「狂い咲きサンダーロード」や「爆裂都市
>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

4.0

フィル・ロード、クリス・ミラーの監督降板、ep8の世間での不評からの本国で興行成績の不振と悪い噂しか聞こえてこない散々な状況でハードルが下がって鑑賞した為か非常に楽しめました。
さすがロン・ハワード、
>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

4.8

まったくのノーマークだったのですが参考にさせていただいているレビュアーさんの高評価に急遽鑑賞。

好きな物が全て詰まった夢のような素晴らしい映画でした。
もう途中から号泣ですよ。
さすが外さないコンビ
>>続きを読む

V.I.P. 修羅の獣たち(2017年製作の映画)

4.0

女性を拉致し陵辱の限りを尽くし弄んだ後に絞殺する事に至上の喜びを感じる吐き気のするド外道が脱北した北朝鮮高官の息子だった為に巻き起こる争奪戦。

地位をかさに着て北朝鮮国内で非道の限りを尽くすグァンイ
>>続きを読む

ICHI(2008年製作の映画)

2.0

近年自立した強い女性を描く映画が世界的に増えてきており主役を女性に変えてシリーズをリブートさせた「ゴーストバスターズ」や「オーシャンズ8」なども話題になりました。

我が日本もそれに先駆けやっていたの
>>続きを読む

オンリー・ザ・ブレイブ(2017年製作の映画)

3.5

実際の出来事を元に森林火災と戦う消防士たちを描く。
J・K・シモンズのシゴキに飽き足らず今度はジョシュ・ブローリンにシゴかれにいくマイルズ・テラーのドMぶりが凄い。
なんか罵倒したくなる顔なんですかね
>>続きを読む

用心棒(1961年製作の映画)

4.7

午前十時の映画祭にて4Kリマスター版を鑑賞。今回は観たいのを結構見逃しており午前午後10時の映画祭にして欲しいです。

そりゃ面白いですよ。なんてわざわざ言わなくてもいい傑作です。
OPの三船敏郎の背
>>続きを読む

TATSUMI マンガに革命を起こした男(2010年製作の映画)

3.5

劇画の生みの親 辰巳ヨシヒロの半生を自身の作品を挟み込みつつアニメで再現。

寡聞ながら初めて辰巳ヨシヒロという漫画家を知って興味深く観られた。
人生を振り返る間に短編の作品を挟み込むことによって作風
>>続きを読む

グリーン・ランタン(2011年製作の映画)

2.0

デップーが最も殺したい男として名を馳せたグリーンランタン。
「レディープレイヤー1」を観たら「シャイニング」を「デッドプール2」を観たら今作を観たくなると思います。

巷で酷評されているほど酷くは無い
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.0

予告編の「オギー菌がうつるよ」「平気よ」のやり取りだけで毎回泣きそうになっていたので楽しみにしていた反面 予告編の内容が総てで只のお涙頂戴物だったらどうしようと思っていましたがイイ意味で裏切られました>>続きを読む

空飛ぶタイヤ(2018年製作の映画)

3.5

いや〜長瀬くんは男前ですね。
イケメンではなく男前、生まれ変わったらあんな顔になりたいものです。
今世でかなりの徳を積まないとダメですね。

実は大人気の池井戸潤原作のドラマや映画は観たことが無かった
>>続きを読む

ニンジャバットマン(2018年製作の映画)

4.0

バットマンがタイムスリップした先は第六天魔王 ジョーカーが安土城ならぬアーカム城から天下に覇を唱えようとする戦国時代の日本だった。

以上の文を読んで興味を持った人には楽しめる作品だと思います。

>>続きを読む

ビューティフル・デイ(2017年製作の映画)

3.5

リン・ラムジー監督作品は初見なんですが、めちゃくちゃ好みの作品です。
幻視的ノワールというか精神症ハードボイルドというか雰囲気を感じる作品です。

ストーリーで明かされる衝撃的な事実よりもホアキン・フ
>>続きを読む

あさがおと加瀬さん。(2017年製作の映画)

2.5

高校三年生の女子同士のイチャつきぶりを描くアニメーションと言う事で「リズと青い鳥」を思い出すがこちらはガッツリと付き合って性的な欲求も描いている。

力の入った背景は「リズと青い鳥」と同じだが演出は突
>>続きを読む

ゴッドファーザー(1972年製作の映画)

4.9

今さら今作が面白いと言っても仕方がない名作です。
久しぶり観てみると、アレ?もしかして洋画劇場とかで観ていてフルバージョン観たの初めてかも・・・
見覚えのないシーンが。

今作が無ければ「仁義なき戦い
>>続きを読む

ダーククリスタル(1982年製作の映画)

3.5

ずっと見よう見ようと思いつつも後回しにしていた作品。
最近ストップモーションアニメにハマっている事もあり勢いで鑑賞。
パペットの操演 マペットによってほぼ全編撮影されておりその技術力に驚く。

CGや
>>続きを読む

ルパン三世(2014年製作の映画)

2.0

やはり実写化となるとメインのルパン一味の再現度が気になりますよね。
皆さんは今作でどのメンバーが好きでしたか?
ルパン?次元?五ヱ門?不二子?マイケル?ピエール?ヨゼフ?
後ろ3人誰やねん。

実写化
>>続きを読む

30年後の同窓会(2017年製作の映画)

3.5

監督買いで観に行くリチャード・リンクレイター作品。
ベトナムの戦友たちが戦死した息子の遺体を運ぶ友人に付き合って旅するロードムービー。

面白いのは寡黙なドクをスティーブ・カレルがのべつまくなし喋り続
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.5

タイムリーと言うと不謹慎だが酷い幼児虐待死事件があったために開幕速攻で泣けてしまった。
「フロリダプロジェクト」と同じように貧困問題をメインで描いているのかと言えばそういう訳ではなく(もちろん根底には
>>続きを読む

グッドフェローズ(1990年製作の映画)

4.5

今更観ていなかったと言い出しにくい名作。
めちゃくちゃ面白い。

音楽の使い方、カメラワーク、実話ながら観客に語りかけてくる手法、この作品に後続の作品がとてつもない影響を受けているのがよくわかります。
>>続きを読む

狼の死刑宣告(2007年製作の映画)

4.0

平穏な家庭にあって息子をギャングチームに惨殺されたケビン・ベーコンが復讐を開始するが復讐が復讐を呼んでというお話。

一見してブロンソンの「狼よさらば」を思い出しますが原作小説の続編の映画化みたいです
>>続きを読む

>|