たく

メランコリックのたくのレビュー・感想・評価

メランコリック(2018年製作の映画)
4.5
今年の邦画ベストかも。いやぁ良かった!

東大出てからアルバイトしかやったことのない和彦が成り行きで銭湯で働くことになり、そこでまさかの裏稼業に足を突っ込んでいく話。
人殺しや後処理をあたかも普通の仕事と同じように淡々と描いていく緊張と緩和の笑いで、後半から見事なバディ・ムービーになって行き、最後は人が生きる意味とは?って深い話になってジーンと感動した。
東大出ていい会社に就職することが幸せなのかってことだね。

和彦が松本から自分がいかに危険な立ち位置にいるかを諭されるシーンが怖くて、その直後に爆笑させてくれるのが最高。
あと、和彦が初めてお給料をもらった時に東大の卒業証書と給与袋をチラッと見比べて嬉しそうな表情をするのが、人生初めて生きる実感が湧いた感じを上手く表してた。

和彦を演じた皆川暢二が前半のボーっとした感じからだんだん人間味が出てきて自然と感情移入させてくれた。銭湯オーナーの東さんもいかにも優しい普通のおじさんってところが良かったし、チャラいだけと思ってた松本が仕事でキレキレの動きを見せるギャップとか、生きてて一つも楽しみがない孤独な寂しさを感じさせるところが良かった。
和彦の恋人が物分かり良すぎだろっ!って思ったけど、まあお似合いの二人だったね。

素人が危ない仕事に手を染めるのが「五億円のじんせい」に似てた。
題名の「メランコリック」は、和彦の抱えてる憂鬱な感情のことなんだろうね。