namさんの映画レビュー・感想・評価

nam

nam

映画(682)
ドラマ(4)

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲(2001年製作の映画)

4.2

「大人になる事に向き合う 泣けるアニメ映画」

大好きな声優さんであった藤原啓治さんを悼んで。

今や大人も泣けるアニメ監督として呼ばれる原恵一監督を有名にした一作。

しんちゃんアニメという事でしっ
>>続きを読む

エイリアン/ディレクターズ・カット(1979年製作の映画)

4.4

「未知の生物の恐怖!SFホラーの傑作」

リドリー・スコットが監督し、その後多くのシリーズに派生した原点。

モンスターパニックながらほとんどホラー映画として演出されており、徐々に恐怖を煽る演出が秀逸
>>続きを読む

裏窓(1954年製作の映画)

3.7

「引きこもったまま事件解決に挑むワンシチュエーションサスペンス」

ヒッチコック監督作品の中でも有名な本作。

事故で脚をケガしたために自分の部屋にいるしかないジェフが唯一見れるのは窓からの風景で、そ
>>続きを読む

プリティ・ウーマン(1990年製作の映画)

3.8

「もはや30年前のシンデレラストーリー!?」

ロマンティックコメディの代表作で現代版の"マイ・フェア・レディ"とも言われていましたが、この作品も1990年ともう30年前の作品という事が驚き。

逆に
>>続きを読む

マッチスティック・メン(2003年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

「ある詐欺師の男の心の安定を求めるヒューマンドラマ」

どんでん返し系のストーリーは好きなので、その手の作品を求めて手に取ったのですが前提として"どんでん返しがある"という既にネタバレされてるような状
>>続きを読む

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(2014年製作の映画)

3.8

「ワンカット演出による落ち目の俳優の苦悩と葛藤」

2014年度のオスカー作品賞や主要部門を含む4つの部門で受賞。

何と言っても特徴はワンカット演出で編集と撮影の工夫により映像が繋がって見えるように
>>続きを読む

メトロポリス(2001年製作の映画)

3.8

「手塚治虫×大友克洋の世界観をハイブリッドさせたハイクオリティな作画のロボットSF」

原作は未読。
手塚先生が鉄腕アトムを描く以前の作品で、1927年の同名のドイツ映画を元に描かれた作品のようです。
>>続きを読む

スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

4.2

「こじらせた思春期のリアルを切り取った青春ムービー」

ヘイリー・スタインフェルドちゃんが小さい時から偏屈で、口も悪く嫌味ばかり、兄弟とは仲が悪く、母親とも口喧嘩ばかひという思春期の誰しも共感しえるだ
>>続きを読む

セブンティーン・アゲイン(2009年製作の映画)

4.2

「逆バックトゥザフューチャー!?な若返りコメディ」

若き日の全盛期のザック・エフロン観たさに鑑賞しましたがなかなか好みの作品で得した気分です!

高校時代バスケ部エースで将来有望だったにも関わらず、
>>続きを読む

ONCE ダブリンの街角で(2007年製作の映画)

3.8

「音楽を奏でる喜びに満ちた出会いの物語」

「はじまりのうた」や「シングストリート」のジョン・カーニー監督作。
2つより以前の作品ですが元ミュージシャンの監督らしくそれぞれの作品で音楽を奏でる事の喜び
>>続きを読む

きみに読む物語(2004年製作の映画)

4.0

「色褪せない愛の物語」

泣ける恋愛映画として聞いてましたが。
これはたしかにいい話でしたね。

ライアン・ゴズリングとレイチェル・マクアダムスの惹かれ合う姿が本当に美しくて、素敵でした。
信号機の下
>>続きを読む

マイ・フェア・レディ(1964年製作の映画)

3.7

「ドブネズミをレディに変える!THEシンデレラストーリー」

路上で花売りをしていた訛りも酷いイライザ(オードリー・ヘプバーン)を言語学者のヒギンズ教授は発音を直すことで彼女を社交界デビューさせる事に
>>続きを読む

こま撮りえいが こまねこ(2006年製作の映画)

4.2

「超絶癒し系コマ撮りアニメーション」

製作は「どーもくん」やNETFLIXで配信されている「リラックマとカオルさん」、宇多田ヒカルさんのPV「ぼくはクマ」などを手がけた国内のコマ撮り撮影の最大手のプ
>>続きを読む

失くした体(2019年製作の映画)

3.5

「身体を求め彷徨う右手と青年の半生を描いたヒューマンドラマ」

NETFLIX配信のアニメ。
今年のオスカーではで日本からの「天気の子」なども抑えて、長編アニメ部門にノミネートされた1作。

病院から
>>続きを読む

ブルース・ブラザース(1980年製作の映画)

3.6

「破天荒兄弟によるドタバタミュージカルコメディ」

元々はサタデーナイトライブの1コーナーを映画化したという事で、徹底してコメディテイスト。

展開もかなりぶっ飛んでてアクションあり、爆発あり、カーチ
>>続きを読む

ダイ・ハード(1988年製作の映画)

4.0

「テロリストに占拠されたビル奪還のため孤独な闘い」

クリスマス映画と言えばの本作。
テロリストが占拠されたビルに居合わせた警官という巻き込まれ方のアクション。

ビルという限定されたシチュエーション
>>続きを読む

スポットライト 世紀のスクープ(2015年製作の映画)

4.0

「教会の悪事に挑んだ記者達の戦い」

何よりも驚きなのがここで語られる事実が現実に起きている話という事とそれが2001年まで明るみになって来なかったという事が信じられない。
そしてかなりの闇を感じます
>>続きを読む

最強のふたり(2011年製作の映画)

4.1

「立場の違う2人の美しい友情」

期待通りの素敵な映画。
障害者と健常者のお涙頂戴の友情の話かと思いきや、あまりフィリップ(フランソワ・クリュゼ)の障害やそのツラさなどには特に焦点を当てるわけでなく、
>>続きを読む

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

3.8

「ミステリアスな藤原竜也に翻弄される本格サスペンス」

韓国映画「殺人の告白」のリメイク。
元作品は未鑑賞。韓国映画をベースとしてるためサスペンスとしてはしっかりとした作りでした。

時効の過ぎた連続
>>続きを読む

バーレスク(2010年製作の映画)

4.2

「華やかなナイトクラブを舞台にした王道シンデレラストーリー」

歌手を夢見て田舎からでてきたアリ(クリスティーナ・アギレラ)がナイトクラブの華やかでセクシーな歌と踊りに魅了され、そこで舞台に立つ事を目
>>続きを読む

めまい(1958年製作の映画)

3.8

「映画史に残る"めまい"ショット&先の読めないサスペンス展開に引き付けられる」

もはや映画の教科書でもあるヒッチコック監督の作品の数々、そんな中でも有名な本作。

トラウマから高所恐怖症でめまいを起
>>続きを読む

シャッター アイランド(2009年製作の映画)

4.3

「囚人達の精神病院の孤島の謎を追う!?本格サスペンス」

最後まで先が読めない展開でとても楽しめました。ネタバレ厳禁系なので。
観てない方は注意しながら他のレビューなどは探って欲しい作品。

そのため
>>続きを読む

マンマ・ミーア!(2008年製作の映画)

3.9

「ABBAの名曲に彩られた母娘のドタバタコメディミュージカル!」

恋愛要素強めなミュージカルかと思ってましたが意外にもコメディ的な要素が強く結構笑えましたね。元は舞台の方が先なのでミュージカル要素が
>>続きを読む

素晴らしき哉、人生!(1946年製作の映画)

4.5

「不朽の名作にして最高の人生讃歌!」

素晴らしい名作。
人生がどんなにツラくても、報われないと感じてもそんな全ての人の人生を肯定してくれるかのような幸せな作品。

時間の大半はジョージの半生を描き、
>>続きを読む

雨に唄えば(1952年製作の映画)

4.2

「誰もが知るミュージカルの傑作!心躍る歌とダンス」

あるアメリカのサイトでは"史上最高のミュージカル映画"される傑作。

1954年の作品ですが1920年〜1930年の無声映画からセリフのあるトーキ
>>続きを読む

東京ゴッドファーザーズ(2003年製作の映画)

3.8

「クリスマスにホームレス3人が赤ちゃんを届けるドダバタロードムービー」

今敏監督の長編3作目。
クリスマスの夜に捨てられていた赤ちゃんを見つけた3人のホームレスが、親を探して東京を横断するドタバタコ
>>続きを読む

パプリカ(2006年製作の映画)

4.2

「天才・今敏監督最高傑作!夢に潜入するSFクライムサスペンス」

NETFLIXにあったので鑑賞。
とても面白かったですね。今監督作品に共通して「現実」の曖昧さなどがよく描かれてますが、本作では「夢」
>>続きを読む

6アンダーグラウンド(2019年製作の映画)

3.8

「ド派手で華やか!マイケル・ベイの贈る新アクションムービー!」

最近、映画館に行けずお家での鑑賞ばかりだったので、ついに家をホームシアターにしました!!プロジェクタとサウンドバー、80インチのスクリ
>>続きを読む

ハイスクール・ミュージカル・ザ・ムービー(2008年製作の映画)

3.9

「リア充高校青春ミュージカルの完結編!」

ディズニーチャンネル製作で始まりヒットしたミュージカル作品の3作目。1では春を舞台に出会いを、2では夏を舞台に夏休みの友情や恋を、そして3では卒業シーズンの
>>続きを読む

ハーフ・オブ・イット: 面白いのはこれから(2020年製作の映画)

4.0

「複雑な三角関係の心地よいやりとりが切ない青春ムービー」

NETFLIXオリジナル作品。評判も良く気になったので鑑賞。
"これは恋愛映画ではない"という冒頭から始まる本作。

頭の良いアジア系で内向
>>続きを読む

モダン・タイムス(1936年製作の映画)

4.1

「ツラい状況だからこそ"Smile"を」

チャップリンの傑作。
監督、脚本、主演のみならず作曲までチャップリンが担当という驚き。

最近では「ジョーカー」にも影響を与え、本作が劇中内で富豪たちが鑑賞
>>続きを読む

千年女優(2001年製作の映画)

3.9

「現実や虚構の中を進みながら、想い人を探し続けたラブストーリー」

今敏監督の2作目。
前作ではアイドルから女優になった少女が現実や虚構や妄想の世界の区別が分からなくなるような描き方のクライムサスペン
>>続きを読む

12人の優しい日本人(1991年製作の映画)

4.0

「THE三谷幸喜脚本!有罪か無罪かを巡るワンシチュエーションコメディ」

オンラインの読む会が良かったので再投稿。

5月6日のYoutube上で「12人の優しい日本人を読む会」の生配信がありました。
>>続きを読む

オズの魔法使(1939年製作の映画)

3.7

「ファンタジーなら世界観の名作ミュージカル」

もう80年以上前の作品。
CGなどもないような時代に誰もが知るおとぎ話の「オズの魔法使い」を映像化。

この時代にファンタジーはディズニーなどを筆頭にア
>>続きを読む

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

3.7

「過去への片思いと夢のようオシャレなパリの街並みを堪能できるロマンティックコメディ」

「昔は良かった今より良かったのかな」「あの時代に生まれてたらどんなだったろう」と誰しも考えた事があるかもしれない
>>続きを読む

PERFECT BLUE パーフェクト ブルー(1998年製作の映画)

4.1

「"あなたは誰?"現実と虚構の入り混じる本格サイコスリラー」

今敏監督の1作目。アニメでは観た事ないような本格的なサイコスリラー作品でした。
大人向けに楽しめる作品として作られ、「ブラックスワン」に
>>続きを読む

>|