RAMRIDER

ビバリウムのRAMRIDERのレビュー・感想・評価

ビバリウム(2019年製作の映画)
3.7
主人公たちの目線でみてるとほんとひどい目にあいっぱなしだけど少しづつ俯瞰でものをみはじめて世界観に慣れた終盤では思わず笑ってしまう不思議な作品でした。

出だしのあのモチーフ、あそこまでしっかり描ききるのちょっとくどいよな、と思ったらもともと映像畑の人のようで、妙に納得してしまった。謎めいた雰囲気にはそれなりにみんなが解釈できる答えが用意されているように感じたし、解釈が分かれるような描写もなかったような気がする。わかりやすいミステリーホラー。

随所のどうでもいい部分の描写に妙なこだわりがあって(圧縮袋とか)なんとなく「しんぼる」も思い出し(まったく違うストーリーなのでネタバレではないです)松本人志ひさしぶりに映画とってくんねーかな、と思った。