koki

復讐者たちのkokiのレビュー・感想・評価

復讐者たち(2020年製作の映画)
3.5
評価3.5(2023/02/01)から上がらないのが納得できる作品。

ナチの残党と不都合な真実に蓋をし続けた戦争時のドイツ人に対し、苛烈なまでの復讐心を抱くユダヤ人…と聞けば自ずと“人差し指”はピクピクするのだが、いかんせんハラハラしない。

史実だから如何わせむなんだが、もう少し脚色しても良かったのでは。
それでも、たいした作品にはなりそうもないが…。

他のユーザーの感想・評価

愛

愛の感想・評価

3.6

こうゆう計画があったことは
初めて知ったけど
こんなとんでもない計画を
実行しようとする人達がいたことは
なにも不思議ではない。
最後に個人に選択を問う。しかし事実の一面しか見せない。
ドイツへの復讐でなく,自らが罪なきパレスチナ住民の迫害者:イスラエルとその支援者になる道を選ばせた英国の正当化の線で物語は進むが,ドイツ民族への無差別テロ組織に加わり,最後に主人公自身は故郷に帰る選択をする。そして見るもの一人一人に問うが,それはドイツ人への無差別テロか,現実には存在しない新天地なるものでの生活か,主人公のようにもといたところに帰るか,あるいは他の道かである。
無関係の罪なき者を迫害するという,実際にたどった道は説明もされず,見る者の頭の中に想像もされないだろう。
きっとわたしも同じ立場なら復讐してやると思うけれど、罪のない、特に子どもが巻き込まれると思ったら躊躇ってしまうと思う。
実行してもしなくても、一生心が晴れることはない。
 戦後のドイツで未遂に終わったとされるA計画(PLAN A)をめぐって、さまざまな思いをもったユダヤ人たちを描いた映画。A計画というのが史実においてどこまであって、映画の中での描写がどれだけ正確なのかというのはまったくもってわからない。

 家族を奪われ、殺され、復讐に燃える人たちがいる。ナチスの関係者に私刑/死刑を加える者たち、民間人への危害や殺人も辞さない者たち、あるいはイスラエルへ移住して幸せな暮らしをすることが何よりの復讐だと言う者たちがいる。

 戦後のドイツでユダヤ人が依然として暴行を受け、迫害され、蔑まれる様子は、きっとそういうことはあっただろうという想像はしていたけど、思っていた以上の描写で、これまた実際はどうだったのか気になるところ。

 暗殺や浄水場への潜入などがあまりにも順調に進むので、なかなかリアリティを感じられないところもあるが、総じて悪くはなかった。

 ホロコースト関係の映画でよくあるのだけど、最後に生存者が出てくるのが残念。実話を元にしてるとしても映画は映画、フィクションはフィクションとして描いてほしいと言うのが個人的な思い。

 2023年1月17日(火)にDVDで鑑賞。
matsu

matsuの感想・評価

3.9
恐ろしい実話映画でした

舞台は第二次世界大戦直後のドイツ

戦争を生き延びたユダヤ人たちによるナチス残党(幹部や強制収容所勤務者など)の処刑が秘かに実行されていた

妻と子供を殺害されたユダヤ人のマックスもその処刑の実行に加わっていた

ただし、その処刑には限りがある(ほんの一部しか殺せない)…ナチス残党の全員を探し出すのは不可能

マックスは処刑よりももっと残酷な「プランA」を実行しようとしている団体“ナカム”に近づき無理やり仲間に加えてもらう

プランA=殺されたユダヤ人とほぼ同数のドイツ人600万人を殺害する計画、水道施設に職員として潜入し毒物を水道水に混入させて殺害を企てた

※最終的にプランAは失敗に終わったようだが、プラン通り実行されたなら大惨事になったであろう

ユダヤ人のドイツ人に対して復讐したい気持ちは大いに理解できるだけに、この失敗は複雑な気持ちになる
(プランAを肯定しているわけではない)

※ドイツ人戦争捕虜に毒入りパンを食べさせるプランBは実行されたようである
(これによる死者はいなかったらしい)
復讐をしてもしなくても 大切な人は帰ってこないので 復讐した方がスッキリするんじゃないかな
nekoneko

nekonekoの感想・評価

3.4
主演俳優が「名もなき生涯」のアウグスト・ディールと言う事で観てみました

わぁ…コレは重い
実話ベースの史実に驚かされます

ホロコーストから生き延びた一人のユダヤ人男性👨が妻子を殺されたことを知って復讐に燃えるヒューマンサスペンス

アウグスト・ディールの喪失感と憎悪に満ちた渾身の演技にはココロ震えます

組織の復讐計画に関わっていく彼が最後の最後に選んだ究極の「復讐」とは!?

イスラエル建国
ユダヤ人によるドイツへの報復活動といった他作品とは違った問題提起の作品

やられたらやり返す
目には目を 歯には歯を……

現代を生きる私達にも投げかける…考えさせられる作品

…しかしながら全体を通して…もたっとした印象が残ってしまい数字が伸び悩みました……

📎ベストムービー更新🆙しました
MikuOshika

MikuOshikaの感想・評価

3.5
擦りに擦られたアウシュビッツ、ホロコースト、ナチスの迫害。
今作は戦後のホロコーストを生き延びたユダヤ人、妻や子を亡くした者たちの復讐心沸りドイツ人大量殺害を計画し実行しようとするまでのお話。
未遂に終わった計画とはいえ
ねりにねられた計画でとてつもない時間を要したPLAN A。
復讐とは一体なんなのか
というシンプルな疑問と結末の答え。
もしこの計画が予定通り行われていたら
抑えきれない怒りと悲しみを復讐することでおさまるのか
これからの未来がある子供達まで犠牲にできるはずもなく
そして誰も救われない。

イングロリアスバスターズやソルトに出演していたアウグストディールさん目当てに
鑑賞しましたが重すぎた。
息が詰まる時代と歴史。
ten

tenの感想・評価

2.9
希望の話が辛い。それを利用されていたのは知っているけれども。中にいた人にそう語られると、希望って何なんだ、と思ってしまう。
そういう計画があったんだなーという勉強にはなった映画。しかしながら「600万人には600万人を」の台詞に凄い違和感を抱いてしまい、以降集中できなかった。ニュルンベルグ裁判前の1945年に、この数字を認識してる人、ドイツ内にいたんだろうか。
taazan

taazanの感想・評価

3.5
ホロコーストを生き延びても、家族を失った深い悲しみの中で生き続けなければいけない。
哀しみと怒りの矛先は、もちろんSSや虐殺に加担した人達なんだろうけど、ナカムの対象は全ドイツ人。

『いい人生を送ること』それが主人公の復讐。そんな考え方に至るまで苦しかったんだろうなぁ。
「復讐者たち」の感想・評価を全て見る

kokiさんが書いた他の作品のレビュー

グレート・ディベーター 栄光の教室(2007年製作の映画)

4.0

期待していた割には今一歩だったかな。

泣いた場面はあったが、全体的にパワー不足。

蹂躙されている黒人の人権をこれでもかというくらい何度も苛烈に表現し、ディベートで差別主義者と対峙していく設定にした
>>続きを読む

ローズメイカー 奇跡のバラ(2020年製作の映画)

4.3

➡️⤵️⤴️⤵️➡️⤴️的な予定調和のストーリーを全く飽きさせずに楽しませてくれる、フランス臭プンプンの佳作。

いちいち小刻みで軽妙洒脱な笑いがいかにもフランスっぽくて◯。

ちょこちょこ、セクシャ
>>続きを読む

記者たち~衝撃と畏怖の真実~(2017年製作の映画)

4.3

イラク戦争を、叙述している点でいささかのトレース感はあるものの、前編中弛みなくサクッと見られる非常に示唆に富んだ佳作。

共和党=自民党、大手メディア=民法、全国紙に置換できる点で、日本もやっているこ
>>続きを読む

ヴィンセントが教えてくれたこと(2014年製作の映画)

4.0

厭世し、にべもない態度を撒き散らす設定は目論見通りなのだが、度を過ぎた狼藉にいささか鼻白んでしまった。

愛妻との悲話などのプロットが良かっただけに非常にもったいない。

メリッサ・マッカーシーの演技
>>続きを読む

マイ・ベスト・フレンド(2015年製作の映画)

4.0

4回くらい涙する場面はあったものの、コメディ要素を取り入れてしまった為に、抉り方が弱まってしまった。

重厚なロンドンとハワースを舞台にしているのであれば、痛切さで押し切って欲しかった。

あと、やは
>>続きを読む