てるる

マッド・ハウスのてるるのレビュー・感想・評価

マッド・ハウス(2019年製作の映画)
3.9
未体験ゾーン延長戦8本目!

マッドハウスといってもアニメ制作会社ではございません。

カルト教団「SYNANON Charch」をモデルにした映画なんだとか。

日本では知名度低めだけど、元々はヤク中・アル中のリハビリ施設だったのが、段々とカルト化したんだそうな。
怖いですね!

ちょっとアニャ・テイラー・ジョイみのある主人公が、父親から離れて新しい生活を始めるためにL.Aへ。
新しいアパートの住人は皆親切だったが、夜な夜な聞こえる配管の工事音に悩まされる…

カルト教団が信者を洗脳していく方法は様々あるけど、これもキツい。

言葉や暴力による脅しだけでなく、物理的にも精神的にも世間から孤立させられるのが恐ろしい。

もちろんこういうカルト系では目新しい手法ではないけど、カルト集団の恐ろしさはきっちり感じられる。

自分ならどこまで抵抗出来るだろうか。

ラスト10分くらいから怒涛の展開。
絶望と希望が入り交じるラストシーンが秀逸で点数マシマシ。

主人公演じるニコール・ブライドン・ブルームが、最初はあまり美人に見えない。
でも痛い目にあうにつれて魅力が増してく系美人だった。