Monsieurおむすびさんの映画レビュー・感想・評価

Monsieurおむすび

Monsieurおむすび

映画(94)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

アイムクレイジー(2019年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

祐樹はミュージシャンとしてのしがらみに嫌気がさし、音楽活動を辞める決心をしてラストライブに臨む。
彼のライブ当日の朝から始まる狂った1日。

元バンド仲間の活躍
元カノの辛辣な言葉
才能への見切り
>>続きを読む

正しいバスの見分けかた(2015年製作の映画)

4.0

「なれない二人」との同時上映にて。

高校3年生男女4人のささやかな、軽やかな、心地の良い会話。
きっと、映画のその後に特別ななにかが起こる事はない。
社会に出ても一切、役に立つ事もない時間。けれど、
>>続きを読む

なれない二人(2018年製作の映画)

3.5

「正しいバスの見分け方」との同時上映にて。
密かにお笑い芸人を目指す会社員の新堂と借金を抱え、どうしてもお金がほしい勝田の2人が挑む新人発掘お笑いライブ。。。に辿り着くまでの小話。

誰もが知り合いか
>>続きを読む

おしえて!ドクター・ルース(2019年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

90歳のセックス・セラピスト ドクター・ルースの半生を描いたドキュメンタリー。

ドイツ系ユダヤ人として生まれ、程なくしてナチスが台頭
ホロコーストにより両親を亡くし
戦後はイスラエルでスナイパーとし
>>続きを読む

JKエレジー(2018年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

田舎街に住む高校3年生のココアは早く自立し、ここから抜け出したかった。。。

7年前に母を亡くしてから働きもせず生活保護を不正受給するギャンブル狂の父と、都落ちして引きこもりの兄からはバイト代をたから
>>続きを読む

夢を見ましょう(1936年製作の映画)

4.2

圧倒的なセリフ量のほとんどがギトリ独演による口説き文句というコメディ。

倫理観もなにもあったもんじゃないのだけれど、不快になるどころかどんどん引き込まれていくから不思議だ。
トーキー映画が確立された
>>続きを読む

あなたの名前を呼べたなら(2018年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

19歳で夫と死別し、村の因習で一生「未亡人」として扱われるラトナはファションデザイナーになることを夢見ながら大企業の御曹司として大都会ムンバイで暮らすアシュヴィンの元でメイドとして仕えている。

映画
>>続きを読む

グッド・ヴァイブレーションズ(2012年製作の映画)

4.0

宗教的、政治的な相違から紛争に明け暮れる70’sの北アイルランド ベルファスト。

IRAとUVFによる銃撃や爆破、警察や軍隊の抑圧に対抗する民衆の武器はパンクという生き方。
そのパンク魂に魅せられ、
>>続きを読む

パリ横断(1956年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

1956年製作
オータン・クロード=ララのコメディ・ドラマ。

ドイツ占領下のパリで闇市へ流す豚肉を運ぶため、フランス警察やドイツ軍の目を掻い潜りパリの端から端までを移動するマルタンとグランジルの物語
>>続きを読む

北の果ての小さな村で(2017年製作の映画)

3.8

雪原の極地で原住民と自然から学ぶ生死観と寛容。言語や習慣の違いを身をもって理解していく新任教師アンダースを通して、有り余る情報に私たちが見失った何かを思い出させてくれる感覚が胸に温かさを齎す。

都会
>>続きを読む

ガール・イン・ザ・ミラー(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

カリコレ2019にて。

親には認められず、学校ではイジメられている孤独な少女マリアは、性的な衝動に身を任せることで不安定な心を慰めていた。

ある日、鏡に写る自分自身の声に促され、目を背けてきた自己
>>続きを読む

アヴリルと奇妙な世界(2015年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

カリコレ2019にて。

敢えて可愛くしなかったというヒロイン始め、ヴィジュアル的に惹かれない(笑)人物たちが蒸気機関以降の文明の発展が停滞したパラレルワールドなパリを舞台に、世界の命運をかけ奔走する
>>続きを読む

15Malaysia(2009年製作の映画)

3.5

ヤスミン・アフマド特集にて。

ピート・テオプロデュースの短編オムニバス。
ヤスミン・アフマドの「chocolate」目当てで鑑賞したが、彼女以外にも沢山の映像作家たちが其々の視点と表現方法でマレーシ
>>続きを読む

殺し屋(2018年製作の映画)

3.8

カリコレ2019

年老いて尚、一流の殺し屋であるアッシャーの仕事ぶりと不器用な色恋を描いたハードボイルドアクション。

アッシャーを演じるR.パールマンが涼しい顔して仕事をこなしていくのとは対照的に
>>続きを読む

ワイルド・レース(2019年製作の映画)

3.3

カリコレ2019

カーレースに生きる親子の奮闘と絆を描いたドラマ。

華やかなサーキットとは一味違う、ダートトラックレースという競技に携わる気骨な父と才能はあるが環境により活かせずにいる息子のすれ違
>>続きを読む

ブレス あの波の向こうへ(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ティム・ウィントン原作小説をサイモン・ベイカーが監督、脚本、主演で映画化した70年代のオーストラリアの海辺の田舎町を舞台に、サーフィンを通して成長する少年たちの青春劇。

内向的なパイクレットと無鉄砲
>>続きを読む

サマーフィーリング(2016年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

とてもじゃないが私の言葉では
私のこの心情を言い表せない。
そう思えるほど胸に響いた。

夏のベルリンで突然、恋人のサシャを失ったローレンスとサシャの妹ゾエ。

大切な人の喪失という悲しみを共有する2
>>続きを読む

陽のあたる町(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

旧ソ連時代にはマンガン採掘で栄華を極めたが、ソビエト連邦解体と共に終焉を迎え、今では冷え込む経済状況からゴーストタウンと化しているジョージアのチアトゥラに住む人々の慎ましくも夢に溢れた日常を捉えたドキ>>続きを読む

ボーダーライン:ソマリア・ウォー(2017年製作の映画)

3.5

貧しさから漁師が海賊へ転職しなければならないほど治安が不安定な紛争地帯 ソマリアへの現地取材を敢行するジャーナリスト J.バハダーの自伝の映画化。

ジャーナリスト志望でありながら、スーパーで市場調査
>>続きを読む

さようならが言えなくて(2017年製作の映画)

3.2

EUフィルムデーズ2019にて。

故郷の田舎町に父と妹を残し、都会でキャリアを積み、自由に暮らすカルラ。

疎遠だった父が病気で残り少ない命と知らされ故郷へと帰るカルラは家族との空白の時間を埋めてい
>>続きを読む

小さな同志(2018年製作の映画)

3.8

EUフィルムデーズ2019にて。

1950年ロシア統治下でスターリンの弾圧を受けるエストニア。
自由へのあらゆる思想を禁じられる人々の中に生まれる恐怖を、天真爛漫な少女レーロの視点で描いた伝記映画。
>>続きを読む

人生はトランペット(2015年製作の映画)

3.4

EUフィルムデーズ2019にて。

ザグレブで暮らすトランペット奏者のブラと恋人のヤナ。結婚を間近に控えた2人と両家の家族の悲喜交々を描いたファミリードラマ。
自由に人生を歩んでいる2人とその家族が放
>>続きを読む

スーパージャンプ・リターンズ(2018年製作の映画)

3.7

EUフィルムデーズ2019にて。

スーパーパワーを失ったかつてのヒーローは家族の絆と国の平和を取り戻す為に再び戦いに身を投じる。。。

恐らく初ルクセンブルク映画。
ヒーロー映画のお決まりを抑えなが
>>続きを読む

凪待ち(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

試写会にて。

震災からの復興が進む石巻を舞台に繰り広げられる白石監督史上最も優しい人間ドラマ。

幸せも不幸もほんの些細なことの積み重ねなのに、それに気づくのはいつだって不幸が訪れた後かもしれない。
>>続きを読む

月極オトコトモダチ(2018年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

男女の友情は成立するのか?をテーマにしたドラマ。

きっと昔から議論を重ねられてきたテーマでありながら未だに明確な答えなどなく、その時代、その国、その人によって境界線は書き換えられてきたのだろう。
>>続きを読む

パピヨン(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

1974年S.マックィーン、D.ホフマン共演の脱獄映画のリメイク。

無実の罪で終身刑を宣告された凄腕の強盗パピヨンが執拗に脱獄を繰り返し、自由を勝ち取るまでの13年。

オリジナルを忠実に再現しなが
>>続きを読む

7月の物語(2017年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

第1部「日曜日の友だち」
第2部「ハンネと革命記念日」の2部構成。

第1部。
昼の陽光、水面の揺れ、風と戯れる草木、夏の呼吸と他愛のない(しょうもない)人の営みが呼応し、ふと胸に響く。
対比の構図が
>>続きを読む

ロミー・シュナイダー ~その光と影~(2018年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

EUフィルムデーズ2019にて。

43歳で急逝した女優 ロミー・シュナイダーの晩年の数日を捉えた伝記映画。

祖国ドイツでの悪評、破産、元夫の自殺と、数々の苦難の果てに心身ともにボロボロになったロミ
>>続きを読む

メモリーズ・オブ・サマー(2016年製作の映画)

3.8

子供から大人へと変貌を遂げ始める少年ピョトレックの視点で描かれる変容する世界。
退屈な町、女であり続ける母親への不信と確執、初めての恋心と傷心。。。
陽射しの強い爽やかな夏の日とは裏腹に、様々な感情が
>>続きを読む

オンネリとアンネリとひみつのさくせん(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

フィンランドの人気児童書の映画化第3弾。
シリーズを追っていれば、もはやお馴染みの家や家具のかわいさに否応なしに惹きつけられ、ファンタジーも盛り込んだ優しい世界とちょっと不思議な人物たちのほのぼのとし
>>続きを読む

アルマジロの予言(2018年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

イタリア映画祭2019にて。


イタリアの人気コミックの映画化。
ローマ郊外を舞台にした非正規雇用の若者の、社会の中で浮上できない生活を描く成長譚。

27歳のゼロはイラストレーターとして仕事を請け
>>続きを読む

彼女は笑う(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

イタリア映画祭2019にて。


突然の就労時の事故で労働者のマウロが亡くなる。彼の妻とその息子、そしてマウロの父親の視点から葬儀前日の1日が描かれるドラマ。

大事な人の突然の喪失という重い重いテー
>>続きを読む

ドッグマン(2018年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

イタリア映画祭2019にて。

寂れた海辺の町で犬のトリミングサロンを経営するマルチェロは、娘と犬をこよなく愛する温和な男。
町の人との関係も良く、慎ましくも幸せな生活を送っていた。
唯一の悩みは暴力
>>続きを読む

幸せな感じ(2018年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

イタリア映画祭2019にて。


悪性腫瘍に蝕まれ、治療する術もなく余命幾ばくかの兄エットレと、成功を収め優雅な生活と自由な人生を謳歌する弟マッテオの性格も境遇も正反対の兄弟の物語。

いがみ合うわけ
>>続きを読む

カプリ島のレボリューション(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

イタリア映画祭2019にて。


1914年の第一次世界大戦前のイタリア、カプリ島。自分たちの因習と異なるものを許容しないその土地でルチアは鬱々とした日々を過ごしていた。

ある日、原始的な生活に立ち
>>続きを読む

月を買った男(2018年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

イタリア映画祭2019にて。

パオロ・ズッカ監督の故郷サルデーニャ島を舞台にしたシュールなSFコメディ。

サルデーニャの独特な文化をこれでもか!とイジりながら、その実、愛に溢れる描写の数々。
まる
>>続きを読む

>|