nam

ある用務員のnamのレビュー・感想・評価

ある用務員(2020年製作の映画)
3.7
「学校を舞台に始まる殺し屋達のバトルロワイヤル」

「ベイビーわるきゅーれ」で知った阪元裕吾監督の前作。「最強殺し屋伝説 国岡」「黄龍の村」と続けて観ましたがこちらはややシリアス要素強めで、コメディ色は抑えめ。

理由としては本作は脚本家が別の方だからというのもある気がします。とはいえ合間のちょっとした会話のオフビートさのセンスは本作でも感じられました。

前半は抗争のお膳立てで、後半からは学校という限定空間を舞台に様々な殺し屋達が押し寄せ、用務員に扮してた主人公の戦いが始まります。

様々な殺し屋の中でももっともキャラクターとして立っていて、魅力的だったのは「ベイビーわるきゅーれ」でも演じた高石あかりさんと伊澤彩織さんによ?JK殺し屋。
気だるそうな雰囲気と殺し屋というギャップがもっとも際立ってたのでこのキャラを元に1作作ろうと思ったのは間違いなく正解でしたね。
役名なども違うので世界観はあくまで別のようです。

あとは主人公にもっと魅力があったり、殺し屋達にさらにバリエーションがあるともっと面白くなった気がするなぁも惜しい気持ちがありますがそれなりに楽しめました。

阪元監督は自身で脚本書いたりとコメディセンスの人なんだと再確認しました。

伊能昌幸さんにももっと活躍して欲しかったです!