RAMRIDERさんの映画レビュー・感想・評価

RAMRIDER

RAMRIDER

良かった映画は3.5点。
すごく良かった映画は4.5点。
それ以上はオールタイムベストです。
古い映画には思い出補正がかかってます。

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.5

松岡茉優最強すぎる。

乗れるか乗れないか観る人によってわかれそう。だがおれは超乗れてしまった、という感じ。

ハリウッドがひれ伏した銀行マン(2014年製作の映画)

4.5

プラトーンの制作費が650万ドルって。映画ファンが好きそうな裏話がたくさん。

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

3.8

喋る動物映画は数多くあれど、犬の視点を通して「人間」ではなく「犬を飼う人々」を描くところにポイントを絞ってる点が新鮮だなと思った。

「与える」ことが「与えられる」と同義であるとあらためて感じました。
>>続きを読む

ムカデ人間(2009年製作の映画)

-

偶然ノックノックと立て続けに観たのでシチュエーションの類似が面白かったです。

全然面白くないんだけどムカデを真横から撮ったショットとか妙にきれいで感心してしまう。

ブレードランナー 完全版(1982年製作の映画)

4.0

オリジナルとファイナルカットは観てたので完全版でみなおし。

ジャック・リーチャー NEVER GO BACK(2016年製作の映画)

-

こんなにオーソドックスな映画もそうないなあというぐらい定番スタイルだった。定番というか今だにこんなに主要キャストが白人ばっかの映画も珍しい。

トム・クルーズの映画愛みたいなのとかアクションにかける想
>>続きを読む

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

どうなんでしょうか!今回のアウトレイジ!瀧さんのキャラクターはあれでよかったんだろうか。塩見さんの大病を患ったのちのあの演技はドキッとするものがあったがどうしてもビヨンドのときと比較してしまう。フリか>>続きを読む

おとなの事情(2016年製作の映画)

-

おもしろかったけど恋の渦のほうが数枚上手という感じがしました。みんないろいろ抱えている割にあっさりゲームに参加するのがちょっと納得いかなかった。

サスペリア PART2/紅い深淵(1975年製作の映画)

-

この一件以来、エレベーターには扉がつくようになったとさ
めでたしめでたし

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.9

ホラー、サイコスリラー大丈夫な人は必見。
予備知識無しでみたほうが楽しいです。

ヒトラーの忘れもの(2015年製作の映画)

3.5

これは邦題うまいよねえ。内容知らずに映画観はじめて10分で唸った。

愚行録(2017年製作の映画)

-

この顔ぶれでこのストーリーとなるとキャスティングでストーリーだいたい読めちゃうよう~。

ダンケルク(2017年製作の映画)

4.0

クリストファーノーラン初の史実物、かつ久々の非SFということでまったく作品の内容について予想がつかないまま鑑賞。実際観てみるとキャストの顔、ハンス・ジマーの音楽、そして何よりフィルム撮影された壮大な映>>続きを読む

レゴバットマン ザ・ムービー(2017年製作の映画)

4.0

いつものレゴムービーでありながら、ちゃんとバットマンシリーズとしての哲学もあって素晴らしいでした。

震災直後に公開された劇場版アンパンマンのアンパンマンとばいきんまんとか、悟空とベジータとか、いろい
>>続きを読む

ゴースト・イン・ザ・シェル(2017年製作の映画)

4.0

iTunes字幕/吹き替え購入。

原作が好きなので期待せずに観たらとにかく世界観や街並みが素晴らしく、それだけでずっと観てられるなと思った。

お馴染みの声優陣が吹き替え版を担当しているので、今自分
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.2

試写会で。感想はここ。おもしろかった。
http://eiganotensai.com/?p=957#comment-1245

スプリット(2017年製作の映画)

-

ナイト・シャマランと気付かずに観た。あとで気付いて納得。
アーニャ・テイラー-ジョイの顔が超好き。

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

4.0

いい戦争映画の見分け方は兵士の腸がはみ出るかどうか。

>|