koki

アイダよ、何処へ?のkokiのレビュー・感想・評価

アイダよ、何処へ?(2020年製作の映画)
4.3
翻弄されてきたバルカン半島の歴史(できればハプスブルク家vsオスマン帝国から)を予習してから見ると、より陰惨さがブーストされるはず。

イスラム、カトリック、正教が入り乱れての三つ巴。

セルビア=悪、ボシュニャク人=善という近視眼的な見方ではなく、是非多面的に捉えて欲しい作品。

内戦後のラストシーンはかなり不気味なので刮目。

1時間20分からが白眉。

他のユーザーの感想・評価

なんかちょっとものたりなかった。
なんで戦争てなくならないんですかね。
100shimo

100shimoの感想・評価

3.5
戦争ものというだけであとは何の前情報も入れずに鑑賞。
画面からの緊張感が凄いです。旧ユーゴあたりは民族や宗教が複雑で歴史も難解ですよね。
NATOの空爆に抗議した“ピクシー”ストイコビッチぐらいしか覚えていません。
今作のスレブレニツァの虐殺については恥ずかしながら、まったく知りませんでした。
家族を守ろうと奮闘するアイダ、気持ちは分かりますが、“自分たち家族だけ助かればいいのか?”と疑問に思ってしまいました。でも、たぶんそれでいいんだと思います。
こういう映画こそ多くの方に届いてほしいですね。
Yuta

Yutaの感想・評価

4.5
こんな大虐殺が行われていたとは。きちんと検証して、こういう事が起きないようになってほしいが・・・わかっていながら、助けられない歯痒さ。残された主人公の立場、いたたまれません。
ながの

ながのの感想・評価

4.5
人の愚かしさを記録した映画。
こんな事が歴史ではなく、現在だって起こっている。
日本でだって少し道を間違えたら簡単に起こってしまいそう。
それくらい人って学ばない。

現在進行形で起こっていても、それを受け入れない人間だって多数存在してるしな。

だからこそ、こういう映画には、本当にただただ辛いけれど価値がある。
撮らなくちゃいけないのだと思う。

舞台背景についての説明は一切ない。
ただ、それでも起きている悲劇に関しては十分理解できる。
これをきっかけに勉強しようと言う気にもなる。

観ておくべき映画の一つかもしれない。

ホント国連……。

エッチなシーンは無し。

2023年38本目
ay

ayの感想・評価

4.0
国際刑事法を形作る”最も悲惨な場所の経験”の一つとして挙げられる旧ユーゴスラビア紛争の事象がわかると、お薦めされた映画。民族浄化と呼ばれるジェノサイドがいかに酷いものかがわかった。
このような悲惨な状況をなくすために、国際法、国連がしっかりと機能するようになって欲しい…。
yukko

yukkoの感想・評価

3.5
ひっっっでぇ話。
ナチスやん💢

職権乱用してるアイダにシラケて観てたけど、
う〰️〰️〰️ん、アノ状況じゃそうなるか…

はぁ…ホント、ため息しか出ない。。。

アイダ、お産助けてたりイイ人なんだろうけど、顔が意地悪婆さんだから感情移入できなかった💧
申し訳ないけど。

とても酷い話ではあるけど、映画としてはイマイチ。
衝撃もさほど。
まあ、実話だとね、限界あるよね。

ラスト、おもいっきり匂わせてるけど、よしなよ?
じょり

じょりの感想・評価

3.5
アカデミー賞国際長編映画賞ノミネート作品。

国連の通訳者として働くアイダ。戦争の侵攻から家族を逃すため奔走するのだったが。。。

実話ベースです。

どの地域の戦争映画でもそうだけど、本当に人間のクズみたいのが1人いるからそいつのせいで多くの人が犠牲になる。

今作では描かれていないが移送の後女性や子供だってどんな目に遭わされてるか。。。
戦争は本当にダメだよ。今のロシアとウクライナも早く終結してほしい、きっと規模の違いはあれど似たような事は起きてると思う。

ラストのあのおっさんってセルビア軍の奴だよね?自分達が使っていた部屋にあいつが来るなんてなんだよその偶然。辛い。
ラスアスの監督に抜擢されたから気になってたやつ。見放題配信ありがとうUnext。
国連の通訳という立場で他の人よりも動ける分、動いても結果なす術がないという状況は地獄。終戦後のあの展開も地獄。歴史的背景がわからなくても何が起きているのかはすぐわかる構成・演出・没入感はすさまじいの一言
 家族を守りたいという至極真っ当な動機に突き動かされるアイダの言動が、数万人の命が関わる大局を前に身勝手な利己主義に見えてしまう怖さ。
 どうにもならない現実を前に、それでも足掻く人々を、そういえば映画はあまり描いてこなかったのかもしれないと思った。
Wataru

Wataruの感想・評価

3.4
様々なメリット視点を持つことで、いろんな感想や示唆を得られる作品だと感じた。

当事者の視点
傍観者としての視点
歴史を知ることで、どの立場から見る視点
「アイダよ、何処へ?」の感想・評価を全て見る

kokiさんが書いた他の作品のレビュー

8人の女たち(2002年製作の映画)

2.0

日本の舞台監督が安直に手を出しそうな軽薄なコント映画。

特にミュージカル要素もなく、テンポも悪い。

途中から犯人が誰でもよくなってくる。

とにかく展開と人物相関が浅薄過ぎて…。

顛末も何だかな
>>続きを読む

マンディンゴ(1975年製作の映画)

3.5

顛末だけが気になったので最後まで鑑賞。

黒人と女性をどこまでも差別的に侮蔑的に、客体化して描いた嫌悪感極まりない作品。

ストーリーが面白ければ、苛烈で酸鼻を極めた内容であっても映画として楽しめるが
>>続きを読む

ひまわり(1970年製作の映画)

4.3

斯くも不幸な顛末で納得のいく恋愛モノがあったであろうか。

古さゆえの粗雑感は否めないものの、お互いの桎梏さが実に痛切に描写されていて抉られた。

音楽も作品の寂寥感をブーストさせていてグッド。

>>続きを読む

ビフォア・サンセット(2004年製作の映画)

4.3

しょんべん臭いお子ちゃまでは、空気感、間合い、駆け引き、会話の滋味さまでは分かるまい。

思い出の人を思い出しながら、パリの思い出を思い出しながら見られる人は抉られるんでないかい。

特に過不足ないパ
>>続きを読む

晩秋(1989年製作の映画)

4.0

惜しいっ!
ほんとは4.3なんだが、序盤から中盤にかけてのいささかの冗長さがいただけない。

ただ、父子関係の描き方は白眉でそれなりに抉られた。

80年代にこの手の問題に着目した点は瞠目。

泣ける
>>続きを読む