RAMRIDERさんの映画レビュー・感想・評価

RAMRIDER

RAMRIDER

プラットフォーム(2019年製作の映画)

4.5

CUBEや松本人志「しんぽる」にも似た不条理密室サスペンスかと思いきや秀逸な世界観、巧みなルール設定でかなり好きな作品だった。登場人物の名前とか終盤で出てくる登場人物の持つ意味とかきっと深い意味がある>>続きを読む

花束みたいな恋をした(2021年製作の映画)

3.6

(ネタバレはしてないと思うけど全体についてかいてます)

恋愛の始まりから終わりまでを丁寧に描写した作品で、恋のはじまりから倦怠期を迎えるまでは特にきめ細やかに描かれるなと思った。そこから先はきっと何
>>続きを読む

ブラック・ウィドウ(2021年製作の映画)

-

映画とドラマの違いをどう位置付けてるのかがとても気になった。マーベル作品としてのクオリティは担保されてるけどファルコンやロキとの違いはどこにあるんだろう、とか。

パブリック 図書館の奇跡(2018年製作の映画)

3.5

それぞれの人間が自分の感情と役職や立場の間で葛藤している様子がしっかり描かれているのがよかった。誰も悪人はいないからこそ制度、仕組みを変えていかなきゃいけない。

貧困からくる万引きを「犯人と店員どち
>>続きを読む

ANON アノン(2018年製作の映画)

3.5

ガタカ、ロードオブウォー、ドローンオブウォーなど好きな作品の多いアンドリューニコルの観てなかった作品。意外と皆さんの評価低い?攻殻機動隊好きなら絶対好きだと思うけど観てる人が信じられる基準が曖昧すぎて>>続きを読む

フロッグ(2019年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

今どきここまで伏線→回収→どんでん返し、みたいな構成を照れずにやり切ってる映画も珍しい気がする。

ぱっとみ見事な脚本!みたいにみえるけど、フロッグ2人の行動や動機に一貫性がないせいか後半の展開は「同
>>続きを読む

事故物件 恐い間取り(2020年製作の映画)

-

2時間佐藤健だと思って観てた主役が亀梨くんだったことに気づいた瞬間が一番こわかった。

楽園の夜(2019年製作の映画)

4.0

ソナチネ、その男、アウトレイジ。どこを切り取ってもたけしオマージュがすぎる。最高。どう考えても若頭(?)のモデルは白竜だしラストシーンにいたってはもはや隠す気もなくて清々しい。全然嫌な感じがしないのは>>続きを読む

市民ケーン(1941年製作の映画)

3.6

恥ずかしながらやっと鑑賞。極端に古い映画やモノクロ映画への耐性が低くていつも挫折してしまうのだけど今回はMankを観るために先に観た。公開が今から80年前の1941年、どれだけ多くの映画作品に影響を与>>続きを読む

ホテル・ムンバイ(2018年製作の映画)

4.7

これを見落としていたとは。

冒頭の従業員のアルジュンが靴をなくして遅刻してくるさりげないシーンが本当に素晴らしい。あのミスをみせることで、彼がどこにでもいる普通の人であること、料理長が非常に厳格だけ
>>続きを読む

パッセンジャーズ(2008年製作の映画)

3.0

意外性はないけど読後感がわるくない佳作タイプの一本かなと思った。

オールド・ガード(2020年製作の映画)

3.7

何百年も生き続けている不老不死の人間(?)への想像力をフルに働かせながら観るとより味わい深くなる作品だなと思いました。

ラストバトル?のシーケンスだけがよくわからなかった。

ビバリウム(2019年製作の映画)

3.7

主人公たちの目線でみてるとほんとひどい目にあいっぱなしだけど少しづつ俯瞰でものをみはじめて世界観に慣れた終盤では思わず笑ってしまう不思議な作品でした。

出だしのあのモチーフ、あそこまでしっかり描きき
>>続きを読む

ランボー ラスト・ブラッド(2019年製作の映画)

3.5

どうしても内戦や紛争などのいわゆる戦場を期待してみてしまうので小さくまとまった作品だなーと思ってしまった。ランボーではなく元傭兵のおじさんという設定だったらシュワちゃんのラストスタンドみたいに自然に観>>続きを読む

エンディングノート(2011年製作の映画)

4.5

やっとみれた!Netflixにきてた。セル版しかなくて長いことレンタルでもみつけられなくてもう買うかと思ってたとこにきた!公開から10年もたってた。

とにかくずっとカメラ回し続けた監督すごい。「娘が
>>続きを読む

ホムンクルス(2021年製作の映画)

3.5

とにかく「片目シーン」の再現度が素晴らしくてそれだけでも観る価値ある。原作のマンガにおける重要なビジュアル部分の再現度が高すぎるせいで「なんのために映画化するのか」という目的を見失うほど。映画化という>>続きを読む

止められるか、俺たちを(2018年製作の映画)

3.7

撮影現場におけるハラスメントの問題に関心が高い白石監督が撮ってるからこそ安心して観れる題材、内容だった。キャストがとにかく豪華なのに誰一人悪目立ちしていない。こんなにエンディングのキャストをみるのが楽>>続きを読む

ヤクザと家族 The Family(2021年製作の映画)

4.1

ヤクザ版「世界で一番悪い奴ら」だね。1人の俳優で半生を撮るスコセッシスタイルの映画、それを邦画で観れるというだけで満足度高い。

「世界で」のときも思ったけど綾野剛は中年の役には違和感あるけど壮年期に
>>続きを読む

ノマドランド(2020年製作の映画)

3.5

風景がよかった。
Amazonねえ、便利だよねえ。困ったもんだ。

ミナリ(2020年製作の映画)

3.5

いろいろ自分の環境と照らし合わせたときのあるあるが多すぎて切ないを通り越して笑ってしまった。菊次郎感もあったね。

この映画がアメリカで評価されるのは一過性のブームとかではなく、移民や混血が進んだ結果
>>続きを読む

レッドブル(1988年製作の映画)

-

シュワちゃんが若い。資本主義国と共産主義国という主義、文化の違う刑事同士の共闘バディもの、ってかんじだけどさすがに人物描写に時代を感じた。でも赤の広場でハリウッド映画が撮影されたのはこの作品がはじめて>>続きを読む

82年生まれ、キム・ジヨン(2019年製作の映画)

3.8

とにかくすごいのは劇中のセリフが1ワードとも無駄なく「女性の生きづらさ」に直結してるということ。一人でも多くの男性に観てほしいと思う気持ちはあるんだけど、さすがに娯楽としての映画の枠を超えて啓蒙作品み>>続きを読む

すばらしき映画音楽たち(2016年製作の映画)

4.0

これは音楽を仕事にしてたら観ないとな、と思ってみた。いろいろヒントが詰まってました。

なぜ君は総理大臣になれないのか(2020年製作の映画)

3.5

いやー難しい。

17年にわたって一人の政治家を記録し続けてるという意味ですごく貴重な映画だし、やっぱりドブ板選挙の生々しさは見応えある。誠実な人柄が見て伺えるけど、当然カメラの前での態度なので、段々
>>続きを読む

>|