トムトムさんの映画レビュー・感想・評価

トムトム

トムトム

映画館が暗くなる瞬間と明るくなる瞬間が好き。
洋邦ジャンル問わず映画は雑食系。
最低1.5最高4.5まで0.5きざみで採点。
それ以上以下は感情が振り切れた時用です。
2016年以降に鑑賞した映画のみです。
ベストムービーは2018年度鑑賞分です。

映画(663)
ドラマ(0)

劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ 神速のゲノセクト ミュウツー覚醒(2013年製作の映画)

2.0

連続でシリーズを観ているとなんとなくわかるのですが前作の興行収入が良くなかった為に人気のミュウツーを引っ張り出してきたのではないかと邪推したくなる程の唐突な復帰です。

映画1作目の「ミュウツーの逆襲
>>続きを読む

劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ キュレムVS聖剣士ケルディオ(2012年製作の映画)

1.5

これは本格的にシリーズを観るのが辛くなってきました。
バトルのためのバトル映画で敵味方のポケモンともに魅力が足りない。

そういえば前作あたりからサトシくんはまたまたヒロインを取り替えましたね。サトシ
>>続きを読む

劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ/ビクティニと黒き英雄 ゼクロム(2011年製作の映画)

2.0

別バージョンと連続で見せられたのでどちらがどちらなのかイマイチ記憶に残りませんでした。

これは劇場に行ったり前売り券を買ったりするとゲームにポケモンが配信されるのでしょうがもしも両方行かないとダメな
>>続きを読む

劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ/ビクティニと白き英雄 レシラム(2011年製作の映画)

2.0

なんと同時期に90分の映画を二本上映していたみたいですね。
これは当時の親御さんは辛かったと思います。
2本の映画が逆視点で展開する訳でもなく細かな差異とメインのポケモンが違うだけなので両方観るのが非
>>続きを読む

劇場版ポケットモンスター/ダイヤモンド&パール 幻影の覇者 ゾロアーク(2010年製作の映画)

3.0

休日恒例の子供とのポケモン鑑賞ですがそろそろストーリーがパターン化されてきてツライ。
今作はゾロアを守り戦い続けるゾロアークの親子愛のヒューマン路線なのでまだ見れました。

過去作の伝説ポケモンを出す
>>続きを読む

さよなら、僕のマンハッタン(2017年製作の映画)

3.5

これ邦題間違えていませんか?
開幕してからどのジャンルの映画なのかわからないまま進行していった。
主人公の名字がウェブなのでマーク・ウェブ監督の自伝的映画なのかと思いつつ邦題からの類推で今や活気を失い
>>続きを読む

世界よりも強く(2016年製作の映画)

3.0

総合格闘技 UFC フェザー級の絶対王者だったジョゼ・アルドの自伝的映画。

ブラジルの治安も悪い最底辺で育ったジョゼの成功譚を描くのですが母に暴力を振るうアル中の父親への憎しみや怒りがあるとはいえそ
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.7

原作「ゲームウォーズ」読了済。
原作を読んだ方なら映画化と聞いて絶対に無理だと思っただろうしスピルバーグが監督と聞いてビックリしたと思いますがスピルバーグはやってくれました。

まさに80'sポップカ
>>続きを読む

パシフィック・リム(2013年製作の映画)

4.8

公開当時鑑賞して興奮のあまりすぐに吹き替え版を連続で見て特別上映の4DX版も観て未だにOPだけを何度も再生しています。

日本の特撮やロボアニメにリスペクトを捧げられた今作は絶対に嫌いになれない。
>>続きを読む

ブレックファスト・クラブ(1985年製作の映画)

4.5

最近映画の感想を書いていて「ブレックファストクラブ」的なというフレーズをよく使う事に気がつき本家をかなり久しぶりに鑑賞。

実は当時まだよくわからなかったのですが今回見直してみたらめちゃくちゃ面白い。
>>続きを読む

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

3.5

影を強調した撮影はどのシーンも素晴らしいし特にタイトルの出方は超かっこいい。

大まかな事績とフォトジェニックな容姿しか知らなかったのでその内面に焦点を当てた本作は興味深く観られた。

ユーモアと攻撃
>>続きを読む

映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~(2018年製作の映画)

4.5

定番のクレしん映画の今回のモチーフはカンフーだというので楽しみにしつつも気楽に鑑賞したらこれがどストライクに刺さった。

今作のMVPはマサオくん。
カンフーに出会って園庭でナゾの演舞を始めるマサオく
>>続きを読む

火垂るの墓(1988年製作の映画)

4.0

久しぶりに観ましたね邦画最強のトラウマ製造機。
クオリティが高いのがまた始末に悪い。
大人になって観るとおばさん目線でも見れていいです。

公開当時は「となりのトトロ」と同時上映という凶悪さで両方観た
>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

4.5

スピルバーグが演技を丸投げした名優2人のがっぷり四つの演技を観ているだけでも楽しい。
同じく早撮りで有名なイーストウッドが「15時17分、パリ行き」で実話を本人達に演じさせたのとは正反対の試みで興味深
>>続きを読む

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

2.5

世界中のロボファンを熱狂させた作品の続編という事で期待していたがデル・トロから監督が変更されて一抹の不安がありました。残念ながらそれが的中してしまいました。

「エヴァンゲリヲン新劇場版」の様に腰がく
>>続きを読む

ダンガル きっと、つよくなる(2016年製作の映画)

4.0

僕の中ではハズレの無い役者としてトム・ハーディと並ぶアーミル・カーンがまたやってくれた。
ストーリーは「巨人の星」的なド直球のスポ根父子鷹物語。

レスリングの元王者という設定にリアリティを持たせるア
>>続きを読む

クソ野郎と美しき世界(2018年製作の映画)

2.5

ジャニーズを抜けた元SMAPの3人が主演という事よりも爆笑問題の太田光が監督するオムニバス映画という事で「バカヤロー」シリーズを思い出した。

ある程度の年齢の方はご存知だと思うがストレスにさらされた
>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

4.0

現実では冴えないオタク男子がゲームの中に閉じ込められて・・というストーリーだけを見ればライトノベル原作のアニメの様ですがクールなイケメンではなくロック様になれる今作の方が個人的には夢があります。

>>続きを読む

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017年製作の映画)

2.5

僕が学生の頃はリュック・ベッソン映画といえばステキという時代が確かにあったと思うのですがいつからかリュック・ベッソン=ボンクラという認識が広がっていきました。
その境目となった「フィフスエレメント」の
>>続きを読む

トゥームレイダーファースト・ミッション(2018年製作の映画)

3.0

「トゥームレイダー」がリブートされるにあたってララ・クロフト役がアリシア・ヴィキャンデルになると聞いて一抹の不安を感じました。
というのもアンジェリーナ・ジョリーがとてつもなくハマり役だった為です。
>>続きを読む

ちはやふる ー結びー(2018年製作の映画)

4.0

凡百のマンガ実写化映画とは格の違う青春映画の傑作の続編として充分楽しめるが二年前に瑞沢かるた部として集まった若手俳優たちの成長物語を見ている様でとても感動した。

広瀬すずは言わずもがな主演や声優、名
>>続きを読む

曇天に笑う(2018年製作の映画)

2.0

原作、アニメ共に未見。
ファンの方には失礼だが映画館に行くたびに見せられたダンスCMには辟易していた。

立体にした時に違和感の無いアメコミとは違い二次元での見栄えを重視している日本のコミックのキャラ
>>続きを読む

エンド・オブ・ホワイトハウス(2013年製作の映画)

3.5

大統領を人質に取りホワイトハウスに籠城した北朝鮮のテロリストをジェラルド・バトラーが無双して倒すお話。
韓国からの米軍撤退や朝鮮半島の統一など今現在にタイムリーな題材。

先行の密閉空間でのアクション
>>続きを読む

トラック野郎 望郷一番星(1976年製作の映画)

3.5

現在の整った脚本、社会に対する問題提起、ポリティカルコレクトネスのしっかりとした映画群は確かに素晴らしい。
が、たまにはこんな無茶苦茶な映画を見たくなる。

子供連れでトルコ風呂で一汗流しウンチ、勃起
>>続きを読む

劇場版ポケットモンスター/ダイヤモンド&パール アルセウス 超克(ちょうこく)の時空へ(2009年製作の映画)

2.5

新シリーズが始まってからの3作は連作だったようで今作が完結編。

全ては創世神的なポケモン アルセウスの人間への怒りから始まったという事が明らかにされます。
アルセウスのデザインやCVが美輪明宏な事か
>>続きを読む

劇場版ポケットモンスター/ダイヤモンド&パール ギラティナと氷空(そら)の花束 シェイミ(2008年製作の映画)

2.0

前作からの続編で時間を司るポケモン ディアルガと反転世界のポケモン ギラティナのバトルのとばっちりを受けるストーリー。

正直ストーリーがとっ散らかっているし、すでに主人公達の身の丈にあったスケールで
>>続きを読む

トラック野郎 爆走一番星(1975年製作の映画)

3.0

「トラック野郎」シリーズ第2作。
当時思いもかけない大ヒットで急遽シリーズ化されただけあり一作目と全く同じストーリーとキャラ配置。
正直言って「トラック野郎 御意見無用」を観ていれば観なくても大丈夫で
>>続きを読む

劇場版ポケットモンスター/ダイヤモンド・パール ディアルガVSパルキアVSダークライ(2007年製作の映画)

3.5

今作は時間と空間を司る神と呼ばれるポケモン ディアルガとパルキアの闘いに巻き込まれた街を救うお話。
ゲームやアニメには触れていないのでさらにポケモンという概念がよくわからなくなってきました。

自らを
>>続きを読む

劇場版ポケットモンスター/アドバンスジェネレーション ポケモンレンジャーと蒼海(うみ)の王子マナフィ(2006年製作の映画)

2.5

休日の朝の恒例行事、子供とのポケモン映画鑑賞。

今回の舞台は海。
海のポケモン マナフィとの「フリーウィリー」的な物語を楽しめます。

今作は新たにポケモンレンジャーという職種が登場しました。
密猟
>>続きを読む

アナと雪の女王/家族の思い出(2017年製作の映画)

3.5

「リメンバー・ミー」と同時上映のアナ雪の後日談。
前座にしては22分と長すぎる気も。
ただ音楽に振り切った多幸感は中々のモノ。絶対にクリスマス上映にすべき。

ただアナ雪のスピンオフはそろそろいいかな
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.9

こんなん絶対泣くわ。

「トイ・ストーリー」シリーズでオモチャが動くというアイデアから少年期の終わりをスマートに描き「インサイドヘッド」でも普通ならやらない様な作品を作り上げてきたピクサーの実力は充分
>>続きを読む

招かれざる客(1967年製作の映画)

4.5

午前十時の映画祭にて鑑賞。

他のレビュアーさんも言及しているように「ゲット・アウト」を思い出す。

シドニー・ポワチエとキャサリン・ホートンの黒人白人カップルが主役ではなくスペンサー・トレイシー演じ
>>続きを読む

トラック野郎 御意見無用(1975年製作の映画)

4.5

なんとなく食わず嫌いでしたがメチャメチャ面白い。
あまりにアナーキーすぎる菅原文太演じる一番星桃次郎のカッコよさと可愛げは素晴らしい。

しかしなんと言ってもイチオシはやもめのジョナサンを演じる愛川欽
>>続きを読む

坂道のアポロン(2017年製作の映画)

3.5

原作既読。
実写化において一番の懸念であった千太郎を中川大志が好演。
陽性の塊のような笑顔が素晴らしい。

基本俳優陣は素晴らしくディーン・フジオカは初めてイイと思った。
だが主役である薫を演じた知念
>>続きを読む

空海 ーKU-KAIー 美しき王妃の謎(2017年製作の映画)

2.5

夢枕獏ファンなので原作も読了済。
原題の「沙門空海 唐の国にて鬼と宴す」→「空海 KU-KAI」→「空海KU-KAI 美しき王妃の謎」と情報が出るたびにタイトルがB級感溢れていくのが心配でした。中国題
>>続きを読む

仮面ライダーエグゼイド トリロジー アナザー・エンディングPartIII 仮面ライダーゲンムVSレーザー(2018年製作の映画)

3.5

トリロジー最終章として檀黎斗の物語としては良くまとまっている。
「檀黎斗神ではない、私は・・・」の流れはTVシリーズから追いかけているファンにとっては堪らない。

TVシリーズの病に対してはヒーローと
>>続きを読む

>|