wakiさんの映画レビュー・感想・評価

waki

waki

ただ悪より救いたまえ(2019年製作の映画)

4.0

殺意の濃度と純度が高くて大変良かったです。
レイの首のタトゥーかっけ〜〜!!

レイジング・ファイア(2021年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

2022年映画初め!
銃撃戦、肉弾戦、カーチェイスと最上級アクションのよくばりセットで景気が良い!!そのうえ男と男の因縁映画でもあって最高すぎた。
ドニー・イェンの動きが早すぎてときどき「待って、今何
>>続きを読む

キングスマン:ファースト・エージェント(2020年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

アクションは相変わらずよかったし、ハリス・ディキンソンがとてもよかった。
でもこれを面白いと言ってしまうのは私の倫理観が許さなかった。
キングスマンは不謹慎すぎるギャグとゴア描写が醍醐味だと思っている
>>続きを読む

砕け散るところを見せてあげる(2021年製作の映画)

4.7

やっっ…………ばいこの映画。どうしたらいい?まだドキドキしてる。
ポエミーなタイトルと恋愛ものという先入観から映画館で見なかった自分をぶん殴りたい。ド傑作です。邦画版インターステラーと言っても過言では
>>続きを読む

まともじゃないのは君も一緒(2020年製作の映画)

3.8

成田くんのこういうボサっとした役好きなんだよね〜〜。清原果耶ちゃんとの小気味よい掛け合いが楽しくてクスクス笑ってしまった。
恋愛映画の括りなんだけど恋愛関係で落ち着くわけではないところが好き。
「普通
>>続きを読む

シンデレラ(2021年製作の映画)

3.8

登場人物に悪人がいないし、キャスティングも然り、ファッションやヘアスタイルも多様でまさに今の時代の『シンデレラ』だった。ちょっと展開が急だったけど、夢も恋も諦める必要ないよね!というパワフルなメッセー>>続きを読む

あのこは貴族(2021年製作の映画)

5.0

とても、とても良かった。タイミングが合わなくて映画館で見られなかったことが大変悔やまれるくらいに。
たった一瞬、交錯した二人の世界。出会うはずのなかった二人の人生。それでもその出会いが新しい世界を切り
>>続きを読む

囚人ディリ(2019年製作の映画)

4.0

何回刺されても死なない超人な囚人ディリが繰り広げる怒涛のアクションが最高だった。登場人物が多いから最初は混乱するけど主要人物の顔が認識できれば楽しめると思う。
145分もあったとは思えないほどあっとい
>>続きを読む

クレイジー・リッチ!(2018年製作の映画)

3.8

アジア系俳優がたくさん出ていて、それだけで嬉しくなる作品だった。
アジア系アメリカ人と中国人(あるいはアジアで育った人)の文化的背景の違いにも触れていて、アジアで一括りにしていないところも良かった。
>>続きを読む

シングル・オール・ザ・ウェイ(2021年製作の映画)

4.0

今年のハッピークリスマス映画はコレで決まりだ〜〜!(早い)
少し強引だけどおちゃめで愛情深い親戚のみんなが可愛い。私も姪っ子ちゃんたちと一緒に「早く付き合っちゃいなよ」って囃し立ててた笑
すれ違いの末
>>続きを読む

パワー・オブ・ザ・ドッグ(2021年製作の映画)

5.0

すごいものを見た。映画館でしばらく放心してしまった。
原作が1960年代に刊行されたものとは思えないくらい、現代の視座で作られた映画だった。こんなにセクシュアリティの話だったなんて思わなかった。
観賞
>>続きを読む

ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ(2021年製作の映画)

4.0

終始ヴェノムとエディがイチャイチャしてて良かった。やっぱり"俺たち"だよね!
でも喧嘩に元カノと元カノの今カレ巻き込んじゃいかんよ。

ラスト・クリスマス(2019年製作の映画)

3.7

ラブストーリーかと思ったらちょっと違った。このヘンリー・ゴールディングはズルい男だけど良い人だったね(某漆黒の忍者を見ながら)。
行動を変えれば習慣が変わる。習慣が変われば人生が変わる。
クリスマスム
>>続きを読む

これは君の闘争だ(2019年製作の映画)

4.5

貧困層を切り捨てたり、教育を蔑ろにするところとか今の日本の政治と重なって全然他人事になれなかった。女性参政権の歴史にも触れていたが、権利がある/権利が守られることは当たり前ではないことを私たちは自覚す>>続きを読む

皮膚を売った男(2020年製作の映画)

4.0

シリアの難民問題を扱いながら、アート業界の閉鎖的でエリート主義的構造にも切り込んだ挑戦的な作品でした。
サムは商品(作品)となることで不自由ない暮らしを手に入れるけれど、結局彼は作品として身体を拘束さ
>>続きを読む

リスペクト(2021年製作の映画)

3.9

アレサ・フランクリン演じるジェニファー・ハドソンのエネルギッシュな歌声と名演が光っていました。父親役のフォレスト・ウィテカーも相変わらず良い演技をするなぁ。
話を詰め込みすぎてて途中でやや弛れてしまっ
>>続きを読む

エターナルズ(2021年製作の映画)

4.7

このレビューはネタバレを含みます

めちゃくちゃ最高だった!!
あらゆるルーツやセクシュアリティ、身体的特徴を持つキャラクターがそこにいて、それが当然だというように物語が進んでいく。理由付けもなくて、それは私たちが存在していることに理由
>>続きを読む

総理の夫(2021年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

原作は未読。本当は9月に見ていたんだけど投票日である今日投稿する。

賢く、他者を慮る心を持ち、本気で国民のために国を良くしていこうと取り組む政治家がいた。それが当然であるべきなのに今の日本にはそんな
>>続きを読む

G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ(2021年製作の映画)

3.5

こ、こんなに主人公への心証が最悪な映画ある!?!全部スネークアイズが悪い!!!(嵐影も悪い)
日本っていうかJAPAN描写にこだわる余りにツッコミどころが満載すぎてもはやギャグだった(富士山バックに𝑻
>>続きを読む

最後の決闘裁判(2021年製作の映画)

4.5

カルージュ、ル・グリ、マルグリットの視点で「真実」が語られる三部構成になっていて、それが効果的に見る者を混乱させ、人が何を見ていて何を見ていない(思い込んでいる)かを浮き彫りにさせていた。
息が詰まる
>>続きを読む

サウンド・オブ・メタル ~聞こえるということ~(2019年製作の映画)

5.0

今期ベストに入るかもしれない。これは映画館で見て良かった。
聴覚を失うことでルーベンが初めて得られた心の静寂。障害は誰にとっての障害なのか。障害たらしめているのは何なのか。それを体験させてくれる作品で
>>続きを読む

DUNE/デューン 砂の惑星(2020年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

1960年代の古典SF小説が原作。その壮大な叙事詩の第一章なんだけど長い、とにかく長かった。165分あるしワンカットが長いからさすがの私も途中で少しダレた。
最新の技術を用いた映像美と重厚な世界観を表
>>続きを読む

君は永遠にそいつらより若い(2021年製作の映画)

4.0

人の痛みなんて簡単にわからないしわかってたまるかって思うし、でもわかりたいと思ってしまう。人間ってどうしてこうも難しい生き物なんだろう。

うんまい牡蠣鍋食べながら酒を煽ったら幸せすぎてそりゃ「くぅ〜
>>続きを読む

浜の朝日の嘘つきどもと(2021年製作の映画)

4.0

映画への愛に満ちた映画だった。私も暗闇の中の残像に救われた根暗のひとりだから、心の中で「わかる、わかるよぅ」とウンウン頷いていた。
映画で腹は満たされないけど、人は生命を維持させるためだけに生きている
>>続きを読む

モンタナの目撃者(2021年製作の映画)

4.5

評判良かったので期待して見に行ったけどめちゃくちゃ良作だった。
暗殺者と山火事、迫り来る二つの脅威から逃げるスリルが臨場感にあふれていて、暴力的な表現もさすがテイラー・シェリダンだなぁという上手さ。
>>続きを読む

>|