豆onpeets

グリーンブックの豆onpeetsのレビュー・感想・評価

グリーンブック(2018年製作の映画)
5.0
グリーンブック📚

グリーンブックとは黒人が旅をする時に泊まれる宿が書いてあるガイドブックである。


今作は実在する人物のお話。

⚪︎ピアニスト『ドンシャーリー』は18歳で既にプロとして活躍していたそうです。
そして実際にカーネギーホールの上に50年以上住んでいた。

⚪︎トニーリップは俳優になっているらしい、
1972年ゴッドファーザーに脇役で出演しているそうです。見なきゃねっ‼︎

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 📚主人公トニーがいい味出してる❗️📚

トニーは超絶差別主義者です。
1962年の時代背景もありソレが普通だったんだと思います。
作中に出てくる人種、手当たり次第見下します。

自身もイタリア系アメリカ人なのに😂
作中で「イタ公」wop、、、。と呼ばれてブチキレしてます😂😂w ww...

なのに、
インド人やアジア人、み〜んな見下してます😂

更には家に水道工事に来た黒人を家族皆んな軽蔑します。お爺さんなんて、「イタリア人の仕事を取りやがって‼︎」と罵ります。

トニーは妻があげた水のグラスを黒人が飲んだってだけで捨てます‼︎(グラスなのに‼︎)

そんなトニーが黒人の天才ピアニストとコンサートの為に旅に出るのです🥰🥰

お得意の軽口が多くて下品でお調子者なトニー。

その反面、知的で上品なドンシャーリー。

2人のキャラクター性が丁度良い塩梅でした😂ほのぼの。ほのぼの💖
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
   🥂お父さんと息子みたい🥂

トニーが石を盗んだ時、
車窓からゴミを捨てた時
ドンシャーリーがもう、お父さん過ぎて笑いが止まりませんでしたね😂😂!
「返して来なさい」「拾って来なさい」、、、
冷静に諭します😂😂
この2人の旅はめっちゃ良いですね❗️

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    💵同じ人種でも格差はある。💵

ドンシャーリーは黒人だけれども上流階級での生活が多い為、人との話し方や振る舞いは素晴らしいがチンピラ世界には疎い。

更にはお金持ちであるが故、同じ人種の人が過酷な労働をしている場面では居心地が悪そうであった。
そして同性愛者でもあった為、自分の所在に迷っていた。

トニーは対照的にかなりチンピラ的な世界に慣れている。盗みやら賭け事やら買収やら世渡り上手である。しかし、切れやすい為、決して上流階級での生活はできないだろう。

そんな対照的な2人が織りなす雰囲気は
この映画の醍醐味となっております⭐️⭐️
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    🥲涙がポロポロ作品🥲
友情って良いですよね⭐️
国籍とかセクシャリティなんて友情があれば関係ないんです。

何もかも超えた先に友情は有るのです。
そんな所に涙がポポロです🥲


とりあえず、豆は同じジャップでも友達になれない人は居るので人間結局は人柄だと思います🥺

後は相性なので無理に仲良くなろうとしなくても良いのではないのでしょうかね❓

みんなと仲良くは絶対に無理ですよ❓
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
     😋差別?された話😋

だいぶ前に海外旅行でタイに行きまして。

タイの人に「チャイニーズ」って友達が言われてました。。。
友達が「タイ語分からなくても悪口は分かるで」って怒ってて爆笑したんですがね😂😂

他にもAJINOMOTOって声かけられるジャップ達😂😂うえーん。企業名はやめてぇ〜😂

差別と言うより他の国の事って私達は何も知らないのだなぁ〜って色々反省しました😅

その「知らない」からこそ差別的になってしまう事も有るのでしょうし。

因みにイタリアではその子はモテモテでした😂
イタリアのおじさんからは電話番号を渡され、飛行機の中ではアテンドのお兄さんとタトゥーで盛り上がり😂(アテンドのお兄さんなのにタトゥー入ってて日本と違いすぎるところ。)
彼女はお団子頭で切長の目だからかな❓

モテモテ羨ましい😂

後、見た目で判断なんて絶対出来ませんね。
日本人だと思っててもハーフの子もいるし
海外の人だと思ってたらめっちゃ日本人の子も居るし。
日本で育った韓国の子も居るし。
日本人よりめっちゃ優しい中国の人もいるし。
カレーを良く食べに行くインド料理屋のインドのお兄さんは辛いのを凄い気にしてくれるし😁

皆んな素敵な人達ばかりなので人として尊敬してます☺️☺️
  ーーーーーーーーーーーーーーーーー

心にじ〜んと来るし、重たい雰囲気とかでもないので
是非とも皆様も軽い気持ちで見始めて下さい。

導入も飽きないし、
とても見やすい作品でした❣️

是非とも60年代の雰囲気も味わいながら御鑑賞あれ⭐️⭐️