icさんの映画レビュー・感想・評価

ic

ic

めも

マトリックス リローデッド(2003年製作の映画)

3.3

ネオがスーパーマンの如く空まで飛べるようになっている。

マトリックスの面白いところは割と哲学的なところ。預言者とネオの会話は耳を澄ましてしまう。イメージは膨らましていけば途轍もなく面白い。

これだ
>>続きを読む

マトリックス レボリューションズ(2003年製作の映画)

3.5

何だか演出が豪快すぎて何が何だか一体どうなっているのだかわからなくなったりする。その分、大きなスクリーンで観たかったなと思ったり。

相変わらずインテリア、衣装含め凄くかっこいい。マトリックスの中での
>>続きを読む

マトリックス(1999年製作の映画)

3.9

人間はAIに支配され仮想空間の中で生活させられてるという内容。色々な設定が考えさせられる一方。人類を滅ぼしたのも自分たち自身であるというのも機械を発達させていったのも人間という残酷さ。そして、果たして>>続きを読む

ニシノユキヒコの恋と冒険(2014年製作の映画)

3.1

何と言うか、モテる男の人を肯定してる物語。モテることは仕方ないというか、そりゃそんな風にされたら好きになってしまうでしょっていう男性。しかも竹野内豊という…もう仕方ない。

ちょっとした間が絶妙でネコ
>>続きを読む

インスタント沼(2009年製作の映画)

3.6

三木聡ワールドに夢中になってしまう。
よくわからないけれど日常に明かりを灯してくれるような感じが好き。そしてちょっと変。明るい気持ちにさせられる。

撮り方も始まりの昔っぽい映像と速いテンポの流れとか
>>続きを読む

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ(2016年製作の映画)

2.5

詩を映画にするというのはとても難しいものだと思った。台詞にいれるとまるでシェイクスピアの"ロミオとジュリエット"のよう。現実的だからこそ台詞が浮いてしまうことが気になってしまった。
東京の様々な問題、
>>続きを読む

天才画家ダリ 愛と激情の青春(2008年製作の映画)

4.4

人並み以上に成功したいと望むなら
記憶に残る人物になるなら
作品でも私生活でも抜きん出ていないと
世間は何を信じる?
道徳とか不道徳とか善とか悪とか
僕の…いや僕らの手で粉々にしよう
突き進むんだ
>>続きを読む

美女と野獣(2014年製作の映画)

2.7

ファンタジーとリアルな世界の交わり方は難しい。たまにコミカルな感じがあると世界観が統一されていない感じがしてしまった。
とはいえ、流石フランス。ベルのドレスをはじめ、衣装がとても素敵。思わずドレスが着
>>続きを読む

サッド ヴァケイション(2007年製作の映画)

2.5

親との関係性ってとても不思議な感じがする。関係を断ちたくても憎んだり恨んだりはできても無関心にはなれない。そこから産まれてきた宿命じゃないけれど親と関係なくなることは難しい。
嫌いと好きって同じくらい
>>続きを読む

転々(2007年製作の映画)

3.8

うん。東京って嫌いになれない。
空気だって美味しくないし人だって多いし、でも人にまみれた街中とか自分の世界を確立できる丁度良い人との距離感とか開発されていくビルの合間にある昔ながらの店とか、なんだかん
>>続きを読む

トリック劇場版 ラストステージ(2013年製作の映画)

3.3

なんとなく終わり方がよい。ちょっとした感動とか関係性とかをもの凄く絶妙な感覚で描くなと思う。
そして、長い時間を辿って製作されてるなりにどのシリーズもその頃出だした俳優さんが出ていたりでその時流行って
>>続きを読む

劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル(2010年製作の映画)

2.6

松平健を馬に乗せちゃう辺り役者選びが凄いと思う。
そして、堤幸彦監督自身が餃子好きなのか。トリックのこの回では台詞の中や石像で餃子が登場してきた。こういうちょっとした関連性で他の作品も観てみたくなる。
>>続きを読む

トリック 劇場版2(2006年製作の映画)

2.6

最後に信者が箱をあけ続けるとお前たちはそのくらいのことをしたんだという捨て台詞がとても印象的だった。
そのままその言葉を返したいくらいだけれど宗教ってそういうもんだなと考えさせられてしまった。信じてい
>>続きを読む

トリック 劇場版(2002年製作の映画)

2.8

観てみたらなんとなく観たことがあることに気づく。でも面白く鑑賞。もしかしてと思ったらやはり"spec"と同じ監督だった。
堤幸彦さんの作品の世界観は絶妙な不気味さ曖昧さというか説明もし難い空気が漂って
>>続きを読む

世界から猫が消えたなら(2015年製作の映画)

2.5

本のままが良かったなと思ってしまった。それでも、数年前に読んだのでうる覚えだったけれど映像になるとどうしても世界観みたいなものの壁がありたまに溶け合っていないように感じてしまった。
音楽がやけに気にな
>>続きを読む

スクラップ・ヘブン(2005年製作の映画)

3.6

面白かった。狂気に満ちた3人に見えるけれど一方でそんな感情もわからなくない。日々の生活の中で音もなく貯まっていく感情。自分は何かのためになっているのか。誰かのために何かできているか。そんな疑問の中にい>>続きを読む

バッファロー’66(1998年製作の映画)

3.7

思い出が沢山の映像を切り貼りしたような編集方法は面白い。フラッシュバックする瞬間を映像にすると確かにあんな感じかもしれない。トラウマのような思い出が付きまとい追い込まれる時。

また、人間が好意を持つ
>>続きを読む

ギミー・デンジャー(2016年製作の映画)

4.3

最高にクールなのに熱い。
映画を観た後で冷めやまない興奮。きっとライブはこんなものではないんだろうけれど流れる音楽に耳を傾けるのではなく彼らの音楽は体感するに相応しいものだと感じた。上手く説明できない
>>続きを読む

フランシス・ハ(2012年製作の映画)

2.9

空回りしてばかりだけど、全力で取り組む子のおはなし。
普段周りの人に気が使えなさすぎてとんでもないことを言ってしまったりするのに恋愛観を真剣に語ってる姿には惹かれてしまうし、むしろ共感してしまう。
>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

4.0

ただ生活しているだけなのに物語が生まれる瞬間を感じたことは誰にでも経験があるのではないだろうか。でもそれは1日のほんの一瞬ですぐに忘れてしまったりする。意図したように出会うものたちや出来事。自分の中で>>続きを読む

秒速5センチメートル(2007年製作の映画)

2.4

最近のこういう映画はなかなか観なかったのだけれど、知っている駅や場所が映る度にこれが聖地巡礼という流行りのかと思ったらやはり「君の名は」の監督の作品だった。
雪のしっとりとした振り方や桜の舞い方の描写
>>続きを読む

牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件 デジタル・リマスター版(1991年製作の映画)

3.9

虚しさと寂しさとに溢れたまらなく誰かに縋りたくなる気持ちや不安に駆られた気持ちが台詞だけではなく空気感のようなもので伝わってきた。
決して安定している生活や環境でないことをなんとなく理解し始める年頃で
>>続きを読む

はじまりのうた(2013年製作の映画)

2.5

恋愛からのエネルギーも失恋からのエネルギーも何でも出発点になることを気づかせてくれる前向きな映画。
好きなことを好きにやるにはお金に縛られては上手くいかないことが多い。綺麗事と言えばそこまでだけれど大
>>続きを読む

17歳のエンディングノート(2012年製作の映画)

2.4

ダコタ・ファニングのベリーショートがとても可愛かった。赤いワンピースを着たシーンから始まるけれど金髪ショートに赤いワンピースは憧れる。

自分ならどんなリストを作るだろうがと考えた。

殺し屋1(2001年製作の映画)

3.4

ハイパー変態野郎達を浅野忠信と大森南朋が演じあの独特の雰囲気でキャラクターを噛み砕いていて自分のものにしている凄さ。本当に彼らそのものなんじゃないかと錯覚してしまう。

グロテスクさは物凄くてはじめは
>>続きを読む

EDEN/エデン(2014年製作の映画)

3.3

観た後ダフトパンクを始め90年代の曲を聴き漁った。
DJもアーティストと同じような苦悩があることに気づかされる。世に言う会社勤めとは違う道はそこまでに大変なものか。好きなことをして食べて行くということ
>>続きを読む

イン・ザ・プール(2005年製作の映画)

3.7

ちょっと特殊な人たちが登場人物である一方でみんな秘密の悩み事や隠し事があるのかとなんだか安心する。自分の中のルールみたいなのがあって、そういうものって人にわざわざ話すことでもなく自然に生活していたら生>>続きを読む

17歳(2013年製作の映画)

3.0

人に寄るかもしれないけれど、女性ならちょっとわかるんじゃないだろうか。
日々の物足りなさとそれを埋めるような刺激を求めて探していたり。それはどのようなことでも言える。
17歳は丁度良い年齢なのかもしれ
>>続きを読む

ザ・ロイヤル・テネンバウムズ(2001年製作の映画)

3.3

NICOの"These Days"が使われてるシーンをみたいと思っていてやっと観れた映画。でも、全体的に素敵な曲ばかり。

ウェス・アンダーソンのカメラを回したまま横に物語が広がっていく手法も健在でな
>>続きを読む

ツーリスト(2010年製作の映画)

3.2

オチが序盤で分かってしまったけれど、ベネチアの町並みの美しさに溢れた映像は見応えがある。最高級のホテルの部屋や武道会も憧れる。

アクションシーン等のスリル感は今ひとつ求められないものの出てる俳優陣が
>>続きを読む

ワタシが私を見つけるまで(2016年製作の映画)

3.2

軽い気持ちで観たものの面白かった。
内容的には矛盾しているかもしれないけれど、恋愛だけが人生の全てではなく、でも胡椒味と言うべきか恋愛も必要で。
その中に自分が溺れないようにしないといけないとか。"リ
>>続きを読む

忘れないと誓ったぼくがいた(2015年製作の映画)

3.0

設定が新しいと思った。
個々で記憶をなくすというのはあるけれど周囲に忘れられてしまうというのは面白い観点に感じる。映画を見ながら周りに忘れられてしまうなんてどうやって生活するのだろうと同時に想像してし
>>続きを読む

クローズド・ノート(2007年製作の映画)

2.6

切ないのとなんなのとでほろりと涙しそうになりながら見終えて暫くしてから、友人のはなちゃんやその彼氏?はこのお話に必要だったのかしらと疑問が浮かんだ。
後半殆ど登場しない二人はなんとなく中途半端である。
>>続きを読む

バスキア(1996年製作の映画)

3.8

"才能で成功したアーティストは貧民街の英雄だ
自分の存在そのものでいくら稼げるかがアーティストの価値なのだ
囚人の母が慰めに見る絵はアートの純粋さの証明だろう
だが、そのことと商売とはまったく別の話だ
>>続きを読む

メメント(2000年製作の映画)

3.7

後半になってやっと理解し始めた。
どれだけ手間がかかっているんだろうと思ってしまう編集。内容はシンプルなものをここまで膨らますなんて洗練された作品だと思った。
にしても、人間不審になりそうだ。いや、自
>>続きを読む

>|