kurさんの映画レビュー・感想・評価

kur

kur

映画(431)
ドラマ(33)

ハウス・ジャック・ビルト(2018年製作の映画)

4.4

意外と、というかトリアーの映画見るたびいつも思うけどちゃんと作ってあるのにまず驚く。
この作品は行為自体にフォーカスしていて殺人鬼の思想や行動理念などより、「殺す」ことと「創る」ことの関連、創造は破壊
>>続きを読む

岸辺の旅(2015年製作の映画)

4.3

最初の二人の邂逅のシーンが一番素晴らしかった記憶がある

ジェーン・グドールの軌跡(2017年製作の映画)

4.5

とても優れたドキュメンタリーでした
映像と編集がいいのでずっと見てられます

ラルジャン(1983年製作の映画)

4.7

単純に映画の技法として素晴らしいと思う。
ブレッソンはすべての映画で「演じる」、ということが明確化されているのでその細かい仕組みが全体に大きな影響を与えている。
ブレッソンはほとんどすべての作品を通し
>>続きを読む

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

3.3

サメ映画といえばどうしてもアサイラムが結びつくので奴らの映画を基準にして見てしまうと、クオリティが少しマシなだけで極上のサメ映画だと錯覚を起こしてしまう。
ジョーズを子供のときに見たときは眠れないくら
>>続きを読む

セービング・バンクシー(2017年製作の映画)

4.0

例の騒動で日本でも名前が知られるようになってきたバンクシーだが、東京都知事一派に本物か偽物かすらわからない代物をバンクシーだと決めつけられ巧妙に論点をずらされて政治利用されまくる現況ではまさしく無力さ>>続きを読む

アイアン・ジャイアント(1999年製作の映画)

4.4

ジャイアント自体はCGで2Dの質感に寄せてるらしい
それ含めた2Dの質感も素晴らしいが何より編集、カットのセンスの良さが眼福だった
絵の動かし方も本当にイイ

裸の島(1960年製作の映画)

4.4

「人間」というか「人間という動物」を見てる感じ。生活の基本的構造は今も昔も更に昔も変わらないんだろう。日が昇るより前に起きて水をくみ朝食を食べ畑を耕す。子供は学校に向かい、孤島のため水を汲み取りに本島>>続きを読む

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

4.5

昔読んだ原作が自分の中で神格化されていたのでその時感じた感情をもう一度感じることはなかった
とはいえ本当によくできてるので見れてよかった もっと長く見ていたかった

女王陛下のお気に入り(2018年製作の映画)

4.6

とても面白かった。細緻で丁寧でかつランティモスであるというのはすごいなと思った
衣装や建築、インテリアとその時代特性を生かしたライティングの撮影は想像力を刺激される
お話のスケールなどはどうでもいいよ
>>続きを読む

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN(2014年製作の映画)

1.0

このレビューはネタバレを含みます

控えめに言って+6クソポイント獲得。
ギャグ映画として優秀だがこれがお金を掛けた邦画界渾身の作として世に出たと思うと笑う気にもなれない(笑ったが)
ハンジ役石原さとみの「こんなの初めてーーっ!」が一番
>>続きを読む

炎628(1985年製作の映画)

4.8

原題がcome and see
逆再生からの流れは天才的なシーンだと思う。
ドイツ軍による楽しげな一方的な虐殺とパルチザンのささやかな反抗しか描かれていないのだがまさしく「人間」という事実が渾身の力を
>>続きを読む

ブラック・ミラー: バンダースナッチ(2018年製作の映画)

4.4

映画館でやれば投票になるのだろうか。Netflixは誰がどういう選択をしたかデータ集めてるでしょう。社員はそれを見て笑ってそう。

これはストーリーテリングが複数あるというその構造が一番大切なのでスト
>>続きを読む

ROMA/ローマ(2018年製作の映画)

4.4

ゼログラビティの人がこんな作品を堂々と作れるというのがNetflixのもっとやるべき可能性だと思います

バスターのバラード(2018年製作の映画)

4.4

ユーモアあっていいです
第一話を1時間くらいの中編にしてほしい

レッド・オクトーバーを追え!(1990年製作の映画)

4.4

潜水艦ものはユーボートくらいしか見てないのでもっと発掘していきたい

エヴォリューション(2015年製作の映画)

4.3

水の中の映像がいいと思う
最終的には辻褄が合わせられるけど孤立したところに似つかわしくない技術があるという状況の奇妙さが面白いのでそれを説明する必要はなかったかもしれない

動くな、死ね、甦れ!(1989年製作の映画)

4.6

こちらを揺さぶってくる映画
ゲルマンより冷徹な暴力には見ているこちら側の体が釘付けになる
ガリーヤを守護天使のようだといいたくない
彼女はワレルカのためだけに生きたのではない

モンティ・パイソン/ライフ・オブ・ブライアン(1979年製作の映画)

4.3

なぜかモンティパイソンはあるNetflix
2年ぶりくらいに見た
禁止映画にさえされたことがあるので意義的な価値が高いのだと思います

>|