ボスニア・ヘルツェゴビナのおすすめ映画 32作品

ボスニア・ヘルツェゴビナのおすすめ映画。ボスニア・ヘルツェゴビナ映画には、ヤスミラ・ジュバニッチ監督のアイダよ、何処へ?や、ハザール・エーギュチルが出演する読まれなかった小説、鉱 ARAGANEなどの作品があります。

製作国で探す

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

アイダよ、何処へ?

上映日:

2021年09月17日

製作国:

上映時間:

101分
3.8

あらすじ

1995年、夏。セルビア人勢力によって占拠されたボスニア・ヘルツェゴヴィナの町、スレブレニツァ。2万5千人もの住人たちが保護を求めて国連基地に集まっていた。国連平和維持軍で通訳として働くア…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

[どこへ行くアイダ?ローマはどうなった?] 60点 歴史に残る大きな事件の当事者として最前線を俯瞰的に眺める立場にあ…

>>続きを読む

【我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか】 第93回アカデミー賞国際長編映画賞に『ノー・マンズ・ラ…

>>続きを読む

読まれなかった小説

上映日:

2019年11月29日

製作国:

上映時間:

189分
3.6

あらすじ

シナンの夢は作家になること。大学を卒業し、トロイ遺跡近くの故郷へ戻り、処女小説を出版しようと奔走するが、誰にも相手にされない。シナンの父イドリスは引退間際の教師。競馬好きな父とシナンは相容…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

私はこの小説読んでみたかったな、と思った。 予告編で感じた印象とは全く違っていた。父親はギャンブルにのめり込んでしま…

>>続きを読む

井戸のなか 最近、父の七回忌を済ませた。 なかなか、共通の価値観を見出せず、二人には軋轢も多かったような気がする。 お…

>>続きを読む

鉱 ARAGANE

上映日:

2017年10月21日

製作国:

上映時間:

68分
3.8

あらすじ

ボスニア・ヘルツェゴビナ、首都サラエボ近郊、100年の歴史あるブレザ炭鉱。この知られざる地下世界をひとりの日本人が単身、カメラを持ち生々しく捉えた。 一筋のヘッドランプの光だけが映しだす…

>>続きを読む

監督

おすすめの感想・評価

東京・渋谷、アップリンクの「見逃した映画特集2017」で鑑賞。実は見逃した、というよりは2017年10月にK's ci…

>>続きを読む

最高、至高、至福の60分、究極のノイズ/インダストリアル/エクスペリメンタル/サウンドアート作品。これに関してはもう完…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

内戦時、根暗な詩人が親のいない子供2人と出会って国境を越えようとする話なのですが(確か) 昔に見て、初めて内戦という…

>>続きを読む

苦労して買ったDVD。TSUTAYAにも楽天にもなかった。こんな名作を埋もれさせていいのだろうか。絶望のなかにいて、そ…

>>続きを読む

好きにしな

製作国:

上映時間:

15分
3.0

あらすじ

ある日アパートの玄関前に現れた見知らぬ女。どうやらここに居着く気でいる女を見て、アパートの主人はひどく嫌がった。あの手この手で座り込み女を追い払おうとするが、「好きにしな」の一言で華麗にか…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

tetsuさんが紹介していたので気になって鑑賞してみましたが何とでも解釈できる難しい作品に出会いました。 第一印象は…

>>続きを読む

ブリリアショートショートシアターオンラインにて、鑑賞。 玄関に居座り続ける謎の老婆。彼女を何とかして追い払おうと、住…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

サラエボに住むシングルマザーのエスマと12歳の娘のサラ。ボスニア紛争の傷跡が残る街で、自分たちの過去と真実に向き合う親…

>>続きを読む

中年の母、エスマは集団セラピーで瞑想しながら、自分が妊娠した時のことを、はらはらと涙を流しながら語りだす。 「妊娠し…

>>続きを読む

サラエヴォの銃声

上映日:

2017年03月25日

製作国:

上映時間:

85分
3.3

あらすじ

2014年6月28日、第一次世界大戦勃発のきっかけとなったサラエヴォ事件から100年。サラエヴォ最高のホテル「ホテル・ヨーロッパ」では、記念式典が行われることになっていた。ホテルの屋上で戦…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

第一次世界大戦のきっかけとなったサラエヴォ事件。 現ボスニア・ヘルツェゴビナの首都サラエヴォの高級ホテルでは, それか…

>>続きを読む

サラエボの老舗ホテルが舞台。広く明るく趣を感じるロビーとは対照的に、湿っぽく照明が最小限に抑えられた暗い従業員スペース…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

トルコの巨匠 ヌリ・ビルゲ・ジェイラン監督作品 第64回カンヌ国際映画祭で自身2度目となるグランプリを受賞したサスペ…

>>続きを読む

「昔々、あるところで」という昔話の冒頭をもじったようなタイトル。せっかちな人には絶対勧められない、トルコ発のスローライ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

驚くほど貧しく、驚くほどに妻を愛している男の映画、というよりセリフ数えるほどの淡々としたドキュメント映像みたいな…🚘 …

>>続きを読む

ボスニアヘルツェゴビナで暮らすロマ族の家族を追ったドキュメンタリータッチの物語。主人公はスクラップのクルマを解体して鉄…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

感想川柳「のうのうと 裏で手を組み 知らん顔」 予告が気になって観てみました。φ(..) サラエボの虐殺現場のレポ…

>>続きを読む

あることが原因で、花形戦場リポーターから落ち目になった リチャード・ギア演じるサイモンと、かつて名コンビだった 戦場カ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

内戦も終わり、街は復興しつつあるサラエボ。そこに航空会社のCA職員として働く女性と空港の管制官として働く男性のカップル…

>>続きを読む

ボスニア・ヘルツェゴビナの首都、サラエボ。激烈な紛争も終結から10余年が経てば復興が進み、戦乱の傷痕は街角から消えてい…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

会話聞いても何語かわからない映画好きです。 本作はスロベニア語中心でたまに英語。 スロベニアの首都リュブリャナと郊外…

>>続きを読む

“Slovenian Girl”という名前でコールガールの仕事をしている女子大生のサーシャはためたお金でマンションの一…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

※去年のベストに選出した作品で、書いたのが一年ほど昔なので大分青臭いのですがお許しください。 [素敵な場所は、ここで…

>>続きを読む

ボスニア・ヘルツェゴビナの女性監督Ena Sendijarevicの長編デビュー作。 母とオランダで暮らすボスニア人…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

オンライン映画祭"マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバル"にて鑑賞。 (本作を含む長編作品は、アマプラ、U-NEXT…

>>続きを読む

今年のMyFFFはアマプラで長編作品が全て観れるという大盤振る舞い🙌🏻✨ (もしかして去年もだったのかな?) 可能な限…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

クリスティ・プイウ監督作。 ルーマニア映画。 今作も今年のカンヌでパルムドール作品以上に評論家の間で話題になったので鑑…

>>続きを読む

丁度長尺のものを観たら無理やりよかったところを探すって話してたからズバッと言うけど、早くご飯食べろよ!!!!!!! …

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

友達に誘っていただきイスラーム映画祭というものに参加。普段1人では絶対に行かないので貴重な体験をさせてもらった 映画…

>>続きを読む

シリアからトルコに逃れた戦争孤児達。 トルコ国境沿いに建てられた孤児施設は、トルコが建てた物ではないとの事。 シリア人…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

[六つの場面、五人の貴族、三つの会話] 90点 大傑作。自身の作品が開祖的存在となったルーマニア・ニューウェーブも、…

>>続きを読む

【貴族のマウント合戦に参加しないか?】 第70回ベルリン国際映画祭エンカウンター部門にて監督賞を受賞し、2020年のカ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

1995年、終戦間もないボスニアで地雷撤去作業を行うツェレ中尉の小隊が廃工場の地下に閉じ込められている男を発見。ダバと…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

隠さないことがすばらしいっていうえいが。 「過去に向き合うことは未来へと繋がる」という、割とけっこうありふれたテー…

>>続きを読む

戦争難民としてサラエボからスウェーデンに移住したズラタンは娘(超かわいい)の強い希望で、23年ぶりに故郷を訪れる。 …

>>続きを読む
>|