愛野弾丸

100日間のシンプルライフの愛野弾丸のレビュー・感想・評価

100日間のシンプルライフ(2018年製作の映画)
4.0
親友の2人がふとしたきっかけで大金を賭けた勝負に。
裸1つでスタート、必要な物は1日1つだけ倉庫から取り出す。
100日間でどちらが先にリタイアするかという映画。

まず導入部がコメディなので、
おもしろく・わかりやすく・入り込みやすい。
「シンプルライフの勝負」はあくまでシチュエーションで、
実際には2人を描いていくヒューマンドラマが本題。
所持品を選択していく中で得る物、一方で失っていく物…。
そして、本当に大事な物に気付いていく感動の映画。

物欲と消費社会への風刺が込められた映画。
このメッセージ性も個人的には大いに共感。
物に溢れ、豊かになった現代人に向けた内容。
本当の「幸せ」とは何か?を問う作品。

結末はだいたい予想通りだったけど、
そこに至るまでのプロセスが割と意外で楽しかったです。