トムトムさんの映画レビュー・感想・評価

トムトム

トムトム

映画クレヨンしんちゃん 謎メキ!花の天カス学園(2021年製作の映画)

4.0

しんのすけと風間くんの濃厚なブロマンス映画です。

前作を除き近年は橋本昌和と交互に監督を務める高橋渉が監督です。

  高橋       橋本
カンフーボーイズ  新婚旅行
ユメミーワールド  シリ
>>続きを読む

ジャングル・クルーズ(2020年製作の映画)

2.5

不老不死の霊薬たる奇跡の花を探しに植物学者エミリー・ブラントが危険が待ち受けるジャングルの探検の案内役に選んだのは……

ドウェイン・ジョンソン

はい終了。もう解決しました。

ロック様映画の最大の
>>続きを読む

Fate/Grand Order -終局特異点 冠位時間神殿ソロモン-(2021年製作の映画)

1.5

劇中だけで盛り上がっている感がすごかったです。

一応TVシリーズの「絶対魔獣戦線バビロニア」と劇場版の「神聖円卓領域キャメロット」の前後編は見ているのですが、ソシャゲをプレイしていないのでいまだに主
>>続きを読む

返校 言葉が消えた日(2019年製作の映画)

3.5

ゾクゾクする雰囲気が最高。

国民党による戒厳令下の台湾の学校を舞台にしたホラーです。
一部で話題になったゲームの映画化ですがゲーム原作映画の中でもかなり出来がいいんじゃないでしょうか。

日本統治時
>>続きを読む

白蛇:縁起(2019年製作の映画)

3.5

中国で大ヒットした作品で民間伝承の「白蛇伝」をモチーフに仙術、道士、妖怪、バトル要素を盛り盛りにしてあります。

東映アニメーションの「白蛇伝」の方が正統的ですしその作品の前日譚として見られるかと思い
>>続きを読む

サイダーのように言葉が湧き上がる(2020年製作の映画)

4.0

こういうド直球のボーイミーツガール物に弱いんですよね。

夏に見るのにぴったりな良作恋愛物だと思います。

俳句でしか周囲に想いを伝えられないチェリーと歯並びにコンプレックスを抱えるスマイルの初々しい
>>続きを読む

セイバー+ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記(2021年製作の映画)

3.5

例年であれば春にやっていたライダー+戦隊のオールヒーロー系映画です。

個人的にはこの系統はガワだけで大量のヒーローが十把一絡げで出てきてアクションもストーリーも適当でお祭り感覚とは名ばかりの低クオリ
>>続きを読む

SEOBOK/ソボク(2021年製作の映画)

3.5

心に傷を負い余命いくばくもない工作員と永遠の命と超能力を持つ人工生命体のソボクの逃避行を描く韓国産SFサスペンスブロマンスロードムービーです。

ストーリー自体はアニメとかでよく見る感じですね。ただ日
>>続きを読む

ピーターラビット2/バーナバスの誘惑(2020年製作の映画)

3.5

前作は可愛らしいウサギちゃんのほのぼのカントリーライフみたいな話かと思って鑑賞したら、血を血で洗う復讐が復讐を呼ぶ「仁義なき戦い」みたいな話でびっくりしました。

そして今作は悪のメンターであり父的存
>>続きを読む

唐人街探偵 東京 MISSION(2020年製作の映画)

3.5

初日の興行収入が実に164億円!
「アベンジャーズ エンドーゲーム」を超える初週興行収入の世界記録を持つ中国で大人気のシリーズの様です。

今作は舞台が東京ということもあり前作にも出ていた妻夫木聡に加
>>続きを読む

竜とそばかすの姫(2021年製作の映画)

2.0

やはり最近の細田監督作品との相性は悪いです。

「デジモンアドベンチャーぼくらのウォーゲーム」や「サマーウォーズ」に「美女と野獣」を足したみたいな感じです。

主人公のアバター名がまんまですし監督も言
>>続きを読む

ハニーレモンソーダ(2021年製作の映画)

2.5

予告で「髪はレモン、性格はソーダのような男の子」というどうかした惹句を聞いて「遊ってマーマレードみたい、マーマレードボーイだよ」でお馴染みの怪作映画「マーマレードボーイ」の再来かといてもたってもいられ>>続きを読む

任侠学園(2019年製作の映画)

3.0

テンプレート的なお決まりの展開でサクッと観られるコメディですね。
ヤクザ版「GTO」みたいな物です。

日本人は昔ながらの任侠道に篤い正義のヤクザ的なファンタジー結構好きですね。

西島秀俊はイイとは
>>続きを読む

100日間生きたワニ(2021年製作の映画)

3.0

普通に面白く観られました。

原作は読んでいませんでしたが騒動は知っていました。

ネット発で草の根人気でブレイクしたと思われた作品がパブリックエネミーとして見られがちな電通の仕込みだったと判明して…
>>続きを読む

ライトハウス(2019年製作の映画)

4.0

めっちゃ好き。雰囲気最高。
やはりA24は信頼できます。

「ゴジラvsコング」並みの迫力の「デフォーvsパティンソン」の演技合戦が堪能できます。

孤島の灯台で海から何かが這い出てくる恐怖や自らの内
>>続きを読む

東京リベンジャーズ(2021年製作の映画)

4.0

オモロいやん。

タイムリープを使いうだつの上がらない人生のやり直しと恋人の死の運命を回避するために奔走すると言ったストーリーです。
「代紋Take2」+「シュタインズゲート」みたいな話です。

原作
>>続きを読む

ブラック・ウィドウ(2021年製作の映画)

4.0

MCUフェイズ4の一番手になるはずが延期延期を経て4番手としてようやく公開。
久しぶりに劇場でMCU映画を観られて大満足です。

作品としてもとても良かったですね。

赤毛でセクシーな美女暗殺者という
>>続きを読む

トゥモロー・ウォー(2021年製作の映画)

3.0

うわーい、大味〜、ガバガバ〜。

いやでも嫌いじゃない。

大殺戮と大爆発とガバガバな作戦に主人公の独断専行をトッピング、家族愛を一振りして、ラストはタイマンの殴り合いで完成した90年代風味のアクショ
>>続きを読む

キングコング対ゴジラ(1962年製作の映画)

3.0

「ゴジラvsコング」を鑑賞したので未見だったオリジナルを鑑賞しました。

1962年の夏映画ということで敗戦から17年、アメリカのスターと日本のスター怪獣が戦うというシチュは当時の観客には特別な感慨が
>>続きを読む

ジャスティス・リーグ:ザック・スナイダーカット(2021年製作の映画)

3.5

上映時間4時間にビビっていましたがちょうどコロナワクチンを接種したのでワクチン休みを利用して鑑賞。

劇場公開版よりもキャラクターの掘り下げ(特にサイボーグ周り)がされていたりダークサイドなどの敵キャ
>>続きを読む

ゴジラvsコング(2021年製作の映画)

3.5

「マジンガーZ対デビルマン」や「貞子vs伽耶子」などの2大スターの対決物と言えば両者リングアウトや真の敵の前に共闘展開ではっきりとした勝敗をぼかすのが多いのでこんなにはっきりと勝敗をつけたのにびっくり>>続きを読む

ソウルフル・ワールド(2020年製作の映画)

4.5

素晴らしい。

音楽と色彩が素晴らしいので劇場で見たかったですね。

生きる意味、才能、何をするために生まれたのかを見つけられない人生はダメな人生ではなく人生や世界はすでに美しく素晴らしい。
世界を見
>>続きを読む

夏への扉 ―キミのいる未来へ―(2021年製作の映画)

2.0

S Fを好きになったらまず手に取る古典的名作S Fの実写化に不安がありましたが、その不安は的中しました。

今読んでも爽やかな読後感と逆にレトロフューチャー的な魅力のある世界設定が素晴らしいのですが反
>>続きを読む

Arc アーク(2021年製作の映画)

3.5

「三体」がメガヒットした劉慈欣を筆頭に勢いのある中華SFの中心的存在のケン・リュウの短編の映画化です。
「夏への扉」と新旧のSFが日本で実写化されるのは中々珍しいです。

原作は短編なのでかなりストー
>>続きを読む

あの夏のルカ(2021年製作の映画)

3.5

ピクサー最新作がDisney +で配信ということで観ました。よくできていますし面白いのですがそれほど爆発力のない手堅い感じでしたね。

人魚姫が自転車レースするみたいな話です。
日本語版EDテーマの「
>>続きを読む

クワイエット・プレイス 破られた沈黙(2021年製作の映画)

3.5

音を立てたら何者かに殺されるというワンアイデア・サスペンスとして良作だった前作ですが、クリーチャーの正体や弱点も割れていますし正直続編で何をするのかと危惧していましたが、なかなか面白かったです。

>>続きを読む

ザ・ファブル 殺さない殺し屋(2021年製作の映画)

4.0

“邦画にしては”などとわざわざ付けなくてもいい程にアクションが素晴らしい。

コレはひとえに主演に加えアクションコレオグラファーを務めるの岡田准一の体技のの素晴らしさです。

アイドル人気がありながら
>>続きを読む

モータルコンバット(2021年製作の映画)

3.5

コレだ、コレですよ。真田広之といえばニンジャですよ。
僕たちが世界に褒められたい真田広之はコレですよ。

今となっては邦画界では真田広之に「ニンジャやってください。」と言いにくいと思うので真田広之にニ
>>続きを読む

ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~(2020年製作の映画)

3.0

30代以上の方なら原田雅彦の泣き顔とともに記憶しているであろう長野冬季五輪のスキージャンプ団体金メダル獲得の裏方の活躍を描く感動物です。

正直タイミングや巡り合わせが最悪の悲運の作品だと思います。
>>続きを読む

アメリカン・ユートピア(2020年製作の映画)

4.0

デビッド・バーンかっこええ。
こんなイケ爺に憧れます。

トーキング・ヘッズは年代的に通ってきてはいないのですが興味深く見られました。
僕のユーザーネームはトム・トム・クラブから取ったことにしておこう
>>続きを読む

映画 さよなら私のクラマー ファーストタッチ(2021年製作の映画)

3.5

激泣きピアノ漫画「四月は君の嘘」の新川直司の女子サッカー漫画「さよなら私のクラマー」のアニメ版です。

正確には前々作でプロトタイプの短編「さよならフットボール」のアニメ化です。

男子に混ざっても圧
>>続きを読む

漁港の肉子ちゃん(2021年製作の映画)

3.5

いい映画だと思います。

美麗で情報密度の高いスタジオ4℃の作画には捻ったストーリーよりもこういうド直球の感動ストーリーの方が合っているのかもしれません。

企画・プロデュースを明石家さんまがやってい
>>続きを読む

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(2021年製作の映画)

3.5

公開延期に延期が重なりましたが無事公開されて何より。
しかし延期されまくって完全に失念していましたがこれ三部作だった……

というわけで凄い中途半端なところで終わりますし次回がいつになるか見当もつきま
>>続きを読む

Mr.ノーバディ(2021年製作の映画)

4.0

サイコー!!

いわゆる「ナメてた奴が実は殺人マシーンでした」物なんですが、その中でも屈指のナメられ顔のボブ・オデンカークが素晴らしいです。

オデンカークという響きがすでにオモロいです。

「ジョン
>>続きを読む

映画大好きポンポさん(2021年製作の映画)

4.0

面白かったですし劇場がいっぱいで嬉しくなりました。
こういう作品に人が入っているのはいいですね。

オチのかっこよさが秀逸です。
上映時間含めてそのために存在していると言ってもいいです。

原作は読了
>>続きを読む

劇場版 少女☆歌劇 レヴュースタァライト(2021年製作の映画)

4.0

個人的に大好きなシリーズでした。

ざっくり説明すると「魔法少女まどか☆マギカ」×宝塚歌劇団みたいな話です。
たった1人のトップスタアを目指す少女たちがオーディションという名の下にバトルロイヤルを繰り
>>続きを読む

>|