クリムゾンキングさんの映画レビュー・感想・評価

クリムゾンキング

クリムゾンキング

  • List view
  • Grid view

Star Vehicle(原題)(2010年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

この監督の作品は3作品目だけど、その中では内容というか演出は非常にストレートな気がする。

どっかの山奥でインディー・ホラーをとっている映画クルー、演者たちを乗せるドライバーの主人公は気に入らない連中
>>続きを読む

三眼ノ村 輪廻の章(2008年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

前作の前日譚、にしては「そんな展開だったの!?」という事実がてんこ盛りなので、「一体空白の2年間に何があったのか?」というのが後付け臭くなってしまっているのが残念。
婆ちゃん餓死してないし。

だけど
>>続きを読む

三眼ノ村 黒魔術の章(2005年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

序盤〜中盤くらいは過去の回想がやたら挟まれるのでちょっとかったるいかなーとか思ってると婆ちゃんが猫をむしゃむしゃ喰い始めたあたりから急にアクセル全開で進んでいくタイ産のオカルト・スプラッター・ホラー。>>続きを読む

人肉村(2020年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

食人村とついてるがまずそんな村出てこないっていうか舞台は村じゃない。

3章に分かれてある食人というより殺人一家の軌跡を描いているけどまず3章に分ける意味はあったのだろうか?笑笑

そして食人シーンは
>>続きを読む

ホラーマニアvs5人のシリアルキラー(2020年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

邦題にあるように「ホラーマニア」という設定(ホラー雑誌の副編集長補佐)にもかかわらずホラー映画の知識で切り抜ける、という展開ではないのでタイトルどおりを期待すると肩透かし。

だけど随所にある「80年
>>続きを読む

あなたの目になりたい(1943年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

自分が観たギトリの作品の中では随分ストレートな恋愛物語。

とはいえなにやらペダンチックな会話の応酬はさすがおフランス産と言ったところか。

次第に眼が見えなくなりつつあり、それを相手に無理強いするこ
>>続きを読む

死霊のシスター(2018年製作の映画)

2.5

部屋を出たつもりがまた戻ってきた!
だったり
いつのまにか元カレがしれっと家の中にいた!
とか、よくあるシチュエーションながらそれなりにいいなーって思えるシーンもあったのだけど、
シスターが風情もなく
>>続きを読む

Trick(原題)(2019年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

現邦題「ヘルウィン」
某白マスク野郎映画のタイトルと被ってしまうのでこの邦題なのだろう。
時期も内容も大体似てるし。

ただ、こちらのかぼちゃマスク野郎はフットワークがかなり軽め、そしてフィジカル面も
>>続きを読む

Famine(原題)(2011年製作の映画)

3.0

ストーリーとかは結構ヘロヘロっていうかなんであんなところに劇薬がぽんって置いてあるんだよwww
とか気にしたら負け。
ストーリーとかキャラの魅力とかそっちのけでゴア描写にステータス全振りしている作品な
>>続きを読む

ハンガー(原題)(2009年製作の映画)

3.0

もう少しテンポがいいのかな?とか思っていたら中盤くらいで中だるみ。
だけど描写はかなりエゲツない。

一体誰得だよwと言いたくなるような映像の数々はこの手の作品に慣れていないと拒否反応起こしそう。
>>続きを読む

デビル・ストーリー/鮮血!人肉のしたたり(1986年製作の映画)

1.5

あのおっさん一体なんなんだよ?!
とか
なんで突然船(しかも模型)でてくんだよw
とか
なんでミイラまででてくんだよ!?w
とか
一晩中馬撃ってたんか!?何百発外してんだよ!?www
とか
おっさんの
>>続きを読む

コメディ・フランセーズ/演じられた愛(1996年製作の映画)

3.5

歴史と伝統の「コメディ・フランセーズ」に密着したドキュメンタリー。

とにかくひたすら被写体を映すことに徹しており(場面のの取捨選択はあるだろうが)撮り手の思想だとか色眼鏡だとかが一切省かれたような作
>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.0

11(オリジナル、、、っていうのか?)が好きなのでダニーの扱いはちょっとなーって思うんだけど女性陣がスタイリッシュに計画を実行していく様は在りし日のスパイ大作戦(M:Iの方じゃなく)が大好きな自分とし>>続きを読む

ソーシャル・ネットワーク(2010年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

(チェックしたはずが抜けてた)テンポのいい展開な反面、現在と過去が行き来する構成&会話量の多さで気を抜いてると「そういえばこいつ誰だっけ?」と登場人物をすっ飛ばしかねない(笑)
ラストの「唯一彼が手に
>>続きを読む

ニューヨーク、ジャクソンハイツへようこそ(2015年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ニューヨーク、ジャクソンハイツ。

人種問題、LGBT、商店街の立ち退き問題、雇用問題、文字通り多種多様。

映し出される街並みはとにかく綺麗。しかしその向こうには、一口では言い表せない様々な問題がひ
>>続きを読む

担え銃/チャップリンの兵隊さん(1918年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

無声映画、だけどしっかり面白い。

木に化けて敵をやっつけるシーンは本当に最高。
てか気づけよ笑笑

Megan Is Missing(原題)(2011年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ゴア描写を期待してみると実際ほとんどないので肩透かし、

、、、と言いたいところだが、内容が内容なだけにひたすら辛いし重い。

幽霊や悪魔なんかよりも人間の方がよっぽど怖いということを思い知らされる。
>>続きを読む

カット/オフ(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ちょっと長いかなーとか思いつつ、さすが医学大国(そしてゴア大国)ドイツだけあって解剖シーンは気合い入りまくり。

ミスリードもありつつ、時間軸のトリックもありつつ、最後まで飽きずに観ることができた。
>>続きを読む

旅立ち(2019年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

必要最低限の情報のみ。
あとは観客の察するとこと。

だけど、ワイングラスに液体をたらし、一輪の花を添える時点で大体の方は察せるだろう。

ラストにかけての丘(フィレンツェ?)からの情景、そしてBGM
>>続きを読む

Mad Mutilator(原題)(1983年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

編集もほぼ素人、演技?なにそれ?
サントラ?使い回しですが何か?
ストーリー?そんなもんねーよ!
と、映画としてはダメダメなんだけど、何故か嫌いになれない笑笑

拙いながらもしっかりゴア描写もあるし、
>>続きを読む

午前の幽霊(1928年製作の映画)

4.0

これって幽霊の仕業なのね笑笑

ストーリーは断片的でよく分からず、だけど当時最先端の映像技術を駆使して撮影されたであろうポルターガイスト現象の数々やテンポの良さなどなかなか心地良い。

日蝕と満月/日食(1907年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

日食、
ということで、太陽と月の場面が非常にシュール。

それから流星の場面と来て、最後まさかの水没で意表を突かれた。

対角線交響楽/Symphonie diagonale(1924年製作の映画)

-

直線や曲線が現れては消え、また交互に現れて、、、
と言った感じでストーリーというものはなくひたすらにそうした現象が続く作品。

抽象的というか前衛芸術なので面白い面白くないではなく肌に合うか合わないか
>>続きを読む

続名探偵ホームズ2 ドーバーの白い崖(1986年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ホームズが脇役!?っていうくらいハドソン夫人が無双する!笑笑

可愛い顔してやること大胆、塀の上の疾走、斧を振りかぶっての救出劇、そして後半のドライブ・テクニックと射撃の腕。

でもって人あたりもいい
>>続きを読む

縛られた(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

「縛られた」ってどういうこと?適当すぎない?とか思ってたら、

なるほど!

となる。

12分間、なかなかいい時間だった。

これらの数時間(2018年製作の映画)

2.5

タイムリープ、になるのか分からないけど、いつまでも別れを引きずりそうで逆に辛いんじゃ?とか思ったり。

Vinashi(原題)(2018年製作の映画)

-

環境破壊に対する警鐘CMって言った方がしっくりくる。

確認(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

舞台はホテルの一室のみ、時間およそ8分弱。

タイトルと冷蔵庫のシーンで大体オチは想像つくが、不用意な行動による結果や情報の重要性など、現実世界でもあり得そうなだけに怖い。

暗闇の中で(2017年製作の映画)

3.0

事故から死神様?が迎えにくるまでを描いたストップモーションアニメ。

実際のところ、結構「何が何だかサッパリ分からない」んだけど、不気味。

Les roses magiques(原題)(1906年製作の映画)

-

ストーリーなんてなくて、ひたすら「映像の魔術」を楽しむ作品。

大きな春子ちゃん Am I too big?(2014年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

大きいってそういう意味かい!w

作品としてはちょっと厳し目、だけど谷間のあれはある意味男の夢?ってことでw

良いビジネス(2017年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

5分!?という感じだけど、作り込みも結構しっかりしているしオチもなかなか。

The Frog(英題)(1908年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

前衛芸術というか、観てるうちにだんだん不気味になってくる。

ちょっとなんとも言えない笑笑

ガール・オン・ザ・サード・フロア(2019年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

買った家が実は事故物件でした〜!
というのはよくある展開。
今回は壁から産まれる?謎のビー玉や壁や配管から湧き出る黒や白のよくわからない液体など、不気味というか「キモっ!!」と思う演出多し。

しかし
>>続きを読む

BLISS ブリス(2019年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

謎のドラック、ブリスに手を出したことにより次第に変調をきたす主人公の末路は?

ということで、前半はかったるいなーとか思いながら、次第にトリップ?の度合いが激しくなるにつれて「血がどろどろ」具合もグー
>>続きを読む

枯葉 〜夜の門〜(1946年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

工作員仲間の死を伝えに来た主人公が、行く先々で「運命」と名乗る男に翻弄され、次第に自分の運命が狂いだし、というストーリーや、登場人物が皆どこかで繋がってうるくだりなど、なかなか面白かった。

一見、物
>>続きを読む

>|