RAMRIDERさんの映画レビュー・感想・評価

RAMRIDER

RAMRIDER

良かった映画は3.5点。
すごく良かった映画は4.5点。
それ以上はオールタイムベストです。
古い映画には思い出補正がかかってます。

映画(1295)
ドラマ(0)

鬼はさまよう(2015年製作の映画)

-

よくある警察側が無能すぎるパターンのやつだった。いいところもたくさんある映画でしたが、犯人取り逃がしすぎ、監視があますぎかなと。

全員死刑(2017年製作の映画)

-

瑞々しい商業作デビュー。
音楽の使い方が面白い。

孤高の遠吠もよかったし、引き続きいっぱい撮ってほしい。

かぐや姫の物語(2013年製作の映画)

4.5

数年ぶりに観返して評価がさらに上昇。
メルマ旬報に本作について書きます。

2018年にみるべき映画だなと思った。なぜ5年前に高畑勲がこんな映画をつくれたのかが本当に不思議でしょうがない。

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.0

接待映画だから観てたら気持ちよくなっちゃうのはしょうがないとして、悪役のなんともいえない80年代感、ジュブナイル感もなかなかよかった。

画面の端々まで観ようと普段あんまり劇場では選ばない吹き替え版を
>>続きを読む

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2016年製作の映画)

4.0

「ソウルの春」追体験映画としてかなり素晴らしかった。
史実ベースであるもののおそらくかなりの脚色があると思われるのでその辺の線引きができる大人の娯楽大作という感じ。

この作品の時代を経てサニーの時代
>>続きを読む

サバイバルファミリー(2017年製作の映画)

-

ハッピーフライト、ウッジョブ!は好きなんだけどこっちは全然はまれなかった。

父親と妹のキャラクター、型にはめたいのはわかるけど劇中ずっと文句がうるさすぎて普通にうんざりして嫌な気持ちになってしまった
>>続きを読む

アウトサイダー(2018年製作の映画)

-

やっぱNetflixオリジナルの映画に過剰な期待をしていはいけないのかなあ。
「ヒトラーのわすれもの」素晴らしかったのに。

良いところもいっぱいあったけどさすがに脚本がミニマルすぎて。
色調補正ミス
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.3

あー。

、、、あ?

あああああ、、、、!!

あーっ

あっ?

ああ、、。

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.0

シナリオ、続編としての作り◎
前作でのキャラクター作りがほほ完璧だったのでうまくできてた。人死にすぎかなってのはあるけど。

CGに振り切った世界観△
トランスフォーマーみたいなノリは若干あいませんで
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

3.7

ジェダイの連中っていつもそうな!って感じの映画だった。終盤に出てくるおまえ!今までなんの役にも立ってねえくせに偉そうなこと言うな!って思った。ジェダイの主要キャラは昔から自分勝手な卑怯者が多い。

>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.5

松岡茉優最強すぎる。

乗れるか乗れないか観る人によってわかれそう。だがおれは超乗れてしまった、という感じ。

ハリウッドがひれ伏した銀行マン(2014年製作の映画)

4.5

プラトーンの制作費が650万ドルって。映画ファンが好きそうな裏話がたくさん。

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

3.8

喋る動物映画は数多くあれど、犬の視点を通して「人間」ではなく「犬を飼う人々」を描くところにポイントを絞ってる点が新鮮だなと思った。

「与える」ことが「与えられる」と同義であるとあらためて感じました。
>>続きを読む

ムカデ人間(2009年製作の映画)

-

偶然ノックノックと立て続けに観たのでシチュエーションの類似が面白かったです。

全然面白くないんだけどムカデを真横から撮ったショットとか妙にきれいで感心してしまう。

ブレードランナー 完全版(1982年製作の映画)

4.0

オリジナルとファイナルカットは観てたので完全版でみなおし。

ジャック・リーチャー NEVER GO BACK(2016年製作の映画)

-

こんなにオーソドックスな映画もそうないなあというぐらい定番スタイルだった。定番というか今だにこんなに主要キャストが白人ばっかの映画も珍しい。

トム・クルーズの映画愛みたいなのとかアクションにかける想
>>続きを読む

>|