ヒロオさんさんの映画レビュー・感想・評価

ヒロオさん

ヒロオさん

ブレックファスト・クラブ(1985年製作の映画)

2.9

個性豊かな少年少女らが補修をキッカケに一つの部屋に集まり、友情を育んでいく話。

身近な大人からのプレッシャーに晒され、自分に自信が持てない、複雑な年頃の生徒たち。

スクールカーストの上位から下位ま
>>続きを読む

ゴッホ~最期の手紙~(2017年製作の映画)

4.0

とある青年がゴッホの死の謎を追うヒューマンミステリー。

中国東方航空で鑑賞!

とても良かった。
ゴッホの油絵が動いたようなアニメーション映像が、唯一無二で美しい。

ゴッホといえば、耳を切り取る事
>>続きを読む

ビフォア・サンセット(2004年製作の映画)

3.0

『ビフォアサンライズ』の続編。
9年後、2人がパリで再会する話。

若い頃の会話よりも、30代になった2人の会話の方が落ち着いていて受け入れやすかったが、やっぱりこのシリーズ合わない。

女の人は相変
>>続きを読む

ビフォア・サンライズ 恋人までの距離(1995年製作の映画)

3.0

列車の中で知り合った1組の男女がウィーンで途中下車し、街を歩きながら朝まで過ごす話。

ヨーロッパ旅の余韻が残るなかで選んだ作品。

女の人が綺麗なこと以外に、何が良いのかわからなかったー…
会話の内
>>続きを読む

耳をすませば(1995年製作の映画)

3.9

中学3年生の少年少女らが恋をしたり、夢に向かって踏み出していく姿を描いた作品。

チェコでNetflixを開いたらジブリのラインナップがあったので鑑賞。ちなみに本作は初。

他のジブリ作品のようなファ
>>続きを読む

ホーンテッドマンション(2023年製作の映画)

3.6

ホーンテッドマンションのアトラクションの映画化。

カタール航空で鑑賞!

999人の幽霊が棲みつく屋敷に引っ越してしまった親子が、4人の曲者たちを巻き込んで除霊を試みる話。

ザ・ディズニーのエンタ
>>続きを読む

名探偵ポアロ:ベネチアの亡霊(2023年製作の映画)

3.8

ベネチアで隠居生活を送っていたポアロが、いわく付きの洋館での降霊会に招待され、そこで起こる殺人事件の謎を解明する話。

カタール航空で鑑賞!
空からベネチアみえました〜!

シリーズ1地味だと言われて
>>続きを読む

生きるべきか死ぬべきか(1942年製作の映画)

3.8

1939年のポーランド侵攻後のワルシャワを舞台に、ナチスに抗うべく大芝居を打つ演劇人たちを描いた作品。

シリアスさとコメディがこんなにも絶妙なバランスで共存する作品はなかなかお目にかかれない。
チャ
>>続きを読む

ファウスト(1994年製作の映画)

3.6

ゲーテの『ファウスト』をベースに、悪魔に魂を売った男の行く末と、彼が目にする幻想世界を描いた作品。

実写映像に、粘土のストップモーションアニメとチェコの伝統である人形劇を織り交ぜ、奇妙な世界観を演出
>>続きを読む

サラの鍵(2010年製作の映画)

4.2

1942年、ナチス占領下にあったフランスの政府が、ユダヤ人を一斉に強制収容所へ送った「ヴェルディヴ事件」。
その悲劇の渦に巻き込まれた少女、サラの人生を女性ジャーナリストが追う話。

ジャケットが微妙
>>続きを読む

沈黙のレジスタンス~ユダヤ孤児を救った芸術家~(2020年製作の映画)

3.6

「パントマイムの神様」と言われるマルセル・マルソーが、戦時下のフランスで、レジスタンスとしてユダヤ人孤児たちの命を救ったという実体験に基づく作品。

ホロコーストの犠牲者600万人のうち、子どもの数は
>>続きを読む

ペルシャン・レッスン 戦場の教室(2020年製作の映画)

3.8

ナチスにより処刑寸前だったユダヤ人の青年が、自身をペルシャ人だと偽り、収容所の大尉に架空のペルシャ語を教え、気に入られることで生命を繋ぐ話。

終戦後はイランで料理屋を開きたいという大尉に出鱈目のペル
>>続きを読む

ナチスの強制収容所/ナチス絶滅収容所(1945年製作の映画)

3.7

ナチス強制収容所が連合国によって解放された当時の様子を記録した作品。

米国陸軍通信部の記録であり、ニュルンベルク裁判でホロコーストの存在を示す証拠として提出された映像。
なので、映画ではない。

>>続きを読む

否定と肯定(2016年製作の映画)

3.7

1990年代、アメリカのホロコースト研究者デボラ・リプシュタットが、ホロコースト否定論に真っ向から立ち向かう法廷劇。

映画としては普通だったが、今月アウシュヴィッツにいく身としては良い予習になった。
>>続きを読む

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦(2016年製作の映画)

4.4

1942年にドイツ占領下のチェコで起こった、レジスタンスによるハイドリヒ暗殺計画の一部始終を描いた作品。

筆舌に尽くしがたいほどの衝撃を受けた。
これほどまでに重い歴史がプラハにあったことへの驚き、
>>続きを読む

顔のないヒトラーたち(2014年製作の映画)

3.6

ニュルンベルク裁判において裁かれなかった元ナチ党員たちを、若い検察官が起訴する話。

ナチスの主要指導者、わずか22名しか裁かれなかったニュルンベルク裁判。

そこで罪に問われることなく、戦後社会に溶
>>続きを読む

ベロニカ・フォスのあこがれ(1982年製作の映画)

3.7

過去の栄光にすがる女優の悲惨な半生を描いたサスペンス。

退廃的で不穏な空気感が漂う一方、映像はどこを切り取っても美しい。

『サンセット大通り』と設定は似ているが、ヨーロッパの映画らしいクラシカルな
>>続きを読む

ヒトラーのための虐殺会議(2022年製作の映画)

3.8

1942年、ナチスがユダヤ人絶滅政策を決定した「ヴァンゼー会議」を、アイヒマンの議事録を基に再現した作品。

会議の議題は「ユダヤ人問題の最終解決」について。
「最終解決」というのは、ヨーロッパ全土の
>>続きを読む

アイヌモシリ(2020年製作の映画)

3.8

阿寒湖アイヌコタン(集落)を舞台に、アイヌの少年が自身の文化に触れ、精神的に成長する話。

「アイヌモシリ」とはアイヌ語で「人間の大地」という意味らしい。

終わり方が少し唐突で、若干不思議な気持ちに
>>続きを読む

十戒(1956年製作の映画)

3.7

旧約聖書の「出エジプト記」を基に、預言者モーゼの人生を描いた壮大な物語。

かの有名な海が割れるシーンは、高校の時の世界史の先生が授業で見せてくれた覚えがある。

私が習った世界史においては、モーゼは
>>続きを読む

ストレイト・ストーリー(1999年製作の映画)

3.7

病気だらけで生い先の短い老人が、仲違いした兄弟に会うため、芝刈り機に乗って長旅に出る話。

シンプルなロードムービーで、デビッド・リンチの作品と思えないほどストレイトな映画。笑

旅の途中で老若男女様
>>続きを読む

哀れなるものたち(2023年製作の映画)

4.1

マッドサイエンティストの手によって蘇生され、子供の脳を移植された女性が、世界を旅して驚くべき成長を遂げる話。

奇抜で良かった。
不気味かわいいファンタジックな世界観がクセになる。

シュールでイかれ
>>続きを読む

パリ、テキサス(1984年製作の映画)

3.9

テキサスで倒れているところを発見された男が、家族と再会し、自身の過去と向き合うロードムービー。

自分のした行動について何も覚えてないし、何でしたかもわからないと言う主人公の過去が、旅のなかで明かされ
>>続きを読む

初恋のきた道(1999年製作の映画)

4.0

中国の田舎を舞台に、少女の純朴な恋心を描いた作品。

とある青年が父の訃報を受けて帰郷すると、そこには父の死を深く悲しむ母がいた。
時は遡り、若き日の父と母の出会いが追想される。

母の父に対する一途
>>続きを読む

女神の継承(2021年製作の映画)

3.9

タイの山村で、代々女性に女神が憑依する一族の娘が、突然狂い始める話。

果たして彼女に取り憑いたのは、女神なのか、悪霊なのか…?

作中ではその正体が指摘されるが、そもそも証明なんて不可能な世界。
>>続きを読む

TITANE/チタン(2021年製作の映画)

3.6

車とセックスして妊娠したショーガールが、弾みで何人か殺してしまって行き場を失ったところを謎のオッサンに拾われ、彼の死んだ息子の代わりとして扱われる話。

↑に書いたように、ぶっ飛び展開の連続で、意味不
>>続きを読む

ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド ゾンビの誕生(1968年製作の映画)

3.6

ゾンビの襲撃から逃れ、田舎の民家に逃げ込んだ人々の混乱を描いた作品。

ジョージ・ロメロの長編デビュー作にして、後のあらゆるゾンビ映画の祖となった作品。

本作によって「ゾンビは脳を破壊しないと死なな
>>続きを読む

めがね(2007年製作の映画)

3.7

離島に一人訪れた女性が、島に集まった人々とゆるーく交流し、馴染んでいく話。

来るもの拒まず、去るもの追わず。
付かず、離れず。
そんなさりげない空気感で、島で一緒にたそがれる人々の様子が心地良かった
>>続きを読む

婚約者の友人(2016年製作の映画)

4.1

第一次世界大戦で婚約者を喪い、悲しみに暮れるドイツ人女性の元に、敵国だったフランスから「婚約者の友人」と名乗る男が現れる話。

これは唸った……。隠れた名作。
この魅力は言葉では語り尽くせない。

>>続きを読む

東京ゴッドファーザーズ(2003年製作の映画)

3.9

クリスマスの夜に赤子を拾ったホームレス3人が、その親を探す旅に出た結果、とんでもない騒動に巻き込まれまくる話。

面白かった!
笑いあり、人情あり、衝撃展開ありで、最後まで予想のできないストーリーだっ
>>続きを読む

BAD LANDS バッド・ランズ(2023年製作の映画)

3.8

大阪で特殊詐欺を生業とする姉弟が、とある事件をきっかけに、方々から追いかけられる話。

前半は、情報量の多さとスピード感についていくのがやっとだった。
関西弁や裏社会の設定も、馴染みがない私にとっては
>>続きを読む

MONDAYS/このタイムループ、上司に気づかせないと終わらない(2022年製作の映画)

4.0

会社で働き詰めの1週間を繰り返していることに気づいた広告代理店の社員たちが、一致団結してタイムループから抜け出そうとする話。

タイムループものが苦手な私でも、とても楽しめた。
上映時間が短く、サクッ
>>続きを読む

そばかす(2022年製作の映画)

3.4

恋愛感情や性的欲求を抱いたことがない30歳実家暮らしの女性の話。

うーん…トンチキ映画だった。

主人公が30歳とは思えないような行動をするのにまず引いた。
加えて、登場人物の情緒もおかしく、突然に
>>続きを読む

パリの恋人(1957年製作の映画)

3.4

お堅い書店員のオードリーが、突然ファッション雑誌の撮影に巻き込まれ、その勢いでモデルになっていく話。

パリを舞台に、カメラマンとの恋模様も描かれている。

コメディ混じりのミュージカルロマンスといっ
>>続きを読む

逃げた女(2019年製作の映画)

3.5

5年間夫と離れたことがなかった女が、夫の出張を機に、3人の女友達を訪ねる話。

「逃げた女」というタイトルからして、韓国の女性が置かれる境遇と、彼女らの本音が明らかになる社会派ヒューマンドラマかと思い
>>続きを読む

ラーゲリより愛を込めて(2022年製作の映画)

3.3

シベリア抑留を経験した日本人、山本幡男を描いた作品。

鑑賞後に調べて驚いたが、この話は全て実話であるとのこと。

日本の降伏後、満州にいた日本兵はソ連の捕虜となった。
彼らはラーゲリと呼ばれる収容所
>>続きを読む

>|