メイデンさんの映画レビュー・感想・評価

メイデン

メイデン

映画(664)
ドラマ(10)

ザ・デッド インディア(2013年製作の映画)

3.0

シャクレヒロインの巻

舞台をアフリカからインドに移した二作目
アフリカがゾンビ王国になった頃インドにもゾンビが蔓延し…なお話
舞台をインドにして宗教観なんか絡めてきたまでは良かったのですが、結局イン
>>続きを読む

ゾンビ大陸 アフリカン(2010年製作の映画)

3.2

アフリカ大陸北上24時の巻

アフリカでゾンビ蔓延
駐留アメリカ軍は飛行機で逃げ出すも墜落してしまい一人だけ助かったのだが…なお話
正統派なゆったり歩くゾンビ物
動きはノロノロだけど油断すると気がつい
>>続きを読む

アマンダと僕(2018年製作の映画)

3.8

エルビスは建物を出たの巻

テロで姉が亡くなってしまい姉には7歳の子がいて、さあ僕はどうしたら…なお話
なんの変哲もない日常が一変、残された姪っ子の面倒を見るもどうしていいか分からず、このまま引き取る
>>続きを読む

白い恐怖(1945年製作の映画)

3.8

タバコを吸いながらエレベーターから降りてくる(39分頃)の巻

新しく赴任してきた医院長は偽物⁉︎この医院長は誰、本物の医院長は?なミステリーサスペンス
前半部分がちょっとダルかったりするのは自分の中
>>続きを読む

ピラニア リターンズ(2012年製作の映画)

2.4

マヌケは消えるのみの巻

前作から一年後、またもやピラニアが…なお話
悪ふざけがすぎてこれは酷い
続編だけにグレードアップしてるかと思いきや、スケールや内容は前作の劣化版で、ギャグ要素強めも滑り倒して
>>続きを読む

ピラニア 3D(2010年製作の映画)

3.3

パイ・オツ!パイ・オツ!の巻

ほぼオッパイなピラニアのリメイク
B級パニックといえばおバカな若者とオッパイがセットですが、この映画の凄いところはほぼおバカな若者とオッパイしか出てきません
潔いですね
>>続きを読む

イップ・マン外伝 マスターZ(2018年製作の映画)

3.6

死後硬直でそんな簡単に手開かないのでは?の巻

三作目でイップマンに敗れたチョンティンチのその後を描くスピンオフ作品
ストーリーは目新しい感じはないのですが、派手なアクションは多彩で飽きはしないです
>>続きを読む

イップ・マン 継承(2015年製作の映画)

3.7

一番大切なのはそばにいる人の巻

取ってつけたようなマイクタイソン出演が質を落としそうになるもイップマンの家族愛が十分に感じられるシリーズ三作目
前作までと少し異なり人物像に焦点を厚めに当ててるのです
>>続きを読む

イップ・マン 葉問(2010年製作の映画)

3.8

武術は自己修養の巻

香港に移住し武館を開こうとするもあらぬ方向へ展開する二作目
今回も面白かったです
まずはサモハンキンポー
この存在感はさすがで、サモハンとのバトルは見応えありです
そしてこの一件
>>続きを読む

イップ・マン 序章(2008年製作の映画)

3.7

働いたことないってどうやってあんな暮らしを維持してたのだろうの巻

反日強めでちょっと重いけどストーリーはわかりやすいイップマン一作目
ジャッキーチェンのようなコミカルなシーンはほぼない硬派な功夫映画
>>続きを読む

ジョーズ'87/復讐篇(1987年製作の映画)

3.2

四作に渡るブロディ家とサメとの死闘の巻

1・2作の署長の奥さんが主役になる、設定だけは受け継いでるシリーズ四作目
全作で絡んできたブロディ家にまたしても執拗に襲いかかるサメ🦈のお話
ブロディ家がどこ
>>続きを読む

ジョーズ3(1983年製作の映画)

3.0

浪花水着の巻

前2作の主役ブロディ署長の息子が今回の主役になる、設定だけ受け継いだシリーズ三作目
当時劇場で観ました
3Dだったけど、もちろん今の3Dとは違って赤と青のメガネで、目の前まで飛び出てき
>>続きを読む

JAWS/ジョーズ2(1978年製作の映画)

3.4

アジの群れがサメに見えるの巻

この作品も昔金曜ロードショーで何度も放送してるイメージな、舞台とメインキャストを引き継ぐシリーズ二作目
町の利益第一主義がまたもや悲劇の引き金に…なお話
ドラマパートが
>>続きを読む

JAWS/ジョーズ(1975年製作の映画)

3.7

愛すべきバカサメ映画も遡ればここに辿り着くの巻

昔は金曜ロードショーで何度もやってたのでその度に観てた記憶
原点にしてアニマルパニックの基本形が全て詰まってるので、後の模倣作品は少なからず影響を受け
>>続きを読む

フォクシー・ブラウン(1974年製作の映画)

3.5

アフロにはなんでも入ってるの巻

麻薬組織に潜入捜査官である彼氏と兄を殺されたフォクシーは…なお話
ブラックスプロイテーションの流れを汲み、タランティーノのジャッキーブラウンに影響を与えた本作は若き日
>>続きを読む

必死剣 鳥刺し(2010年製作の映画)

3.8

焼鳥なーらホーテイ♪ヤキヤキの巻

藤沢周平原作の時代劇
打ち首覚悟で殿の側室を斬ったのに一年幽閉の軽罪で済んでしまい…なお話
面白いです
そして胸が締め付けられます
所作は美しく、終盤の殺陣も見応え
>>続きを読む

蝉しぐれ(2005年製作の映画)

3.7

死にゆく者の気持ちとは…の巻

藤沢周平原作の時代劇
幼馴染との淡い恋心、大人になりそれぞれの運命が交錯した先には、なお話
木村佳乃が登場した時の神々しいこと
後光がさすとはこのことかと
このシーンは
>>続きを読む

ゾンビ・ブライド(2013年製作の映画)

2.5

場末のスナックのゾンビママは料理上手の巻

怖さ0のゆるふわゾンビ
エロあり
冒頭はほぼAV
不倫相手に殺されたら何故かゾンビになって蘇って、ゾンビ生活に順応し始めた矢先に…なお話
何か新しいことが始
>>続きを読む

ダーク・フェアリー(2011年製作の映画)

3.2

魔法の魚:鯉の巻

フェアリーなんて聞くとカワユイ妖精さんたち🧚‍♀️🧚‍♂️を思い浮かべがちですがそこはギレルモデルトロ、キモ妖精がワサワサ大群で襲ってきます
怖さはあまりないのですがゴシック調の屋
>>続きを読む

エターナル・サンシャイン(2004年製作の映画)

3.7

アレキサンダー・ポープの巻

喧嘩した恋人が自分との記憶を消したショックで自分も記憶を消す施術を受けるが施術中の無意識の中で抵抗し…なラブストーリー
観てないと何言ってるかわからなそうな感じですが多分
>>続きを読む

燃えよデブゴン/TOKYO MISSION(2020年製作の映画)

3.5

おかしな国、日本の巻

一昔前のジャッキーチェンの映画のような古き良き香港アクション映画に通ずる正月映画に相応しいカンフーアクションコメディ
お話は微妙ながらキレキレのアクションを見せてくれるドニキが
>>続きを読む

新感染半島 ファイナル・ステージ(2020年製作の映画)

3.4

Korean fury roadの巻

🎍あけましておめでとうございます🎍
本年もどうぞ宜しくお願いいたします

IMAXにて
今年は正月早々大画面でゾンビ映画からのスタートです
前作はなかなか良かっ
>>続きを読む

くまのプーさん(2011年製作の映画)

3.0

スグモドル、恐ろしい怪物の巻

登場キャラがみんな天然で癒されます
ボケがたくさんいてツッコミがクリストファーロビンだけのほのぼのアニマルコントは悪役の出てこない優しい世界でした
プーさんくまのプーさ
>>続きを読む

きみがぼくを見つけた日(2009年製作の映画)

3.8

アルバちゃん服どうした⁉︎の巻

タイムトラベルすると肉体だけで服は時間移動出来ない、なんて聞くとターミネーターが思い浮かびます
時間移動したらまず服の調達なんて面倒な能力だなあって思うんだけど、割と
>>続きを読む

オール・ユー・ニード・イズ・キル(2014年製作の映画)

3.7

怒涛の鬼リセットの巻

原作未読
ヘタレ最弱トムクルーズが死ぬたびに強くなっていくお話
何回死んだかわからないけどテンポ良く進んでいく無限地獄
敵の詳細が説明不足でよくわからないのはテンポ優先でしょう
>>続きを読む

荒野はつらいよ アリゾナより愛をこめて(2014年製作の映画)

3.5

お尻で生花の巻

セスマクファーレンでお察しのお下品ウェスタン
お下品だけならまだしも人も沢山死にます
ベースはちゃんと西部劇してるけどおふざけも満載なので、そこら辺を許容出来るかがポイントです
他の
>>続きを読む

カットスロート・ナイン(1972年製作の映画)

3.2

それは若い年頃の娘を同行させた軍曹が悪いなあの巻

スペイン産残虐ウエスタン
タラちゃんのヘイトフルエイトの元ネタですがエッセンス的なものを感じる程度でしょうか
ちょっと参考にしましたみたいな感じ
>>続きを読む

#生きている(2020年製作の映画)

3.4

貴重なお水なのにラーメン作るのに使わされるCMの魔力の巻

ステイホームなお話
立て篭りサバイバルな割に主人公2人の小綺麗なこと
数十日飲まず食わずなのに肌ツヤバッチリだもの
ゾンビメイクは素晴らしい
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

3.8

感染に個人差ありすぎだろの巻

極限状態で出る人間の本質のお話
この状態でなかなか自己犠牲なんて多分出来ないはずで、まずは自分て考えるのはしょうがないはず
そういう意味での最上級があのバス会社のオヤジ
>>続きを読む

バットマン/マスク・オブ・ファンタズム(1993年製作の映画)

3.5

タイミング悪いアルフレッドの巻

バットマン初劇場版アニメ
元がTVアニメだけど内容は子供向けにとどまらない大人なお話
バットマンの生い立ち、ブルース自身の幸せとバットマンとしての活動の両立出来ない葛
>>続きを読む

LEGO(R)バットマン:ザ・ムービー ヒーロー大集合(2013年製作の映画)

3.3

結局ジョーカーがおいしい役回りの巻

ジョーカーとレックスルーサーが手を組んで企てる悪だくみをバットマンとスーパーマンが阻止しようと奮闘するお話
バットマンのダークでシリアスな世界観はなく子供向けでは
>>続きを読む

キャットウーマン(2004年製作の映画)

3.1

エジプトの猫神マオ・キャットの巻

ラジー賞…まあわからなくもないけど🤔
確かにお話は微妙かもしれませんがシャロン姐さんの美貌とセクシーなハルベリーは堪能出来ます
アクションはちょっと残念な出来かもで
>>続きを読む

スーパーガール(1984年製作の映画)

3.3

月曜の貧血に奇跡は起きないわの巻

人工都市アルゴ・シティの維持に必要なオメガヘドロンを宇宙の彼方へ無くしてしまった責任を感じ追いかけて地球に降り立ったカーラがスーパーガールの能力で探しますがオメガへ
>>続きを読む

映画 えんとつ町のプペル(2020年製作の映画)

3.7

夢を諦めず信じ続けることの大切さの巻

原作未読です
アニメーションは綺麗でした
煙に包まれた暗い世界の中、色味使いも映えてましたね
エンドロール見ててタレントさんばっかりだと驚いたくらい声にも違和感
>>続きを読む

マザー・クランプス(原題)(2017年製作の映画)

2.5

嫁の実家に女連れで行く図太い神経
ついて行く女も女だがの巻

オーストリアのクリスマス魔女フラウ・ペルヒタが復讐を果たす時が来た‼︎なお話
25年前と言ったらまあ最近ではあるのにあんな事件があって警察
>>続きを読む

スイッチング・プリンセス もう一度スイッチ!(2020年製作の映画)

3.3

世界には自分とそっくりな人が3人いるってのはホントなんでしょうかの巻

前作で一人二役だったヴァネッサハジェンズが今作では一人三役!なクリスマスロマコメ
ハッピーエンドで安定安心のクリスマスムービーは
>>続きを読む

>|