びさんの映画レビュー・感想・評価 - 5ページ目

超能力者 未知への旅人(1994年製作の映画)

3.5

【この手から出ている気を画面を通じて感じ取れる人がいると思います】はい。ばっちり受けとりました。出演者無駄に良すぎる。晩年のフランキー堺が神妙な面持ちでタカツカヒカルのこと話してるのジワった。ラストは>>続きを読む

マリアの胃袋(1990年製作の映画)

3.1

変な映画だった。生前拒食気味だった女が死んでからリミッター外れて…みたいなのは皮肉めいてる。あの人体破裂はゴーストハンターズっぽい。モラトリアムの延長みたいなリゾート生活。時代とはいえこんな人生を送っ>>続きを読む

フレンチ・コネクション(1971年製作の映画)

3.6

基本的に尾行と張り込みの繰り返しで地味な映画なのだけどポパイがスナイパーに狙われてからの攻防戦は抜群に面白い。団地の屋上から狙われたポパイが死角となる壁際に沿って進むところで、部屋の中からガキンチョ2>>続きを読む

ワイルド・スピード/ファイヤーブースト(2023年製作の映画)

4.0

めちゃくちゃ面白かった。カロリー高すぎカーアクション最高。冒頭にちょちょっと内輪のパーティを済ませたと思ったら、気づけば巨大爆弾がローマを転がり落ちてるの、本当に客層を""分かってて""好き。シリーズ>>続きを読む

みんな〜やってるか!(1994年製作の映画)

2.7

ぶつ切りの名作オマージュ・コント集みたいな。カーセックスから始まりクローネンバーグやらヴァーボーヴェンよろしくザ・ピーナッツ。面白いのかはさておきソナチネの翌年にこんなハリのある映画をさりげなく撮って>>続きを読む

愛しのローズマリー(2001年製作の映画)

3.2

楽しみにしてたがかなり微妙だった。ジャックブラックは内面の良さ=外見の良さに反映される催眠術をかけられているはずなのに、彼女がグウィネスパルトロー級の美人に見えるほど性格良さげな描かれ方はされてないし>>続きを読む

幽幻道士(キョンシーズ)(1985年製作の映画)

2.8

なぜかキョンシーの細かい設定を知っていたのだけど、そういえば昔オカルトや迷信が好きでよく調べてたんだっけな。全体的にポップな作風なのに、意外と話が重めなのがびっくり。弟子のガキ共がマジで鬱陶しくてもう>>続きを読む

ジェラシー・ゲーム(1982年製作の映画)

4.4

結構前に見たが東陽一ベスト級に良かった。2組の倦怠期カップルが恋人を入れ替えるという話。だだっ広い田舎道を男と女がバイク2ケツするってだけでアンテナビンビン。女優陣がとっても良かった。中年の女が若い男>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

3.9

昔は無印より断然リミックス派だったのに、久々に見直したらそれほど乗れなくて本当に悲しくなった。数年前にもキックアスを見直して同じ現象に遭遇したので自分の好みの映画の傾向が変わったのか。。。公開年、6年>>続きを読む

スリザー(2006年製作の映画)

4.4

再見。いつ見てもちょー面白い。触手系AVが性癖の映画好きは絶対見るべし。

未亡人変態地獄(1991年製作の映画)

3.5

マゾの女が亭主に代わるサディストを求めて新宿に繰り出すという話。『桐島〜』を思い出す元亭主の不在に、おおよそ見当はついたが、にしてもあの関係性でよくその状況になったなと。アダルトショップの店長は今泉浩>>続きを読む

ゴールデン・エイティーズ(1986年製作の映画)

4.3

「あの時こうしてれば〜」系譜の究極系。外見はポップで明るいミュージカル映画なのに、意外としっかりズブズブ三角関係モノやっててめちゃくちゃ驚いた。セイリグが後悔を抱きながらも、それを隠してこれから先の人>>続きを読む

黄色いリボン(1949年製作の映画)

3.5

インディアンを撃退する術が斜め上で面白かった。ジョンウェインが好きな人向けかな〜〜。でもみんなもこういうおっさんになりたいよね。